カタログギフトってやめません?

ここのところ結婚式の引き出物や葬式の香典返しなどでカタログギフトを頂く機会が多いのですが、あれってなんか納得いかないんですよね…。

というのも、例えば15,000円のカタログに掲載されている商品の大半はAmazon.co.jpや量販店で5,000~6,000円で売られているものばかり。送料などを考慮してもボッタクリすぎだろう…と。送る側は考える手間を省け、貰う側も不要なものを受け取らずに済むというメリットのあるカタログギフトですが半分以上の額を業者に搾取されてまで利用する価値は見出せませんし、それならいっそVISAやAmazonのギフト券でももらったほうがよっぽどお互い満足できそうなもんです。

要る要らないは別にして昔のように送り主が選んだ品物を頂いた方が気持ちも伝わりますし、引き出物なんかも「他人の名前の入った時計や皿なんて使えんわ!」と笑い話しにもなって良いと思うんですけどねぇ。

    この記事へのコメント

    メールアドレスが公開されることはありません。

    頂戴したコメントは管理者に承認されるまで表示されません。