埋込防気カバー『WV2491K』で隙間風対策

防気カバー WV2491K昨年新築した我が家は豪華な住宅設備や過度な性能とは無縁のごく普通の一軒家。

大手ハウスメーカーは「何々工法」「何々断熱」と仰々しい名前を謳って他社との差別化に必死ですが、なにもこうした会社に大金を積まずとも最近の建材は基本性能が大きく向上しているので我が家のような地元工務店に依頼した注文住宅や、低価格がウリのパワービルダーの建売住宅であっても標準的な安全性と快適性は十分に確保されています。

効率の良い断熱材やペアガラスが採用されていることで向上した気密性と断熱性が夏場に家の上層に篭もる熱気や冬場窓や床下から伝わってくる冷気を抑えてくれるので、エアコンは控えめの運転で十分快適だし電気代も安く抑えられるといった副次的な効果もある最近の住宅。我が家もこうしたメリットを十ニ分に享受しながら半年余りが経過したのですが、転居後に初めて迎えたこの冬…気になる点を発見。それはインターホンの室内ユニット裏から吹き込む隙間風!

DisplayPortケーブルの交換

サンワサプライ DisplayPortケーブル 1.5m ブラック KC-DP15K自宅で利用している『HP EliteBook 8460w』はモバイルワークステーションに位置付けられた製品なのでメーカー団体主導で民生用途に策定されたHDMIポートは装備しておらず、外部モニターとの接続には「DisplayPort」端子を利用することになります。

場当たり的に拡張を繰り返すHDMIとは異なり当初から超高解像度を考慮した設計がなされているDisplayPortだけに今後4Kや8Kといった高精細映像が主流になっていくにつれてシェアを拡大させてくるものと考えられますが、現状では先に普及したHDMIの存在感が強すぎていまいちメジャーになりきれていません…。

このような現状にあって困るのがケーブル選び。コネクタの形状やケーブルの長さ、細さなどバリエーションも豊かなHDMIケーブルとは対象的にDisplayPortケーブルの選択肢の少ないことといったら!!

ロジクールのマラソンマウス『M705t』

LOGICOOL マラソンマウス M705t格好の良い外観と扱いやすさに魅了され5年半もの長きに渡り職場で愛用してきたマイクロソフト製マウス『Laser Mouse 6000』ですが、USBコネクタ付け根部分のケーブル皮膜が傷んで内部の銅線が顔を覗かせ始めていることからこのタイミングで買い替えることにしました。

正確なマウス操作を追求するのであれば有線に優るものはありませんが、職場では端末を持って移動する機会が多く度々マウスケーブルを引っ掛けていたことが今回の損傷の原因でもあるので今回ワイヤレスに変更することを決意。使い慣れた「戻る」「進む」ボタンを備えた5ボタン以上のワイヤレスマウスというとそれほど選択肢は多くないので、当初は自宅でも使っているロジクールの『Performance Mouse M950』を…とも考えたのですが、同製品はフラッグシップ機だけあって有線と変わりない精度を誇る一方でバッテリーが1週間ほどしか持たないのが難点。いつでも充電の出来る自宅とは違い職場では打合せに追われてなかなか自分のデスクに戻れないことも多く充電や電池交換のタイミングも制限されるので、今回はスタミナも考慮して最大3年間の電池寿命を謳う『マラソンマウス M705t』を購入しました。

徳永英明『VOCALIST 6』

VOCALIST 6 (初回限定盤B)(ボーナストラック付)昨今のカバーアルバムブームの火付け役ともなった徳永さんの「VOCALIST」シリーズの最新作『VOCALIST 6』がリリースされました。

早いものでシリーズ6作目となる今作。今回もオリジナルの雰囲気を壊すことなく徳さんらしらを存分に活かす坂本さんのアレンジが冴え渡っていますが、これまでに過去の名曲はあらかた歌い尽くしていることもあり若干の弾切れ感…ややパンチに欠ける楽曲構成というのが正直な感想。

徳さん自身もそれを意識していたようで同シリーズは今作を持っての封印を宣言。VOCALISTシリーズの終了は過去にも何度か仰っていましたが今回はどうやら本当の模様。今後はオリジナル曲に集中するとのことです。

長年のファンとしてはオリジナル曲を聴ける機会が増えるのは嬉しい限りですが、VOCALISTシリーズもいざ終わりとなると寂しいものです。

再度ひかり電話対応HGW交換

度重なる動作不具合で年末に三菱製『PR-400MI』から沖電気製『PR-400KI』へと交換されたばかりのフレッツ光回線用HGWですが、その後1ヶ月足らずの間に3度も障害が発生。

インターネットを閲覧してるだけなら問題ないのですが、Huluなどの動画を視聴したりネットワーク内で大きなファイルコピーを行うなどハブとしてネットワークの中心に存在するHGWにある程度の負荷がかかると突如機能不全に陥ってしまう模様。HGWを再起動すると何事もなかったかのように動きだすのですが、直前の障害ログを見ると「Javaメモリ容量超過」からの「JavaVM異常停止」「JavaVM異常再起動」を延々繰り返しています。こうも頻繁に不具合が続くようではとても使い物にならないのでNTT西日本に再度連絡して対応を依頼。

ファーストサーバとの全契約終了へ

これまでに作成・管理を依頼されてきた企業ウェブサイトのホスティング先としていくつもの契約を代行してきたファーストサーバですが、1年ほどをかけて順次解約と他社への移行を実施中。土壇場での延期を繰り返して最後まで残っていた1社分についてもようやく調整がついたことからこちらも解約申請を行い、現契約満了期間をもって長く続いたファーストサーバとの縁が切れることになりました。