ひかり電話対応HGW交換

6月の転居にあわせて光回線の移設工事を行った際、従来の機器に代わって新たに設置されたひかり電話対応ホームゲートウェイ『PR-400MI』ですが導入当初から動作がどうにも不安定でネットワークが途切れる事象が頻発。ファームウェアのアップデートでそのうち安定するかと期待していたのですが、一向に改善される兆しがないのでNTT西日本に連絡をいれたところ機種交換になりました。

ネットなどの情報によると三菱製のPR-400MIはとにかく問題が多いらしく、同機種から安定した動作実績のある他メーカー品への交換がすすめられている模様。そうした背景もあってか今回新たにうちに設置されたのは沖電気製の『PR-400KI』。

141228_PR-400KI

交換後12時間ほど様子を見てますが、今のところリンクダウンの兆候無し。なかなかいい感じ…というか、これが当たり前でないと困るんですけどね。

再発(2014-01-19)

願いも虚しく早速の障害発生。

急にネットに繋がらなくなったのでPR-400KI本体を見ると「初期状態」のLEDが橙色に点滅中。ブラウザから管理画面に入ると、「IPが重複している」といった旨の警告が出ているのですが心当たりがありません。疑問を感じつつ障害ログを見てみると「Javaメモリ容量超過」とやらで「JavaVM異常停止」と「JavaVM異常再起動」を延々繰り返している状態。こうなると宅内のネットワークにも繋がらなくなるためNASへのファイルコピーすら出来なくなってしまいます。

一旦完全初期化を試みるなどしたものの改善が見られないので、再度NTTに連絡をとるとやはり機器側のトラブルのようで週末に再度交換を行うとのこと。これでも駄目なら本気で解約を検討しよう。

    頂戴したコメントは管理者に承認されるまで表示されません。
    メールアドレスが公開されることはありません。

    This site is protected by reCAPTCHA and the Google Privacy Policy and Terms of Service apply.