『FOMA NM705i』が到着

先日注文しておいたノキア製端末『FOMA NM705i』が届きました。

さっそくNM705iを箱から取り出してみると…小さっ!!手のひらに余裕で隠れてしまうサイズながら、北欧メーカーのノキアらしいデザインのテイストがしっかり盛り込まれており嫌いじゃないかも。

動作確認がてら一通り触ってみましたが動きは軽快。しかし、本体サイズに合わせてボタンも小さいのでわたしにとっては少々扱い辛く感じるところもありました。

まぁ、当面はSH902iSを使い続けるつもりなので問題ありませんが。

paris match『Passion8』

Passion8(パッショネイト)来年デビュー10周年を迎えるparis matchが1年4ヶ月ぶりにリリースした8作目のオリジナルアルバム『Passion8』(パッショネイト)。今回は夏がテーマで、タイトル通り情熱的な1枚に仕上がってます。

情熱的といっても熱苦しさを一切感じさせないのがparis matchらしいところで、どこかクールな一面を感じさせる心地よい楽曲達が揃っています。今作もジャズやポップス、ボサノヴァなど色んな要素が融合したparis matchサウンドに酔いしれること間違いなしです。

ファーストアルバム『volume one』から『PM2』、『typeIII』、『QUATTRO』、『♭5』、『after six』、『Flight 7』そして今作『Passion8』…と、paris matchのオリジナル・アルバムはそれが何作目であるかという数字を活かしたアルバムタイトルになっています。このネーミングもセンスが良いですよね。

『FOMA NM705i』を注文

ドコモのオンラインショップにて在庫処分価格で販売されているノキア製『FOMA NM705i』を注文しました。

NM705iを購入したのは905/705シリーズ以降の端末購入時に限り加入できる基本料金の割安な「バリュープラン」に回線契約を切替える為。わたしの場合バリュープランに移行すれば月々910円ほどお得になるなので今回要した端末代金は半年ほどで元が取れるという算段です。

現在使っている『FOMA SH902iS』は特に問題があるわけではないのでNM705iを実戦投入する予定は今のところありませんが、国内メーカーの端末と違いMP3ファイルをドラッグ&ドロップするだけで再生できたりするなど音楽再生端末としての利便性が高そうなのでしばらくはSIMカード無しのままコンポに繋いでおくなどして活用しようと思います。

SH902iS の電池パック交換

SH-06A を購入しようと契約書類を書き終えたところであまりに不便な仕様に気づいて急遽キャンセルしたことは先日ここに書きましたが、そうなると当分…すくなくとも冬モデルが出る半年先までは今の SH902iS を使い続けることが決定してしまったわけです。とはいえ、最近電池の持ちが悪くなってきてたので電池パックのみ交換しにドコモショップへ。前回電池パックを変えた時から1年以上経過していたので、500ドコモポイントでの購入でした。これでまたしばらくは快適に利用できます。

今回も機種変更(正確には買い増し)を見送ったとはいえ、旧プランままの現在の基本料金は905/705シリーズ以降に導入されたバリュープランに比べて割高で月々の支払いが勿体ないんですよね。。。なんとかタダ同然の格安端末を入手してバリュー化を計らなきゃ、と思ってるんですが、現在は春モデルを売らなきゃいけないせいか格安端末が店頭から姿を消してしまってるんですよね…。参ったなあ。

光ネクストに対応する BB.excite の接続コースはどれ?

現在、NTT西日本の「フレッツ光プレミアム」と BB.excite の「500円で光ファイバープレミアムコース」の組み合わせで自宅のネット環境を構築しているのですが、来月4日には「フレッツ光ネクスト」に回線が切り替わる予定です。そこで光ネクストに対応する BB.excite 側の接続サービスがどれかを調べていたのですがどこにも情報がありません。

NTT西日本エリア用に BB.excite が提供している接続サービスは「500円で光ファイバーコース」、「500円で光ファイバープレミアムコース」、「1000円で超光ファイバーコース」の3種類。このうちどのコースが光ネクスト対応なのかどこにも書いてないのでメールで問い合わせておいたらさっそく返事が返ってきてました。

SH-06Aに機種変更しようとしたが…

ドコモの「iPhone出る出る詐欺」に付き合わされて約1年。結局新型の『iPhone 3G S』もソフトバンクだけの取扱になることが決まったので、諦めてドコモの現行機種のいずれかに機種変更しようとドコモショップへ。

当初第一候補としていた近日発売予定の東芝製スマートフォン『T-01A』ですが、店頭でカタログを見るとグローバルモデルには無いドコモ独自の制限によりBizホーダイ通信中はUSBやBluetoothが使えなくなった模様。すなわち、イヤフォン端子を備えておらずUSBかBluetoothを使った音声出力しか出来ないのですが、この使用により音楽を聴きながらネットをするような使い方をわざと出来なくしたらしい。

そんなアホな仕様があるの?と思ったら、従来のガラケーとの間に極端な差が出来て売れなくなるのを防ぐためそういう仕様にしているとのこと…。ドコモって救いようのないバカだ…iPhoneを出したくでもAppleが取り合ってくれない理由の一端をここに見たような気がします。

1 2