熊本・菊池方面へ行ってみました

ゴールデンウィークが始まりました。

世間はテーマパークだ、海外旅行だ、と賑やかなようですが、人混みが苦手なわたしたちはゴールデンウィーク明けに有給休暇を使ってゆっくり温泉にでも、と計画しています。

といってもゴールデンウィーク中は仕事も休みなので、近場で行ったことのない所に行ってみようと思い立ち、夫婦で熊本の菊池渓谷へ。避暑目的の夏や紅葉の秋が最も賑わう渓谷ですので、この時期は人もまばらでゆっくり散策できました。

素晴らしい自然をバックにすると、ただのペットボトルのお茶もCM風に仕上がるから不思議(笑)。

熊本・菊池方面へ行ってみました

Virtual PC 2007上のUbuntu 7.04でマウスが反応せず

昨日Virtual PC 2007上のUbuntuのアップグレードに失敗してしまったので、仕切りなおしてUbuntu 7.04「Feisty Fawn」のクリーンインストールを行いました。

Ubuntu 6.10の時と同様にこちらを参考にしながら起動。DefaultDepthを変更しなければ表示がおかしくなるのは7.04になっても変わっていないようです。そうした表示上の問題に気をつて、すんなりとUbuntuのデスクトップ画面の表示までは行けたのですが、ここで問題発生。Ubuntuのマウスが効かないのです。正確に言うと、マウスの制御がホストOSであるWindowsからゲストOSであるUbuntuに渡りきれてないような感じ。6.10の時にそんな問題に直面したことはなかったので7.10ならではの問題なのかしらん。Ubuntuのデスクトップ上にマウスカーソルは表示されているのでマウスは認識されているようなのですが…。

Ubuntuのアップグレード失敗

最近仕事が忙しくてバタバタしているのですが少し時間がとれたので、先日リリースされたUbuntu 7.04「Feisty Fawn」の日本語ローカライズ版を試してみるべく、Virtual PC環境に構築済みのUbuntu 6.10環境からアップデートマネージャを利用してアップグレードを行いました。

アップグレード作業はいたって簡単。途中表示されるダイアログのメッセージに妙な日本語訳がいくつか見うけられましたが、これといって難解な選択を迫られることはありません。さくさくとプロセスは進行し、「アップグレードの取得とインストール」が始まったところまで見守っていましたが、そのプロセスは1時間少々時間がかかるようなので、その間Virtual PCをホストしているWindows XP上で別の作業をしていたのですがそこに悲劇。ロータス・ノーツでファイルを開こうとしたらノーツが固まり、画面がブラックアウト…そしてOSが再起動してしまいました!

慌ててVirtual PCを再度起動しUbuntuを起動しようとしましたが、起動画面でプログレスバーが微動だにしません。がーん。クリーンインストールでUbuntu 7.04を入れることにします。(泣)

鹿児島スイッチ。

JR九州が小西真奈美ちゃんを起用して展開している「鹿児島スイッチ」のキャンペーンにうまいことのせられて週末、鹿児島まで遊びに行ってきました。

鹿児島といえばやっぱり黒豚!ということでとんかつや豚しゃぶなどの豚肉メニューを満喫。ほかにもきびなごの刺身やカキ氷の白熊などなどおいしいものをたらふく食べてしっかりリフレッシュしてきました。

鹿児島スイッチ。

キーボードで1年を振り返る

現在仕事で使っているThinkPadのプラスチック部にはツヤを落とし光の反射を防ぐためのシボが施されているのですが、キーボード上でよく利用しているキーは指との摩擦によってシボが削られてだいぶツルツルになってきました。おかげでこれらのキーが光を反射して眩いです。

中でもツルツルが際立っているは”A”,”I”,”U”,”E”,”O”の母音と”N”,”C”,”V”、それに左側の”Ctrl”と”Backspace”あたり。…”C”,”V”,”Ctrl”なんてそんなに使うものだっけ?と思いましたが理由はすぐに判明。コピー(“Ctrl”+”c”)とペースト(“Ctrl”+”v”)ですね…笑。

遅々として進まない開発チームの動きにシビれをきらして最近自分でコーディングすることが多いからかなぁ。