不用品処分2012 第3段

昨日に続き今日はオンキヨーのオーディオ機器を処分。

一昨年から昨年にかけて行った我が家のAV環境刷新により、寝室の隅やクローゼットを占有していた古いオンキヨー製品の処分を少しづつすすめてきましたが、INTEC205シリーズのチューナアンプ『ONKYO R-805TX』、ユニバーサルプレーヤー『ONKYO DV-SP205』及びブックシェル型スピーカーの『ONKYO D-092TX』を知人に譲渡。最後に残ったトールボーイ型の『ONKYO D-057F』も本日オーディオショップに売却して我が家からオンキヨー製品がきれいになくなりました。あぁ、すっきり。

オンキヨー製品は近年うわべだけのデジタル化と行き過ぎたコスト偏重の姿勢を続けた結果、品質に問題が多く価格に見合った音が出せない商品ばかりなので当分お世話になることはないでしょう。国産ブランドとしての意地を取り戻してくれるまで…オンキヨーさんさようなら。

    この記事へのコメント

    メールアドレスが公開されることはありません。

    頂戴したコメントは管理者に承認されるまで表示されません。