インフルエンザの予防接種

週末、インフルエンザの予防接種を受けてきました。

大勢の人が出入りする職場や満員電車を利用する身なので毎年かかせない恒例行事となっていますが、毎年毎年予防接種1本受けるのに何時間も待たされるのはなんとかならないものでしょうか。

扇風機の分解清掃

この夏新しい扇風機を購入したことで寝室から追いやられたNationalブランドの『F-C322Z』。

161027_f-c322z 扇風機の分解清掃

購入から約12年が経過しており首振り時に若干軋み音も生じるようになっていたので廃棄することも検討していたのですが、外観に目立った痛みはなく油切れが原因と思われる異音以外にこれといった問題も見当たらないので分解清掃のうえグリスアップを施して延命を図ることにしました。

National『F-C322Z』のメンテナンス

安全のためコンセントを抜いてから作業に着手。機種やメーカーにより作りは若干異なりますが基本的に扇風機の構造はシンプルで、F-C322Zの場合も分解は容易です。

161027_knob 扇風機の分解清掃

首振り制御用のノブを引き抜き、背面のネジを外してモーターを覆うカバーを取り外します。ノブは大抵本体側にはめ込んであるだけなので力いっぱい引っ張れば外れます。

161027_motor 扇風機の分解清掃

メンテナンスが目的であればこれ以上の分解は不要。巷では10年を超えた古い扇風機からの出火の危険性が叫ばれていますが、その主な原因は内部に溜まった埃(ホコリ)だったりするので掃除機や綿棒などを使ってしっかり取り除いておきましょう。

続けて下に位置する首振り用のギヤをグリスアップ。年数を経た扇風機の場合、この部位が油切れを起こして異音を発したり動きがぎこちなくなったりするので古いグリスをある程度拭き取ってから新しいグリスを塗布しておきます。

161027_gear 扇風機の分解清掃

この際、ゴムや樹脂を痛める成分を含んだ『KURE 5-56』などの潤滑油や工業用グリスを誤って使用しないよう注意。個人的には『KURE シリコングリースメイト ペースト』などのシリコン系グリスの利用がオススメです。

あとは分解時と逆の手順でカバーを戻し、先ほど塗ったグリスが馴染むまでしばらく運転させて作業終了。首振り時の軋み音もすっかり収まりました!!

F-C322ZはNationalロゴを冠した我が家で最後の製品ですし、技術的に成熟しきった”枯れた”家電の代表格ともいえる従来型の扇風機は10年以上前の製品も最新型の製品も機能や消費電力に大きな違いはないのですからもうしばらく頑張ってもらいます。

注意

分解・メンテナンスは自己責任のもと感電防止のため必ずコンセントを抜いた状態で作業しましょう。

また、モーター・コンデンサ・制御基板・電源ケーブル等の不具合が疑われる場合、出火に至る恐れがあります。この場合は直ちに利用を中止し、買い替えを検討することをオススメします。

Nikon D300sのグリップラバー交換

経年劣化により『Nikon D300s』のグリップラバーがベトついてきたので交換修理に出しました。

行きつけだったニコンの福岡サービスセンターは4月に閉鎖されてしまったのでやむ無く同社の「ピックアップサービス」を利用。ネットで申し込みを行うと専用の梱包キットが送られてくるのでそれに修理依頼品を入れて送付、修理後返送されてくる荷物の受取時に代引きの形で修理代金とサービス利用料金を配送業者に支払うというもの。

これまでサービスセンターの恩恵に預かっていた自分からすると、配送料が上乗せされて費用が割高になるだけでなく戻ってくるまでの日数も要する同サービスには釈然としないものを感じなくもありませんが、ニコンは福岡・札幌に加え新宿・大阪・名古屋のサービスセンターも閉鎖に向けて準備をすすめているという話しもあるので大人事情があるのでしょう。

防災ブック『東京防災』

東京防災政治資金の私的流用疑惑で辞任に追い込まれた舛添要一前東京都知事による在任中唯一の功績…とも言われている東京都作成の防災用ハンドブック『東京防災』。

もともとは関東直下地震を想定し東京都民に向けた防災情報提供サービスの一貫として作成された無料冊子ですが、総合防災ブックとして地震に限らず様々な災害に関する情報を網羅。お役所による刊行物といえば堅苦しくて面白みにかけるものが多いため目を通されることなく廃棄されるものも少なくありませんが、こちらはその充実した内容とわかりやすさで予想外の大ヒット。他の道府県からも入手を望む声が高まり一般発売されることになった一冊。イラストも豊富で子供にも伝わりやすいので、家族みんなで一読しておくといざという時に役立つかもしれません。

電子書籍やPDFであれば無料DLも可能ですが、いざ震災に直面した時に読み返そうとしても端末の破損や停電、通信断絶で見れなくなっている可能が高いので可能であれば紙媒体での所持がオススメ。都が版元だけあって儲け云々とは関係がないため書籍も価格は140円(130円+税)と大変お手頃なのも素敵です。

早くもAndroid 7.1正式発表。Nexus 9やNexus Playerもサポート継続

Android 7.0(Nougat)のマイナーアップデートとなる「Android 7.1」が正式に発表されました。コードネームは「Nougat」のままで変更は無し。

Daydream VRのサポートやAppショートカットなどの新機能が主となるようで、12月初旬を目処にNexus 6、Nexus 9、Nexus Player、Nexus 5X、Nexus 6P及び新型Pixelフォン2機種等に向けてリリース予定とのこと。

Nexus 9とNexus Playerは7.0でサポート打ち切りかと覚悟していましたが、後継機種が存在しないだけにもうしばらく面倒を見てもらえるようです。

オトナシートでトランクルーム回りを静音化

日本特殊塗料 防音一番オトナシート(5枚入り)先日来少しづつ施工を行っているインプレッサ G4の静音化作業。

先にリアシート裏及びリアの天井面に施した制振・吸音材のおかげで雨天時や通常路面での不快な騒音は随分軽減されましたが、高速走行中の激しいロードノイズには焼け石に水。しかし、違いを実感出来ない僅か0.1db未満の改善であっても長時間の運転では疲労やストレスの蓄積の度合いが違ってくるはず…と信じて作業を継続。今回はトランクルーム周辺への施工を行ってみました。

リアシート裏や天井裏はまず持って目に触れることが無いので制振材としてレジェトレックスを利用しましたが、トランク内はマットを捲ったり下から覗き込んだりすれば目に触れる場所でもあるので目立ちにくい『オトナシート』を主に利用。

161011_otonasheet オトナシートでトランクルーム回りを静音化

1 2