「google-code-prettify」を導入してみた

先日MYCOMジャーナルに掲載されていた「ハイライトもGoogle流 – “google-code-prettify”でソースコードに色付けを」という記事で存在を知ったばかりのシンタックスハイライトモジュール「google-code-prettify」。

“シンタックスハイライトモジュール”というと難しそうですが、要はHTMLで利用する<pre>タグの中に記述したコードを自動で色分けしてくれるもの。秀丸に代表される高機能エディタやVisual Studioなどの統合開発環境で各種ソースを表示したときに、コメント部と実行コード部は見分けやすいようフォント色を変えて表示してくれてますが、それをJavaScriptとCSSを使ってやっちゃうよ、というなんとも素晴らしいものなのです。

そんな便利なものをGoogleが無償公開していて導入も簡単なのだから使わない手はありません!ってことでさっそくこのサイトにも導入してみました。

Debian「etch」は4月リリース?

当初昨年12月のリリースを予定してたDebianの時期stable「Etch」ですが、こちらの記事によれば4月2日までにRCバグを0件にしてリリースを迎えるようリスケされている模様。

記事中の注釈にも記載してあるとおりあくまで予定ですが、現在の進捗具合から行くと4月中の正式公開は固そうな雰囲気です。

メンテナの皆さん頑張ってください!

追記 (2007/04/09)

Debian GNU/Linux 4.0(コードネーム:etch)が昨日正式リリースされました。

昨年末の予定から4ヶ月遅れでのリリースに「待ってました~」って感じです。時間が取れ次第、空いてるマシンにインストールして遊んでみようと思います。

デジカメユーザー必携!丈夫なメモリーカードケース

ピクセルパック V1ハクバが輸入販売元となっているLowepro(ロープロ)のメモリーカードケース『ピクセルパックV1』を購入。

カメラ用アクセサリーを扱うハクバが取り扱っていることからも分かるように、デジタルカメラ関連のアクセサリーとしての位置づけであるためか、過酷な環境下にも耐えうるアルミニウムとABS樹脂による丈夫な作りが特徴。さらにその素材感を生かしたスタイリッシュなデザインも魅力です。パソコン用アクセサリーとして売られている某エ○コムのメモリーカードケースなどとは土俵が違う、って感じです。

今回わたしが購入したのはメモリーカード(SD/MMC/XD/miniSD)が8枚、もしくはメモリーカード4枚+PCMCIAカード1枚が収納可能な『V1』ですが、CFを4枚、もしくはCF 2枚+PCMCIAカード1枚が収納できる『ピクセルパックV2』も商品展開されています。

これで旅行の際に荷物の中でメモリーカードが潰れて破損…なんて心配はしなくてすみそうです。

ナショナルの空気清浄機を購入

パナソニック 空気清浄機 クリスタルホワイト  F-PXB55-W今年は嫁の花粉症の症状が酷く、巷ではインフルエンザも流行しているようなので空気清浄機を購入してみました。

3年ほど前まで使っていた富士通ゼネラル製の空気清浄機はフィルターが製造中止で使用できなくなり、本体は故障していないのに廃棄するハメになった苦い経験があるので、今回は購入するにあたっては交換フィルタを長期に渡って安定供給してくれそうな信頼できるメーカーの製品であることが第一条件。さらにはフィルタのお手入れが楽であればなお良し…ということで行き着いたのがナショナルの『F-PXB55』。

流線型のシンプルなデザインで見た目もグッド。サイズは少々縦に大きめですが、その分効率よく仕事してくれそうな感じです。