次世代DVDの規格統一に向けた動き

一部報道によると「Blu-ray(ブルーレイ)」陣営のソニー・松下と「HD DVD」を推進する東芝との間で次世代DVD規格の統一に向けた話し合いが始まったようです。

HD DVDは民生機の投入が遅れており現時点ではBlu-rayが一歩先んじている印象こそありますが、コンテンツ・ホルダーの支持は二分されており予断を許さない状況。長期戦になればBlu-ray対応を謳う『PlayStation 3』の登場で一気に決着が付く可能性が高いので東芝側も焦りを感じて今回の交渉に至ったのでしょうが、これまでの経緯からして互いに意地もあるでしょうからそう簡単に決着が付くとは思えません。

Blu-rayかHD DVDのどちらかに集約されるのか、両者を取り込んだ「第三のメディア」なんて落とし所に行き着くのか先行きは不透明ですが、今回のチャンスを逃して「VHS対ベータマックス」と同じ道を辿ることだけは勘弁願いたいですね。

    この記事へのコメント

    メールアドレスが公開されることはありません。

    頂戴したコメントは管理者に承認されるまで表示されません。