HP EliteBook 8460wの修理完了

突然電源が入らなくなりメーカー修理に出していたHPのモバイルワークステーション『HP EliteBook 8460w Mobile Workstation』が帰ってきました。

事前にHPから電話で報告を受けていましたが今回の修理内容は「システムボードの交換」。つまり内部基板を取替えたとのことでおそらく電源関連の実装部品に何らかの障害があったものと想像されます。これまでに客先納品分も含めHPのノート端末は何十台と触ってきていますがこの手のトラブルは今回が初めて。再発しないことを願います。

さっそく動作確認を行ってみたところ、基板交換により基板上のBIOSに保存された指紋情報が消えたため指紋認証が通らず一旦パスワードでログインしてから新たに指紋を登録しなおす必要がありましたが、その他に問題は見当たりませんでした。ハードディスク内のデータもそのままの状態で帰ってきているので、新たにリカバリしなおす手間もかからず助かりました。

ちなみにセキュリティ向上のためHPのビジネス用端末の多くで実装されているTPM対応のセキュリティチップによるHDDの暗号化を有効にしていた場合、基板交換後それまでのデータが読めなくなる可能性が高いので注意が必要です。

    この記事へのコメント

    メールアドレスが公開されることはありません。

    頂戴したコメントは管理者に承認されるまで表示されません。