「Gmail」日本語版が一般公開

Googleが提供する無料のWebメールサービス「Gmail」の一般公開が始まりました。

これまでのGmailは招待制を採用しており、既にGmailを利用しているユーザーからの招待がなければ利用することができませんでした。しかし、ここにきて日本などの一部の国のユーザーからは自由に参加できるようになり、ようやく一般に門戸が開放された形となりました。

わたしの場合、結構早い時期からGmailを利用していますが、目障りな広告が少なく、シンプルでレスポンス良好なインターフェースがとってもお気に入り。刻一刻と増加を続けまもなく3GBに届こうかというメールボックス容量、POPによる一般メーラーによる受信が可能なことに加え、それらメーラーから送信したメールも履歴が残せる、という多くの魅力に惹かれてそれまで使っていたniftyのメールアカウントを解約。個人用のメインのメールアカウントをGmailにしてしまったほどです。

まだ試したことのない方には是非オススメです。

メモリーカードの転送速度表記

コンパクトフラッシュ(CF)やSDカードの転送速度の高速性を表わすのに用いられている「80倍速」や「10MB/秒」という表現ですが、メーカーによってどちらの表現を使っているかマチマチなため、店頭でメモリーカードを選ぶ際「80倍速のものと10MB/秒のもの、どっちが速いねん?」と悩むこともしばしば。それ以前に”倍速”という表現が何の数字をもとに算出されたものなのかも随分前から気になっていたので調べてみると、そのものズバリな回答をここで見つけました。

『Nikon D80』発表

Nikon デジタル一眼レフカメラ D80 AF-S DX 18-70G レンズキットニコンはデジタル一眼レフカメラ『Nikon D80』を発表。9月1日より発売が開始されます。

有効1,020万画素CCDを搭載したD80は、事実上D70Sの後継にあたる存在。上位機種D200と同様の「マルチCAM1000オートフォーカスモジュール」や、「3D-RGBマルチパターン測光II」の採用など積極的に新機能を取り込んでいるのが特徴。また、D70などでウィークポイントだったファインダー倍率も約0.75倍から約0.94倍に拡大。さらにパワーバッテリーパックもオプションに用意されるそうです。

惜しむべくは、記録メディアにコンパクトフラッシュではなく、SDHC/SDメモリーカードが採用された点。SDカードの容量・速度が向上しているとはいえ、耐久・耐候性を考ると断然CFカードの方が優位であるため屋外での使用を主とする場合には注意が必要かもしれません。