Panasonic製テレビのARC実装不具合?

以前から気になっていたのですが、Panasonic製の液晶テレビ『VIERA TH-L37D2』とデノンのAVアンプ『AVR-3311』の組み合わせに於いてテレビ視聴中にアンプ側の電源をONするとテレビとアンプの双方から音が出力されてしまい、都度ビエラリンクの設定にて”音声をテレビから出す”なり”音声をシアターから出す”なりに設定しなおす必要があります。

不便やなぁ…とは思いつつも「そういう仕様なんだろう」と割り切っていたのですが、デノンのサポート窓口に別件の問合せのついでに確認してみたところその動きはオカシイとのこと。 向こうでもPanasonic製の別のARC対応テレビで 検証を行ってくれたのですが、そこでも同じ現象が再現したとのことで「Panasonic製テレビの不具合の可能性が高い」との回答。念のため Panasonicにも確認をとってくれとのことだったので先週末にPanasonicのサポート窓口にもメー ルしておいたところ、やはり「本来、テレビとアンプの両方から音声は出ないはず」との回答が返ってきました。一度見せて欲しいとのことでしたのでPanasonicの訪問点検の方とこれからスケジュール調整です。VIERAのARCの動きについてはもう一点気になる事象があるので、そちらもあわせて相談しようと思います。

それにしても、ARCの規格そのものが新しいこともありトラブルがあると原因の切り分けや特定までが大変ですね…。

    この記事へのコメント

    メールアドレスが公開されることはありません。

    頂戴したコメントは管理者に承認されるまで表示されません。