マイケル・ナイマン『The Very Best of Michael Nyman – Film Music 1980 – 2001』

フィルム・ミュージック~ベスト・オブ・マイケル・ナイマンAmazon.co.jpのウィッシュリストに登録していたものの他のアイテムに埋もれて随分長い間購入し損なっていた『The Very Best of Michael Nyman – Film Music 1980 – 2001』をようやく購入しました。映画『ピアノ・レッスン』でお馴染みマイケル・ナイマンの手がけた映画音楽の傑作選です。

ストーリーや映像、キャスティングなど人それぞれに好きな映画の要素は異なるかと思いますが、わたしの場合はやっぱり音楽。中でもマイケル・ナイマンが音楽を手がけた作品は大好きで学生の頃は『ピアノ・レッスン』のビデオやサントラを擦り切れるほど視聴してました。ナイマン氏の音楽は一見単調なベースラインとメロディーの組み合わせと時折予想を裏切るコード進行が心地よいんですよね。決して華やかさはありませんが、哀愁が心に直接響いてくるというかなんというか。音楽性としてはエリック・サティに似てるかなぁ。

そういえば昔ナイマン氏が『エネミー・ゼロ』というゲームの音楽を手がけたことがありました。それをプレイしたいがためにセガ・サターン買ったなぁ。

    この記事へのコメント

    メールアドレスが公開されることはありません。

    頂戴したコメントは管理者に承認されるまで表示されません。