ヴィヴァルディ『四季』

Four Seasonsボストン・バロック(Boston Baroque)演奏によるVivaldi『Four Seasons』の輸入盤SACD。ヴィヴァルディの『四季』、といった方が分かりやすいですかね。

古さを感じさせないクラシックのひとつでもあるヴィヴァルディの四季は定番中の定番ですが、肩を貼らずに聴けるのでやっぱり好き。その「四季」をマルチチャンネル収録で且つDSDレコーディングしたSACDがこの作品。うちのAVR-3311はDSDのダイレクト再生はできませんが、PCMでも十分すぎる良い音。「息遣いまで聞こえてくる」というのはこういう音を言うんでしょうね。また、マルチチャンネルによるサラウンド環境での再生もすばらしく音楽に包み込まれた至福の一時を堪能できます。


多くの方に知って頂きたい作品ですが、国内では正規流通していないため輸入盤でしか入手できないという現状は非常に残念。日本でもクラシックのCDは数多くリリースされていますが、録音技術がイマイチで折角の優れた演奏が埋もれてしまっている作品も多いので国内レーベル各社には是非とも頑張って頂きたいものです。

    この記事へのコメント

    メールアドレスが公開されることはありません。

    頂戴したコメントは管理者に承認されるまで表示されません。