Nexus 5にAndroid 6.0 (Marshmallow)がやって来た

コードネーム「Marshmallow」ことAndroid 6.0のNexus 5/6/7(2013)/9及びNexus Player向けFactory Imageが昨日公開されたので手元のNexus 5にさっそく適用しておきました。

151007_android6

作業の手順は「Nexus端末へのFactory Imageの焼き方」参照のこと。MVNOのIIJmio回線にて問題なく動作していることを確認。

Android 6.0での変更点は多岐に渡りますが一番の目玉「Now On Tap」は日本語環境化下ではまだ有効になっておらず次期ビルドの提供を待つ必要があるようです。一見、5.1.1からほとんど変わっていないようにも見えますが、内部的にはUSB Type-Cや指紋認証の新規サポート、アプリ権限モデルの刷新、節電機能「Doze」によるバッテリー消費の改善等々大きく手が入っているようでしばらくは多少の不具合もあるかと思われるのでご利用にあたっては自己責任で。

なお、自宅のNexus Playerには早々にOTAが降ってきていたのでこちらからアップデート、Nexus 9についてはAndroid 6.0へのアップデート前に最新セキュリティアップデートAndroid 5.1.1(LMY48T)を適用しておく必要があるようなので注意が必要です。

2015年12月09日追記Android 6.0.1(MMB29K)

Nexus 5/5X/6/6P/7(2013)/9及びNexus Player向けととなるAndroid 6.0.1のFactory Imageが公開されたので手元のNexus 5にさっそく適用しておきました。

Android 6.0.1(MMB29K)

レスポンスの悪化もなく、MVNOのIIJmio回線下でも問題なく動作していることを確認。Factory Imageの導入手順は「Nexus端末へのFactory Imageの焼き方」参照のこと。

Android 6.0.1では新しい絵文字が大量に追加されたほか、Nexus6Pなどではもともとサポートされていた電源ボタン連打でカメラを直接起動できるショートカットがNexus 5やNexus 6でも有効になりました。後者は何気に便利です。

自宅のNexus 9とNexus Player、現在嫁が使っているNexus 5Xはリセットしちゃうと環境を戻すのが面倒なのでOTAが降ってくるのをを待つことにします。

2016年01月12日追記Android 6.0.1(MMB29S)

先週公開さた2016年1月分のセキュリティアップデートを適用したFactory ImageをNexus 5にインストール。

Android 6.0.1(MMB29S)

今回はメディアサーバーに絡む脆弱性の対応などが主なようです。

昨年から始まった月例アップデートの提供でNexus端末の安全性が高まったのは大歓迎ながら毎度手動でFactory Imageを焼くのは面倒なので今月はOTAで済ませようと考えていたのですが、早々にアップデート出来たNexus 9、Nexus Playerに対しNexus 5は公開から1週間を過ぎた今日現在もOTAが降ってくる気配がなく結局手動で適用した次第。

サーバ負荷軽減のため利用者の多いNexus 5はOTA配布に時間がかかるのだと思いますが、セキュリティに絡むアップデートは早めに配信して欲しいものです。

    This site is protected by reCAPTCHA and the Google Privacy Policy and Terms of Service apply.

    • 頂戴したコメントは管理者に承認されるまで表示されません。
    • メールアドレスが公開されることはありません。