徳永英明『VOCALIST VINTAGE』

VOCALIST VINTAGE(初回限定盤B)徳永さんの最新カバーアルバム『VOCALIST VINTAGE』が本日発売となりました。

女性アーティストの楽曲をカバーして大ヒットを記録したこれまでの『VOCALIST』シリーズは2010年発売の『VOCALIST 4』をもってひとまず完結。今作はVOCALISTの名こそ冠してはいますが、昨年の東日本大震災から懸命に立ち直ろうとする人々の姿に戦後の高度成長を果たした頃の日本の姿を重ね合わせてその時代の人々を支えた昭和の名曲を歌うことで今の日本を元気づけたいとしてリリースされた作品でこれまでのVOCALISTとは一線を画す作品となっています。

先にリリースされた弘田三枝子『人形の家』を筆頭に美空ひばり『悲しい酒』や淡谷のり子の『別れのブルース』などいずれも心に響く名曲ながらどちらかというと暗かったり悲しかったりする印象の強い楽曲が多く選曲されていますが、VOCALISTシリーズで培われた作品作りは今作も健在。秀逸なアレンジとしっとり謳いあげる徳永さんの歌声とが見事に調和してオリジナルの雰囲気を壊すことなく新たなバラード作品として仕上げられており、オリジナルをご存知の方はもちろんそうでない方も存分に楽しめる内容になっています。

録画機能付き三波対応チューナー UNIDEN『DTH310R』購入

UNIDEN 録画機能付き地上/BS/CSデジタルチューナー DTH310R一昨年『VIERA TH-L37D2』を購入したのにあわせ、寝室に移設してJ:COMが行っている地上デジタル放送移行に向けた暫定措置サービスであるデジアナ変換での視聴用として使っている地デジ非対応の20型アナログ液晶テレビ『VIERA TH-20LB10』。デジアナ変換のおかげで地デジ非対応テレビが今も利用できているという現状はありがたいのですが、デジアナ変換は画質が悪いうえBS放送を見ることができない点が残念。おまけにテレビ自体が購入から8年以上経過していることもあり最近コンデンサ鳴きと思われる「ジージー」音も時折気になるような状況で新しいテレビへ買い換えたいところなのですが、寝室のテレビは1歳になったばかりの好奇心旺盛なうちのチビちゃんの手の届く場所にしか設置できないため買ってすぐに壊されてはかないませんから今は買い替えのタイミングを見計らっているところなのです。

そうはいっても買い替えまで今年からBSに移ったF-1中継を寝室で見ることができないというのは少々辛い。かといってテレビを買い換えたら不要になる外部チューナーをわざわざ購入するのもアレだし…と思っていたところにたまたま見つけたのがUNIDEN(ユニデン)社製の録画機能付き地上・BS・110度CSデジタルハイビジョンチューナー『DTH310R』。一見シンプルなデジタル三波対応チューナーなのですが、HDMI接続での1080p出力が可能でHDMIリンク(CEC)機能も使え、さらにUSB外付けHDDへの録画やDLNA機能、dボタン(双方向サービス)まで備えた高機能な製品。あくまで地デジ移行期における暫定措置的なアナログテレビ延命用の簡素なチューナーが大半を占める中、この価格でここまでのスペックを備えた製品は他に見当たりません。これならテレビを買い換えた後は愛用の液晶モニタ『HP LP2475w』に接続して使っても十分な画質を確保できるだろうと思い購入してみました。

フジカラー木製額縁『YM-3』

フジカラー 木製額縁 木地 YM-3 ワイド4切 55228愛用のデジタル一眼レフカメラ『Nikon D300S』で撮影した子供の写真などの中で特に出来の良いものはワイド4切にてプリントしてファイリングしているのですが、いつでも見れる位置に一枚飾っておこうと思いフレームを購入。買ってきたのはフジカラーの『木製額縁 YM-3 木地 ワイド4切』。

シンプルな外見なので写真が引き立つうえ、価格も700~800円ほどと安価なのが良いですね。前面板には重いガラスの代わりにアクリル板が使われているので長期間使用していると黄ばんだりしてくる可能性はありますが、落下しても割れる心配が無いのでうちのように小さいお子さんが居らっしゃるご家庭にオススメです。

GT5のニュルブルクリンク24時間耐久完走

グランツーリスモ5』のニュルブルクリンク24時間耐久レースをようやく完走しました。

120525_Nur24 - GT5のニュルブルクリンク24時間耐久完走

サルトサーキットの24時間耐久をクリアしたのが2月のことでしたので、それから3ヶ月あまりを要してのニュル耐制覇。何もなくとも子供が寝ついて雑用が片付けてから自分が寝るまでの30分くらいしかプレイできないのに、最近は子供がちょくちょく目を覚ましたり毎週のように熱を出したりしていたので余計に時間を要してしまいました。

これにてようやくAスペックもクリア。残すはスペシャルイベントのセバスチャン・ベッテルXチャレンジのみ。パッドでのゴールド獲得はかなり難しそうですが、ここまで来たらなんとかやり遂げたいものです。

Amazon.co.jpが最近使う配送業者「EC宅配」が酷い

昨年までAmazon.co.jpに注文した商品の大半は佐川急便が配送してくれてたのですが、最近になってヤマトやこれまで聞いたことのない「EC宅配」なる業者が配送してくるケースが出てきました。

ところがこのEC宅配なる業者、当日中の再配達は基本受付けてくれないうえ翌日届けに来ても無愛想なことこのうえなくドアも開けっ放しで帰っていきます。よく見ると自家用の軽自動車に乗ってやって来てるようだし、届いた荷物が異常に煙草臭くなってることもあり少々不安…。うちのエリアを担当する人がたまたまハズレだったんだろうと思いながらもネットでの評判を探ってみると同じような悪評が出るわ出るわ…(苦笑)。この会社のHPを見る限りそれほど大きい業者でもないようなので実際の配送業務はエリア毎に提携を結んだ小規模な運送業者や個人事業主に丸投げしているものと思われますがそれにしてもあんまりかと。仮にも客の大事な荷物を扱う仕事をやっているのですから、相応の行動規範を定めて末端にまで遵守させて欲しいものです。

…もしかしてEC宅配が嫌ならAmazonプライム会員になれというAmazon.co.jpからのメッセージなのかしらん。(笑)

徳永英明『人形の家/夢は夜ひらく』

人形の家/夢は夜ひらくAmazon.co.jpにて同時に注文していた商品の都合で少し遅れましたが、徳永さんのニューシングル『人形の家/夢は夜ひらく』がようやく到着しました。

5月30日発売予定の最新カバーアルバム『VOCALIST VINTAGE』からの先行シングルカットとなる本作品。弘田三枝子『人形の家』、藤圭子『夢は夜ひらく』、坂本九『上を向いて歩こう』のカバーが収録されています。

オリジナル楽曲を待ち望んでいる古参のファンとしてカバー曲は若干食傷気味なのですが、そこは徳さん。完全に唄いこなして自分の曲にしてしまっているので思わず聴き惚れてしまいました。歌手の自己満足に過ぎない素人のカラオケ品質のカバーアルバムが大挙リリースされる中、現在のカバーブームの火付け役となった徳さんのカバーには圧倒的なまでの格の違いを感じさせられます。