ハードディスクが突然死

昨夜、『Nikon D70』で撮り貯めたRAWデータを整理していると愛用の自作PCが突如挙動不審に…。

一定間隔でハードディスクがフル回転を繰り返しその間一切の操作を受け付けなくなるという状況で、ウイルス感染も疑われたためLANケーブルを抜いて様子を見ていましたが、ブルースクリーンが一瞬表示された後勝手に電源が落ちてしまいました。

恐る恐る電源を入れなおしてみるとBIOS画面からOSの起動プロセスに遷移するタイミングでコケて無限に再起動を繰り返す始末。念のため電源を予備のものと交換してみたり、WindowsのCD-ROMからブートして修復を試みても改善は見られません。

起動ディスクを使ってDOSからドライブの状況を確認するとCドライブの存在は認識出来ているようだったので何気にDIRコマンドを叩いてみたところ、ハードディスクから「ギギギ」と異音が鳴り響き画面にはエラー表示が延々と…。

だぁぁぁ、HDDが壊れたぁ…。最近、電源替えたばっかりなのにぃ(涙)。


重要なファイルは数日前に『玄箱』にバックアップしたばかりだったので最悪の事態は免れましたが、それが無かったらと思うとゾっとします。

今後の対応ですが、現在使っている自作PCは新しいHDDに交換してまで使い続けるようなスペックではないので廃棄予定。新たに自作PCを組んでも良いのですがコスト面でのメリットは無いに等しいので、大人しく海外メーカーのデスクトップでも買おうかなと検討中。

新しい端末を購入するまでは以前知人から譲り受けた低スペックなNEC製のノートPC『Lavie L LL700R(PC-LL700R74DR)』で凌がなければ…。

    • 頂戴したコメントは管理者に承認されるまで表示されません。
    • メールアドレスが公開されることはありません。