『玄箱』のハードディスク換装

6月に購入し稼働確認だけ済ませた状態で半年近く放置していた『玄箱』ですが、ようやく仕事も落ち着いてきたので今のうちに本格稼動させようと思い新しいハードディスクを調達することにしました。

今回はNASでの利用が前提なので性能よりも安定性を重視。低騒音・低発熱で評価の高いWestern Digitalの『WD Caviar WD1600BB』をヨドバシカメラで購入。

さっそく玄箱に組み込んで大量のファイル転送を繰り返すなどして負荷テスト。HDDの自己診断機能「S.M.A.R.T.」(Self-Monitoring Analysis and Reporting Technology)によれば高負荷時でもHDDの温度は40度以下で安定。これなら夏でも50度前後で収まるでしょうから障害も出にくいのではないかと思われます。


今後、玄箱には『Nikon D70』で撮影したRAWデータの保存先などとして頑張って貰おうと思います。

    この記事へのコメント

    メールアドレスが公開されることはありません。

    頂戴したコメントは管理者に承認されるまで表示されません。