雷サージ+ノイズフィルターを備えたAPC製タップ『P6-JP』

エーピーシー・ジャパン SurgeArrest Essential 雷ガードタップ P6-JPPCまわりで15年近く使用してきたオーディオテクニカ製のノイズフィルター内蔵の電源タップ『ATC-NF62』が見た目にだいぶ劣化が進んでいたので思い買い換えを決めたのですが、同様のノイズフィルターを搭載した電源タップをネットで探してみると驚くほど選択肢が少ないことが判明。

スイッチング電源を多く採用している昨今の電子機器にこそノイズフィルターが欠かせないはずですが、大半の人は電気製品なんて「動けば良い」という感じだろうしノイズによる影響が出ていても気づかない人も多いようでかつて存在していた製品の多くがラインナップか削られてしまった模様…。

そんな中ようやく見つけたのが『P6-JP』。UPSなどでお馴染みのAPCブランドによる雷サージ+ノイズフィルター内蔵の電源タップです。

140930_P6-JP - 雷サージ+ノイズフィルターを備えたAPC製タップ『P6-JP』

2004年から販売の続いている商品だけあって信頼性十分でメーカー保証も2年。これが1,000円程度で買えるという点も魅力です。ボディはプラスチックで比較的大ぶり。見た目に高級感はありませんが、作りは堅牢で多少捻ったところでビクともしませんでした。また、コンセントの差し込み口にはホコリの侵入による火災や小さい子供のイタズラによる感電を防ぐための回転式カバーが装備されているなど安全に対する備えもバッチリ。この辺りの造り込みの良さは海外メーカーならではですね。

徳永英明『さよならの向う側』

さよならの向う側(初回限定盤B)来春リリース予定の『VOCALIST 6』からの先行シングルとなる『さよならの向う側』が販売となりました。

女性アーティストが唄った往年の楽曲を徳永さん流にリビルドしてカバーアルバムとしては異例のヒットを記録した『VOCALIST』シリーズ。一度は終了を宣言したにもかかわらず早々に続編がリリースされることに熱心なファンならずとも疑問を抱かざるをえないことは否定出来ませんが、今回のシングルを耳にすればそんなことは忘れて歌唱力とアレンジの素晴らしさに耳を奪われます。

タイトルトラックは言うまでもなく山口百恵の名曲「さよならの向う側」のカバー。そしてカップリングは柏原芳恵「春なのに」をしっとりと唄い上げています。以前、何かのインタビューの中で「春なのに」はVOCALISTシリーズの初期より候補に上がっていた旨をいっしゃっていたので満を持して登場…といったところでしょうか。

今回のシングルも通常版のほか初回限定盤A,初回限定盤Bの3種類がリリースされていますが、わたしはボーナス・トラックとして復興支援ソング「花は咲く」のカバーが収められた初回限定盤Bを購入。「花は咲く」は『VOCALIST 6』に収録されないと思いますが、聞き惚れてしまうほど良い仕上がりですよ。

[Perl] Perlからツイッターにつぶやく (Twitter API v1.1対応)

訳あってPerlからツイッターにつぶやきをPOSTする必要が生じ、大昔に書いたサンプルコードを引っ張り出して動かしてみたもののエラーでうまく動かない…。

調べてみたところ最近Twitter API v1.1なるものが導入されていてエンドポイントや認証方式が変わった模様。軽く仕様を眺めてみたところ一から実装するのは骨が折れそうだったので、ググッてみたところCPANで公開されている「Net::Twitter::Lite」モジュールに含まれる「Net::Twitter::Lite::WithAPIv1_1」は使えそうだったので試してみるとあっさり動いてくれました。

エムールの『固わたマットレス』

敷き布団の下に敷く 固わたマットレス セミダブル モカベージュ子供との添い寝に利用しているエムールの『三層敷き布団 クラッセ』。購入から半年ほどが経ちますがヘタりもなく値段の割りになかなか良い商品ではありますが、フローリングの上に並べたジョイントマットの上に敷いて使っていると気持ち固め。うちの嫁はこれくらいがちょうど良いとは言いますが、横向きで寝ることの多いわたしにには若干肩周りがしんどく感じることがあったので同じエムールの『固わたマットレス』を購入しました。

価格は一万円にも満たない商品ですが厚さは4.5cmと厚すぎず薄すぎず、硬すぎず柔らかすぎずの絶妙なバランス。安価な価格帯のマットレスだと中芯にウレタンが使われていることが多いのですが、こちらは一般的なポリエステルなので湿気を貯めこむことがありません。敷き布団にあわせマットレスもセミダブルを選んだのでそれなりの大きさですが、軽量なので布団の上げ下げも楽チンです。

140921_mattress - エムールの『固わたマットレス』

適度なクッション性でぐっすり眠れるようになりましたし、冬場の床冷えへの備えにもなりますので買っておいて正解でした。

カーポート設置

6月末に引っ越してきた新居にTOEX(東洋エクステリア)のカーポート『メジャーポートII Rタイプ ワイド』を設置しました。

カーポート設置

『メジャーポートII Rタイプ』は同じLIXILグループのTOSTEMや新日軽から販売されている『カーブポートシグマIII』や『ファインポートII R』とは一部カラーが異なるだけの同じ商品。トータルバランスの良さとスケールメリットを活かした高いコストパフォーマンスで国内で最も普及しているカーポートのひとつではありますが、良くも悪くもシンプルでスタンダードすぎるデザインなのでもう少し意匠に凝った商品にしようか…とも考えましたが安い買い物ではないので冒険は避けました。

今回設置したのは通常よりも幅の広い「ワイド」の54-50型。ロング柱仕様で屋根材には熱線吸収ポリカーボネートを選択しました。あわせて駐車スペースの土間コンクリートの拡大工事も行ったので費用は幾分嵩みましたが、評判の良い近所のエクステリア専門店に施工してもらったおかげで仕上がりはバッチリです。

屋根のない駐車場では風雨や紫外線で愛車が痛んでいくのを黙って見ているほかありませんでしたが、これからは安心して車を維持していけそうです。

インプレッサ G4 18ヵ月目のセーフティチェック

インプレッサ G4を18ヶ月目のセーフティチェックに出してきました。ここまでの走行距離は14,764km。

点検パックの18ヶ月目のメニューに含まれないオイル交換だけ別途お願いしたのでその分約4,800円だけ費用が発生しましたがこればかりは致し方ありません。半年に1回はオイル交換しとかないとエンジンまわりにダメージが蓄積されやすくなりますからね。

なお、今回は最近気になっていたトランク開閉時の異音と走行中の振動でメーターバイザー付近がビビっていたのもあわせて対応してもらいました。トランクの方はケーブルの遊びが大きくカプラーがボディに当っていたのが原因だったようで結束しなおしてもらい無事に解消。メーターの方は布テープで遊びを調整してもらったのでこれでしばらく様子を見ることに。

以前のセリカは購入から1年も経たないうちにクリア塗装の浮きやボディのヘタりが気になりはじめましたが、G4はそんなこともなく丈夫そのもの。今後も元気に活躍して欲しいものです。