Raspberry Pi(ラズベリーパイ)を注文

英ケンブリッジ大学の教授やエンジニアらによって設立された「ラズベリーパイ財団」がコンピュータ科学の教育促進を目的に開発した名刺サイズのシングルボードコンピュータ『Raspberry Pi』(ラズベリーパイ)。BROADCOM社製のARMCoreベースのプロセッサにGPUなどを搭載し、HDMIやUSB、LANなどの基本的なインターフェースも一通り装備した小型PCとも言える製品ながら35ドルという価格を実現し、4月に発売が開始される前から25万件を超える購入申し込みが世界中から殺到して入手困難な状況が当初から予想されていました。案の定、販売を行うRSコンポーネンツでは事前の購入希望登録順に注文を受け付けているものの3月に登録していたわたしまでなかなか順番が回ってこずにヤキモキしていましたが、本日ようやく注文のための案内メールが届きました!


日本のRSコンポーネンツのWebサイトで登録をしていたため案内のメールは日本語でしたが、注文画面は世界のRSコンポーネンツグループ全体で共通になっているため注文画面は当然のことながらすべて英語で表記されており、こちらも住所・氏名などは英語で記載する必要があります。購入はドル、ユーロ、あるいはポンドによるクレジットカード(VISAかMaster)またはPayPalのいずれかでの決済。VISA、Masterブランドのカードでも一部海外決済できないものもあるので、これから購入しようという方は注意が必要です。

欧州の不透明な経済状況を考慮して、わたしはドルでの決済を選択。本体価格$35.00+配送料$8.02で合計$43.02ですので、日本円で約3,400円といったところ。注文後送られてくる確認メールには「Despatch expected within 5 week(s)」(5週間以内に送る予定だよ)と記載されていましたので、もうしばらく待つ必要がありそうです。

追記 (2012/06/22)

クレジットの引落し情報を確認したところ、43.02ドル=3,481円($1=\80.920換算)で決済されてました。円高万歳!!国内代理店などがないので英語で注文するなどの手間はかかりますが、中間マージンを搾取されることなく直接現地価格での購入が可能なので相当に割安感がありますね。

早く届くといいなっ!

    この記事へのコメント

    メールアドレスが公開されることはありません。

    頂戴したコメントは管理者に承認されるまで表示されません。