最大90Wのパススルー充電に対応する『Anker PowerExpand 3-in-1 USB-C ハブ』

Anker PowerExpand 3-in-1 USB-C ハブ 4K対応HDMI出力ポート 90Wパススルー充電 USB PD対応 USB 3.0ポート iPad Pro MacBook Pro/Air XPS Note 20 Spectre 他対応職場の自席で使用するため最大90Wのパススルー充電に対応するUSB Type-Cポート、最大4K/30HzのHDMIポートに加えUSB Standard-Aポートを備えた『Anker PowerExpand 3-in-1 USB-C ハブ』を入手しました。

同用途に向けては7月に『Belkin USB-C to HDMI + USB-C 60W PD 変換アダプタ』を購入して問題なく利用出来ていたのですが、訳あって有線LAN接続が必要になりUSB接続のLANアダプタを繋ぐ必要が出てきたためUSB Standard-Aポートを備えた機器への更新が必要になった次第。

Anker PowerExpand 3-in-1 USB-C ハブ

セキュリティを重視してUSB Standard-Aポートが無いBelkinの製品を選んだはずが…裏目にでました。(笑)

ニコン『Nikon Z シリーズ用ジャストフィットバッグインバッグ』

Nikon ジャストフィットバッグインバッグ Z シリーズ用 Zロゴ入り ブラック NZ-JFBB出張に際して少し自由な時間が確保出来そうな時は最近『Nikon Z 30』をバッグに忍ばせていくようにしています。

勿論、傷や破損が心配なので以前購入したカメラバッグに付属していたバッグインバッグに入れるようにしているのですが、旧来のバッグインバッグは従来からある一眼レフカメラの収納を前提としているせいか、Zシリーズのようにフランジバックが浅くボディの薄型化が進んだミラーレス機を収納するとどうにも中途半端。

そこで新たに調達したのが『Nikon Z シリーズ用ジャストフィットバッグインバッグ』。

Nikon Z シリーズ用ジャストフィットバッグインバッグ

Google『Pixel 6a』に乗り換えてみた ※随時更新中

昨年9月に購入し、約1年に渡って使用してきた『Pixel 5a (5G)』を手放して『Pixel 6a』に乗り換えました。

Pixel 5aはUSB Type-Cポートの不調で8月に交換してもらったばかりでしたが最近になってまた調子が悪くなってきたことや、少し重たいアプリを動かしているとBluetoothでの音楽再生が途切れがちになったり画面がしばらく応答しなくなったりしていたことに多少ストレスを感じていたことも買い替えに至った要因ではありますが、最大の決め手となったのはGoogleストアで旧モデルの下取り価格を増額するキャンペーンが展開されていたこと。

これにより僅か2万弱の追い銭でアップデート保証も長く、より高性能なPixel 6aを入手出来た次第。中長期的なライフサイクルコストの抑制に繋がるという意味でも非常に有用な買い物が出来ました。

そんな経緯もあって入手した『Pixel 6a』。今回も備忘録がてら軽くインプレッションを残しておくことにします。

ゼンハイザー『MKE 200』で手軽に音質改善

ゼンハイザー MKE 200(ポータブルカメラマイク)【国内正規品】508897ゼンハイザー(SENNHEISER)社の指向性オンカメラマイク『MKE 200』。スーパーカーディオイド特性を備えた人気音響機器メーカーによるデジタル一眼カメラ・モバイル機器向けのこのショットガンマイクを『Nikon Z 30』での動画撮影時の音声品質向上用に入手しました。

Z 30を始めとした最近のカメラに内蔵されたマイクの音声クオリティは随分向上しましたが、映像の美しさに比べると物足りなさは否めません。また、内蔵マイクは指向性が無いため周囲のノイズを拾ってしまいがちで、没入感に欠ける動画になってしまうこともあるので『MKE 200』でそれらを改善し動画のクオリティを手軽にアップグレードしようという算段です。

『MKE 200』パッケージ

SUUNTO Core (2代目) のバッテリー交換

昨年6月の買い直した2代(台)目の『SUUNTO CORE All Black』にバッテリーの警告表示が出たので電池交換を実施。

スントコアのバッテリー警告

交換後、時刻合わせを行って作業完了。

ちなみに以前使っていた旧ロットの個体ではこのような警告表示がされることなく、不安定動作したり突然画面が映らなくなったりしていたのですが、最近のロットでは警告表示がまともに機能するようになったんですかね…。

『リップスティックデラックスミニ』で親子で体幹トレーニング!?

ラングスジャパン(RANGS) リップスティックデラックスミニ レッド キャスターボードな子供が欲しがっていたのでラングスジャパンのキャスターボード『リップスティックデラックスミニ』を購入しました。

「キャスターボード」や「リップスティック」といった単語を聞いてもピンと来ない人が親世代も多いのではないかと思われますが、近年公園などでよく親子で練習してるのを見かける「くねくねしたスケートボードみたいなやつ」がそれ。

今回入手したリップスティックデラックスミニは子供の利用も前提に成人向けの『リップスティックデラックス』を幾分コンパクトに仕立て直したアイテムですが、耐荷重は79Kgありよほど体の大きな人でない限り成人でも問題なく楽しめる製品となっています。

リップスティックデラックスミニ

子供の補助をしている合間にわたしも少し乗ってみましたが、運動神経やバランス感覚には自信のある私もなかなかに苦戦。横方向には進まないスケートボードと違って、360度あらゆる方向に滑るのでちょっとでも腰がひけるとあっという間に足元をすくわれて尻もちをつくことに。重心の低い子供の方が比較的楽に乗りこなせるのではないかと思われます。