パソコン用モニターでテレビが見れる『TVBOXes』

I-O DATA 液晶ディスプレイ対応 コンパクトTVチューナーBOX TVBOXes TVBOXESI-O DATAから発売されている外付けTVチューナー『TVBOXes』を購入しました。

最近各社からテレビの視聴や録画を可能にするPC用キャプチャーカードやあらかじめそれらを搭載したPCが発売されていますが、これらはPCの電源が入っていないとテレビを見ることができません。一方、今回購入したTVBOXesはPC本体ではなく、モニターに接続して使用するタイプの製品で言うなればTVチューナー付きのアップスキャンコンバータ。録画機能などは有していませんが、PC本体の電源を入れなくてもテレビを見たりゲームをしたりすることができるようになります。

寝室にはこれまでテレビがありませんでしたが、寝室隅のデスク上に置いてある三菱製液晶モニター『RDT-176S』と接続することで簡易テレビの完成。普段良く聴いているFM放送が中断される日曜深夜や風邪をひいて寝込んだ時などに暇を持て余すことがなくなると思います。

ちょっと気になるMac mini

この1ヶ月間、多忙を極めた仕事もようやく落ち着いてきたのでIT関係のニュースをまとめ読み。その中でちょっと気になったのがAppleから発売された『Mac mini』。写真やレビューを見る限り、大きさは外付けの光学ドライブやネットワークストレージの玄箱よりちょっと大きい程度かと思われます。WindowsとLinuxをメインに扱っている自分にとってクライアントとしての利用には興味ありませんが、Linuxをがインストール出来て家庭内サーバとしての稼動に耐えうるようであれば気になる存在。CDやインターネットラジオの再生に特化させてメディアプレーヤー端末として利用するのもいいかもしれません。

消費電力やファンの騒音の実測値がどの程度かも含めて少し情報を集めてみることにします。

パジェロ炎上

車の通りが少ない大分自動車道を走行中、後方から赤色灯を光らせたパトカーが急接近。見た目だけは速そうな車に乗っていますが、普段はシートベルトもきちんと締めて安全運転。それでもどこかで速度超過したのかと焦っていたら、パトカーはあっという間にうちの車を追い抜いて見えなくなってしまいました。

しばらく進むとトンネル手前の電光掲示板に”車両火災発生”の文字。トンネルを抜けたその先で消防車やパトカーなど10台近くが路肩に止まって消火作業を行っているのが見えてきたのですが、そこで燃えていた車があの「パジェロ」。ボンネットをこじ開けられたボンネットからエンジンルームに向けて消防隊員が放水を行っていました。

パジェロのようなRV車を「タフ」=「メンテナンス不要」と勘違いして整備不良のまま乗っている人も多いため、今回見かけた火災が三菱自動車の一連のリコール隠しと直結するものとは一概にいえませんが時期が時期だけにこの一件が報道されると三菱車のイメージがさらに悪化しそう…。

24ヶ月点検&オイル交換

納車から2年を迎えるセリカの24ヶ月点検に行ってきました。ここまでの走行距離は24,039km。

保証に加入していることもあり法定分を含めた諸々の点検による支払いは不要ですが、前回のオイル交換のボトルキープ分が終わっていたので新たに20L追加購入しておきました。

なお、納車時と昨年の12ヶ月点検の際に行ったポリマーシーラントは今回施工しませんでした。高級車と違って塗装にそれほど手間のかけられていない車は表面のクリア層にポリマーが定着しにくいようで効果が少ないように感じられたので、代わりにガラス系コート剤をそのうち自分で塗布してみようと思います。

それはさておき、ターボ車でもないのにここまで約3ヶ月おきにオイル交換しているような…。今後は少しペースを落とすことにします。

外付け3.5インチHDDケース『HS35U2Z』購入

センチュリー HDDケース HS35U2Z先日HPの端末を購入して自作PCは卒業したものの、手元に残ったパーツが多数…。これといった用途もないので処分しようとも考えましたがハードディスクくらいは最期まで活用しようと思いセンチュリーの外付けHDDケース『HS35U2Z』を購入してみました。

同種の製品は数多く販売されておりどれにしようか悩んだのですが、とシンプルな外見が気に入ってこちらをチョイス。不良セクタ発見機能や故障予測機能などが付いているせいか価格は5,480円と少々高めですが、「放熱性が高そうなアルミ製の筐体だし仕方あるまい」と思って買ってきたらアルミは目に触れる上下面だけでハードディスク固定部はただのブラスチックでした…。

『HP Compaq Business Desktop dx6100 ST/CT』を購入

先日HP Directplusで注文しておいた『HP Compaq Business Desktop dx6100 ST/CT』が到着しました。

海外メーカーのHPですが、今回注文したdx6100を含む一部モデルは東京で組み立てを行っているらしく納期までにかかった日数は5営業日ほど。思いのほか早かったです。

HPのロゴがプリントされた梱包は意外に小さめ。HPのコンシューマ向けPCを設計・製造しているのは先に吸収合併された旧Compaqの部隊だと思われますが、システム屋の人間にとってHPのブランド力は絶大で『我が家にもあるHPの端末がぁー!』って気分になれます。

さっそくモニターやキーボードなどを繋いで起動すると…なんて静かなこと!Micro BTXをベースにしたと思われる独自の内部構造で、大型ファンを使って前面から取り込んだ冷気が専用の導風カバーの内側を通ってCPU周辺まで導かれる作りとなっており、必要以上に回転数をあげなくとも冷却に支障をきたさないのだと思われます。

1 249 250 251 252 253 254 255 256 257