『イングリッシュ・ペイシェント』

イングリッシュ・ペイシェント [Blu-ray]Amazon.co.jpの”ブルーレイ2枚で3,000円”セールで先に書いた『オーシャンズ コレクターズ・エディション』と共に購入しておいた『イングリッシュ・ペイシェント』のブルーレイ。学生時代自宅に帰るのが嫌で嫌でしようがなく映画館に入り浸っていた時期があったのですが(苦笑)、その頃に繰り返し見た懐かしい作品です。

第二次世界大戦下の北アフリカで撃墜された飛行機から全身火傷を負った男が記憶喪失の状態で助け出され、収容先で介護を受ける中でその記憶を辿っていくという物語…と書くと聞こえは良いですが、意地悪な言い方をすると壮大なスケールで描かれたメロドラマ。日本人受けしにくいストーリーと舞台設定でアカデミー賞を獲得した作品のわりに国内での興行はイマイチだったと記憶してますが、個人的には劇中で使われていた音楽が大好きだった思い出深い作品です。

わたしの映画の良し悪しの判断基準は音楽。一番のお気に入り作品はマイケル・ナイマンが音楽を担当した『ピアノ・レッスン』だったりします。我ながら偏ってるなぁ…。

    この記事へのコメント

    メールアドレスが公開されることはありません。

    頂戴したコメントは管理者に承認されるまで表示されません。