HP Pavilion Gaming 15-cx0000 クリエイターモデルをレビュー

先日、設計上の欠陥が原因と思われる不具合のため返品した『HP Spectre x360 15-ch000』(以下Spectre)に代わる新端末を購入しました。

Spectreは不具合以前に絶対的な冷却性能不足のためサーマルスロットリングが頻発して実用に耐えなかったため、今回は薄型筐体や2in1をウリにしない従来型のラップトップ機に候補を限定。当初は法人向け端末を中心にチェックしていたのですが、たまたま見かけた個人向け端末のラインナップの中に『HP Pavilion Gaming 15-cx0000 クリエイターモデル』なる端末を発見。

HP Pavilion Gaming 15-cx0000

エントリーゲーミング向けの新ブランド「Pavilion Gaming」シリーズに位置づけられている同製品ですが、従来コンテンツクリエイター向けに展開されてきた「Pavilion Power」シリーズの後継も担うべく4K解像度のIPSパネルや6コア/12スレッドのCore i7-8750H、GeForce GTX 1050Tiなどで性能強化が図されており、かつてワークステーションをトコトン使い倒してきたわたしにっても申し分のない仕様。おまけにキャンペーンとクーポンの併用で3年保証込みでも15万円以下というコストパフォーマンスの高さも決め手となり同機の購入を決断しました。

PROTAGE レンズヒーターで結露対策

PROTAGE 結露 防止 レンズ ヒーター 夜露 除去 USB ウォーマー 3段階調節 温度コントローラー 付き最近星空の撮影を行う機会が多かったのですが、結露でレンズが曇ってしまいシャッターチャンスを逃すケースが頻発していたのでレンズヒーターと呼ばれるアイテムに手を出してみることにしました。

今回入手したのは『PROTAGE 結露防止レンズヒーター 温度コントローラー付き P-LH02-TC2』。以前からAmazon.co.jpで売られている『PROTAGE 結露防止レンズヒーター P-LH02』と3段階調節が可能な温度コントローラーがセットになったもので価格は2,500円ほど。

値段が値段だけに、有名どころの『Vixen レンズヒーター360』などと比べると見た目の安っぽさは否めませんが、使用するのは基本夜中だし誰に見られるでもないので気にしない気にしない(笑)。

PROTAGE 結露防止レンズヒーター

本体からはUSBケーブルが直出しになっており、スマートフォンの充電などに用いられるモバイルバッテリーに繋いで使用します。

Xbox One プレイ&チャージ キット

Xbox One プレイ&チャージ キットFire TV Stick 4K』などで子供とゲームを楽しむべく購入しておいた『Xbox コントローラー (Windows用 USBケーブル付)』ですが、セットしているアマループ(=Amazonブランドの充電池)の充電を忘れていざという時にプレイ出来ないということが何度かあったので『Xbox One プレイ&チャージ キット』を新たに入手しました。

コントローラと同じ白と緑を基調にしたパッケージの中にはXbox コントローラー用の専用充電池とUSBケーブルが収められています。

Xbox One プレイ&チャージ キット

単三電池2個に代えて使用する専用充電池の容量は1,400mAhと控えめですが、公称で最大35時間の使用が可能ということなので必要十分なスペックと思われます。

防草シート+砂利敷きによる雑草対策

デュポン 防草シート ザバーン 240BB 1×30m本格的な春の訪れを前に、自宅の建屋脇の「犬走り」に防草シート+砂利敷きによる雑草対策を施すことにしました。

これまでは「草むしりが趣味」と豪語する嫁が春と秋に雑草を一斉駆除してくれていたのですが、一昨年あたりから地を這うように成長する匍匐性の雑草が増えたとこで草むしりにかなりの労力を要するようになってきたのでここらで対処が必要と判断した次第。

作業にあたり購入した防草シートは耐用年数10年を誇る『ザバーン 240BB』(1x30m)。外構業者さんも使う本格仕様の商品でホームセンターでよく見かける耐用年数2~5年程度のものに比べると割高ですが、メンテナンスの手間を考えるとこれ以外に選択肢はありません。

CloudLinux環境に於けるBackWPupの「PHP Fatal error: Allowed memory size of …」への対応

WordPressで構築したサイトのバックアップには「BackWPup」プラグインを利用しているのですが、サーバー(mixhost)側でマイグレーションが行われた後バックアップのジョブが必ず失敗するようになってしまいました。

[05-Mar-2019 02:04:14 UTC] PHP Fatal error:  Allowed memory size of 268435456 bytes exhausted (tried to allocate 2746709976 bytes) in /home/xxxxxxxx/public_html/xxxxxxxx/wp-content/plugins/backwpup/inc/class-mysqldump.php on line 506

エラーログには上のようなメッセージがずらり。どうやらMySQL絡みの問題らしくバックアップ対象からデータベースを外せばジョブは問題なく完走しますが、それでは何の解決にもなっていないので調査を開始。

メッセージの内容からしてメモリ絡みの問題っぽいので、PHP.iniの「memory_limit」の値を上限まで増やしてみるも特段の変化はなし。

ってか、メモリを「2,746,709,976 byte(=約2.5GB!!)確保しろ」というメッセージ自体そもそもおかしいだろ…ということでそれらしい情報をググってみましたが日本語でそれらしい情報に言及したサイトが見当たらなかったので、海外の技術板を中心に捜索してみたところ解決の糸口を発見。

インプレッサ G4をバルブスプリングの不具合に伴うリコール対応へ

バルブスプリングの不具合に伴うリコールの対象となっていた我が家のインプレッサ G4を週末ディーラーに預けてきました。

今回のリコール対応を専門に行うサービスファクトリーが群馬、東京、岩手、栃木、愛知、滋賀、愛媛に新たに開設されたという報道を耳にしていたので全ての対象車両がそこに運ばれるものとばかり思っていたのですが、さすがにそんな面倒なことはしないようでうちの車は博多駅東のサービス工場で処置される模様。それでもバルブスプリングの交換にあたっては一旦エンジンを下ろさねばならないため、なんやかんやで1台につき2人日程度の工数を要するらしく車が戻ってくるまでに5~6日はかかるとのこと。

用意してもらった代車はインプレッサスポーツ。

代車のインプレッサスポーツ

現行型の内装は格好良いけどこの手のハッチバックはバックミラーで後ろの距離感が把握し辛いのでちょっと苦手。