RAWファイルのサムネイル表示を可能とする「Microsoft RAW Image Thumbnailer and Viewer」公開

今月1日、Microsoftは次世代OS「Longhorn」でのRAWファイルのネイティブサポートに向けAdobe Systems、キヤノン、富士フイルム、ニコンと提携を行った旨の発表が行われました。

デジタルカメラの上位機種に採用されるRAWファイルはメーカー・機種毎に仕様が異なっているため画像を閲覧するにもそれぞれに対応したアプリケーションを用意する必要がありますが、今回のパートナーシップではそのような断片化したアーキテクチャの標準化を図っていくことが謳われています。

これをきっかけにメーカーの垣根を超えた規格統一が期待されます。


なお、この発表に際し「Microsoft RAW Image Thumbnailer and Viewer for Windows XP>」なるツールを近く公開するとの予告がなされていましたが、さっそく提供が始まったようなので導入しておきました。

同ツールはエクスプローラ上でRAWファイルをサムネイル表示可能とするもので、対応OSはサービスパック2と.NET Framework 1.1導入済みのWindows XP。

対応するデジタルカメラはニコン D1/D1x/D2H/D2x/Nikon D70/D100、COOLPIX8800/5700とキヤノン EOS-1D/1Ds/1D Mark II/1Ds Mark II/D30/D60/10D/20D/Digital Rebel (300D)/Digital Rebel XT、Powershot G2/G3/G5/G6/Pro1/s30/s50/s70。今後バージョンアップで対応機種は拡大していくものと思われます。

ニコン純正の『Picture Project』に比べるとプレビュー表示は遅めですが、今後リリースされるOSやサービスパックでデフォルト搭載されるようになれば異なるメーカーのカメラを使う人とのファイルのやりとりも容易になって大きく利便性が向上するものと思われます。

    This site is protected by reCAPTCHA and the Google Privacy Policy and Terms of Service apply.

    • 頂戴したコメントは管理者に承認されるまで表示されません。
    • メールアドレスが公開されることはありません。