Nexus 5にAndroid 5.1.0(LMY47I)のFactory Imageを焼く

Nexus 5用にAndroid 5.1.0の最新ビルド「LMY47I」のFactory Imageがリリースされていたので手元の端末に導入してみました。

前ビルド「LMY47D」からの変更点を記した文書は見当たりませんでしたが、海外ウェブサイト等の情報によると複数SIM利用時に生じる軽微な不具合の対応などが施されているのみで機能追加などは行われていない模様。慌ててアップデートをする必要はないようにも思われましたが、新しもの好きの血が騒いだのでインストールしておくことに。

お約束の手順は以下に残しておきますが、参考にされる場合は自己責任でお願いします。(フォローやサポートは致しかねます)

事前の準備

端末内の大切なデータをバックアップしたあと、「Nexus端末を遊び尽くすための準備」を参考にJDK/SDKの導入まで済ませておいてください。

SC-40NE「2」が思いのほか優秀だった → やはり使い物にならないっ!!

我が家に設置している光回線のホームゲートウェイ(以下、HGW)『PR-500KI』用の無線LANカード『SC-40NE「2」』(以下、SC-40NE2)が届きました。

150327_SC40NE2 SC-40NE 2 が思いのほか優秀だった → やはり使い物にならないっ!!

第5世代と呼ばれるPR-500系のHGWは上部にExpress Card/34スロットを備えていてここにSC-40NE2をセットすることでIEEE802.11ac対応の無線LANアクセスポイントとして動作するのですが、この無線LANカードは基本的に有料オプションとしてレンタルするほかありません。

今年1月にうちのHGWがPR-500KIに置き換えられた時点で既に11ac対応のアクセスポイント『Aterm WG1400HP』を設置済みだったので追加料金を払ってまでSC-40NE2をレンタルすることはしなかったのですが、先日フレッツからの転用で加入した「IIJmio ひかり」ではHGWと同無線LANカードのセット利用を前提とした「機器レンタル料」が設定されており無線LANカードの利用有無にかかわらず値段は変らないとのことだったのでカードだけ追加で手配してくれるようお願いしておいたのでした。

フレッツから「IIJmioひかり」への転用完了

2月26日の受付開始と同時に申込んでおいた「IIJmioひかり」。

最初の内容確認の電話では「3/5に開通」と聞かされていたのですが、直後に送られてきたメールには「3/14に利用開始予定」との記載。サービス開始直後なだけに色々あるんだろう…と事情を察して14日を迎えたのですが、会員ページ内のステータスは「調整中 (2015年03月14日 工事予定日)」のまま。翌日になっても状況に変化が見られなかったので痺れを切らして問合せてみたところ「手続きを行っていなかった」(!!)のでもう少し待って欲しいとの報告。同サービスには一番乗りするくらいの気概でいただけに気分もすっかり萎えてしまいましたが本日ようやく開通に至りました。

今回はフレッツから「転用」なので、実際の工事などは行われず局内での切替作業のみ。NTTから貸与されているホームゲートウェイ『PR-500KI』もIIJmioからのレンタル扱いに変わるだけでそのまま利用可能なので、こちらの接続設定を申込時に案内されたアカウントに変更するだけで利用可能になります。

フェバリット『ビニールモデル トリケラトプス』

トリケラトプスビニールモデル ブラウン以前はアンパンマンやチャギントン一辺倒だったうちの子ももうすぐ4歳。

最近は興味の対象が広がって仮面ライダーや戦隊モノにも熱をあげるようになりましたが今一番のお気に入りは「恐竜」。先日買い与えた『講談社の動く図鑑MOVE 恐竜』を手放さず暇さえあれば眺めていますし、図書館で借りてくる絵本も恐竜が登場するもばかり。

そんなに好きなら恐竜の玩具のひとつでも買ってあげるか…と思い、Amazon.co.jpでたまたま見かけたフェバリットの『ビニールモデル トリケラトプス』なる人形(フィギアっていうのかしらん?)を注文しておいたのですが現物を見てビックリ。

フェバリット ビニールモデル トリケラトプス

1,500円ほどと手頃な価格からは想像出来ないクオリティで迫力満点。全長40cmほどと大ぶりですが柔らかいビニール製なので子供が誤って踏んだりぶつけたりしても安心です。素材は肉厚でしっかり自立もするので簡単に倒れることもありませんし、外に持ち出して砂まみれになっても水でジャブジャブ洗える点も良いですね。

Nexus Player用ゲームパッド

GoogleストアでのNexus Player取扱開始にあわせて国内でも販売の始まった『Nexus Player用ゲームパッド』。

“Nexus Player用”と謳ってあるものの接続には一般的なBluetoothを利用していることから他のAndroid端末でも動作するとの情報を仕入れていたので、普段ゲームはしないにもかかわらず「いずれ使う機会があるかも」と思いとりあえず購入してみた次第。以前も書きましたが、Googleの純正アクセサリはすぐに在庫が無くなってしまうので気になってる方は早めにオーダーしておいた方が良いかもしれません。

150317_open Nexus Player用ゲームパッド

Nexus Playerがやって来た

Googleストアでの取扱開始にあわせて注文しておいたAndroidTV端末『Nexus Player』と『Nexus Player 用ゲームパッド』が到着しました。

これまでにGoogleから購入した『Nexus 5』『Chromecast』などと同様に今回も荷物は香港からの発送。ヤマトの国際宅急便で送られてくるのですが、心配された羽田クロノゲートでの荷物の滞留時間は短く注文から着荷までに3日とかかりませんでした。なお、荷物に貼られた伝票には相変わらず日本語で登録された住所を無理矢理英語に直訳したもの(町域名が”山田”だったら”Mountain Rice field”みたいな感じになってる)が記載されているので配達の人は少々戸惑い気味…。でも、郵便番号と番地が正しければなんとかなるみたいです(苦笑)。

なにはともあれ無事に到着した『Nexus Player』と『Nexus Player 用ゲームパッド』の2点。

150317_box1 Nexus Playerがやって来た

子供が寝静まったのを見計らって『Nexus Player』本体から開梱。

1 2