Galaxy S(SC-02B) 2.3.6(KL4)でのテザリング解放 【要root】

先日のGalaxy S(SC-02B)の最新アップデートに際して環境を一旦初期化するなどしていたので、2.3.6(KL4)環境下であらためてテザリングの解放を行いました。

2.3.6(KL4)でもテザリングを可能にするための基本的な設定は従来の方法と変わりありませんが、apk managerの初期設定のままframework-res.apkをリコンパイルするとエリアメールの警告音が鳴らなくなってしまうという問題が発生してしまいます。これを回避するにはコンパイル時の圧縮率を変更しておく必要があります。

念のためにあらためて手順を整理。(青字の部分が今回追加した手順になります。)

福岡モーターショー限定『グランツーリスモ5』特別ギフトコードをプレゼント

福岡モーターショーのメイン会場であるマリンメッセ福岡にはプレイステーション3用ゲームソフト『グランツーリスモ5』の特別ブースが設置され、ゲーム中に登場するレッドブル X2010の1/1スケールモデルが展示されていたほか、ゲーム中で使用できるクルマを一台入手することができる”ご来場特典ギフトコード”付パンフレットが配布されていました。

このギフトコードは1アカウントにつき1度しか使用できないようなので沢山貰ってもしょうがないのですが、ものすごい人混みの中よく確認せずに手当たり次第に配布物を貰ってきたため自宅に帰って確認してみたらギフトコード付パンフレットが何枚も…。

福岡モーターショー2012

福岡モーターショー2012に行ってきました。2年おきに行われているモーターショーですが、前回2009年は興味のある車がなくパスしたのでわたしにとっては2007年から4年ぶりのモーターショーになります。

ここ数年は自動車メーカー各社が実用主義に走りすぎて面白みのない車ばかりがラインナップされ、車好きにとっては大変寂しい状況が続いていましたが今年は春先にトヨタ86とスバルBRZの登場が控えています。また、一部報道ではスープラやNSX、シルビアなどの後継車の登場も噂されるなど、今後数年はかなり期待が持てる予感。そんなワクワクを胸に今年のモーターショーに参加してきました。

それではさっそく気になった車をチェック。まずはトヨタから。

福岡モーターショー2012 トヨタ コンパニオン - 福岡モーターショー2012

Galaxy S(SC-02B) 2.3.6(KL4)のroot化

昨日Android 2.3.6ベースの最新アップデート「KL4」が公開されたGalaxy S(SC-02B)をさっそくroot化してみました。

昨年末あたりから「zergRush」と呼ばれるroot exploitを利用したGingerBread(2.3系)対応の簡単root化ツールとして『DooMLoRD’s Easy Rooting Toolkit』や『Root/Unroot Sony Ericsson Xperia 2011』などが出回っていますが、今回リリースされたSC-02B用の2.3.6(KL4)ではしっかり対応が施されているようでこれらのツールが使えません。そこで、前回の2.3.3(KF2)アップデート時にも使用した作戦を使うことで2.3.6(KL4)のroot奪取に成功しました。

以下、参考にされる場合はあくまで自己責任でお願いします。(フォローやサポートは致しかねます)

炊飯器の買い替え

ZOJIRUSHI 圧力IH炊飯ジャー 【5.5合炊き】 NP-NH10-XJ ステンレスブラウン先日壊れた炊飯器の買い替え。今回購入したのは象印の圧力IH炊飯ジャー『NP-NH10』。

購入にあたっては炊飯器の2大メーカーである象印とタイガー、そして個人的に好きなパナソニックと3社のカタログを入手してじっくり事前調査。購入の際も店頭で実物をじっくり比較するなどしたのですが、パナソニック製は蓋を開けると本体がつんのめるなど稼働部の作りに雑さが見られたうえ外観もプラスチッキーで安っぽいので最初に脱落。結局は象印かタイガーの二択になったのですが、タイガー製品は経験上耐久性がないことを身にしみて実感しているうえデザインもダサい…。なんだかんだでやっぱり象印ですね。

Galaxy S(SC-02B)のアップデート 2.3.6

先月お伝えしていたドコモ版Galaxy S(SC-02B)へのAndroid 2.3.6ベースのアップデートが本日より公開となっています。

更新方法は過去のアップデートと同様に端末をPCに接続した上でSamsung純正のソフトウェア「Kies」を使用するか、過去のバージョンアップで2.3以降が適用済みの場合「ソフトウェア更新」を行うことで端末単体でもアップデートが可能です。なお、SC-02Bのバッテリー残量が50%を下回っているとバージョンアップ前のチェックで弾かれる点もこれまでと同様。バージョンアップを行う予定のある方はあらかじめ充電を済ませておきましょう。

なお、普通に使用している大多数の方には関係のない話しですが、root化してframework-res.apkを編集している場合に端末単体でのアップデートを行うと失敗するのは今回も同様。この場合、framework-res.apkを元に戻して端末からのアップデートを行うか、framework-res.apkを含めroot化も初期化されるKiesを使ったアップデートの後に改めてroot化するなどの手段をとる必要があります。

1 2 3