「Firefox 1.5」正式版リリース

本日「Firefox 1.5」の正式版がMozilla Foundationより公開されました。対応OSはWindows XP/2000/Me/98/NT 4.0、Windows Server 2003、Mac OS X 10.2以降、Linuxなどで、日本語版も同時公開されています。

2004年11月に公開された「Firefox 1.0」から約1年ぶりの大規模バージョンアップで、アップデートの自動化、ブラウザナビゲーションの高速化、ドラッグ&ドロップでのタブの順序入れ換え、ポップアップ遮断機能の改善などが図られています。

IEでは成し得ないセキュアなブラウジングはもちろん、便利なタブ機能や描画速度の速さなどから1.0リリース直後から爆発的にユーザーを拡大したFirefox。まだインストールしてない人は是非お試しあれ。

自動車保険更新

今年もアクサダイレクトで自動車保険を更新。

等級が9になって割引率もよくなったのでその分保障内容を少し充実。下記の内容で保険料は57,420円でした。

割増引(ノンフリート)等級:9
運転者年齢条件:26歳未満不担保
運転者家族限定特約:あり
車両保険の種類:車対車+A車両保険
車両保険金額:150万円
初回免責金額:5万円
2回目以降免責金額:10万円
車両保険の免責金額に関する特約:なし
車両価額協定保険特約:あり
対人賠償保険(1名につき):無制限
対物賠償保険(1事故につき):無制限
自損事故保険(1名につき):人身傷害で補償されます
無保険車傷害保険(1名につき):2億円
搭乗者傷害保険/医療保険金:2,000万円/部位・症状別払
人身傷害賠償担保特約:5,000万円
弁護士費用特約:なし
ファミリーバイク特約:なし
身の回り品保険:10万円
ファミリープラス:なし
レディースプラス:なし
ペットプラス:なし

I-O DATAのポータブルHDD「HDP-U」シリーズにウイルス混入

I-O DATA USB2.0/1.1対応 耐衝撃シリコンジャケット採用 ポータブルハードディスク 80GB [HDP-U80]先日購入して、ここでも製品紹介を行ったI-O DATAのポータブルHDD「HDP-U」にトロイの木馬型ウイルスが混入している恐れがある、との情報が入ってきました。

対象となるのはすでに発売されている40GB~80GBのラインナップすべて。(100GB、120GB版は未発売)それの中でウイルス混入の恐れのあるシリアル番号がI-O DATAのホームページ上で公開されています。うちの『HDP-U80』のシリアルも対象に入っていましたが、実際にウイルス混入は無し。I-O DATAの方でも対象を完全に絞り込めていないのではないでしょうか。

仮にウイルスが混入した製品を買ってしまったという人でも、ウイルス対策ソフトをインストールしていれば接続した段階で検出されるはずなので、多くのケースでは実害に至っていないんでしょうが、「セキュリティ対策って何?」的な初心者ユーザーは至急確認した方が良いでしょう。

なお、該当する製品は、ユーザー各自でウイルス除去を行い対処する手段と別に、希望する場合は製品の交換にも応じてくれるとのこと。申し込みはホームページから。

Virtual Server 2005上でDebianの時間がはげしく遅れる

Microsoft Virtual Server 2005 Standard Edition 日本語版現在、私が会社で管理しているラックマウントサーバ群の中に、Windows Server 2003 Enterpriseをインストールしているもののスペック的にだいぶ余裕のあるマシンがあったので、『Microsoft Virtual Server 2005』(以下、VS2005)をテスト導入して実用に耐えうるだけの性能を有しているかどうかの検証を行うことになりました。

VS2005は『Windows Server 2003』(ホストOS)上で別のOS(ゲストOS)を動かすためのいわばエミュレータソフト。ゲストOSをインストールするための仮想PCの構成(メモリ量、ハードディスク容量、ネットワークなど)を指定するだけで初期設定は完了するので、あとはその仮想PCに対してゲストOSのインストール作業を行うだけ。特別な操作は不要でゲストOSのインストールCDをセットしてVS2005をインストールしたホスト側のコンソール上から仮想マシンを起動してあげるだけ。ホスト側のコンソールを通したリモートの画面で操作するという点以外に、通常の単体動作しているマシンと何ら変わりはありません。(リモート画面なので画面の動きのもたつきは心配でしたが、思っていたよりは軽快に動作してくれています。)

そんなこんなで、検証環境の構築はあっさりと終わってしまいましたが、それだけではおもしろくないので個人的な興味もあってLinux(Debian sarge)もゲストOSとして入れてみることにしました。

仕事用ノートをThinkPad T43に変えてみました

仕事用としてこの半年間ほど使用してきた『ThinkPad T42』を後輩に譲り渡し、新たに会社から『ThinkPad T43』(187139J)を購入してもらいました。

これまでのT42とは外見はもちろんモニターサイズもキーボードレイアウトもこれまでと同じで、目立った違いはありませんが、スペック的にはPentiumM 735(1.7GHz)、i855PMチップセット、ATI MOBILITY RADEON 7500、DDR DIMM 1GBだったT42に比べ、T43はPentiumM 740(1.73GHz)、i915GMチップセット、Intel GMA900、DDR2 DIMM 1GB(512MBから増設)とパワーアップ。起動時間や処理能力に体感できるほどの違いは今のところありませんが、グラフィックチップが性能アップした分、描画系に関してはなかなか満足しています。

車検の申し込み葉書が届いた

トヨタカローラ店から愛車の車検申し込み葉書が届きました。もうすぐ3年…早いなぁ。

現時点でオドメーターの数値は33,000kmくらいなので、あいかわらず1,000km/月くらいのペースで乗っていることになります。普段の通勤に使っているわけではありませんが、あちこち遠出したりするのでレジャー用としてはちょっと多目の数字かもしれませんね。