Nexus 5の無線LANが故障。Nexus 5Xを注文 (更新: Nexus 5復活)(更新: 再故障)

2年以上に渡り愛用しているNexus 5にトラブル発生。数日前から無線LANが不安定で接続と切断が延々繰り返されていたので心配していたのですが、とうとう無線LANが認識されなくなってしまいました。

端末の再起動、初期化、Factory Imageの焼き直し、本体を分解してのアンテナ線回りの確認など思いつく限りの対応を試みるも徒労に終わり、状況から察するに搭載された無線LANチップ(Broadcom製「BCM4339」)が死んでしまった模様。

音声通話やLTE通信は可能なので全く使えないことはないのですが、裏で懸命に無線LANの有効化を試みているらしくバッテリーの持ちが著しく悪化して実用には耐えない状態。

一応メーカーに問合せてみたのですが修理費用は最低でも35,000円、場合によっては50,000円を超えるというお話しだったので復旧を断念。発売から2年を過ぎてもなお一線級の活躍を見せてくれた端末だけに思い入れも強いのですが、購入価格よりも高い修理代を支払うのはさすがに躊躇われるので大人しく買い換えを決断。さっそくGoogleストアでNexus 5Xを注文しておきました。


Nexus 5Xは発売直後に嫁が購入しているので、わたしは次期Nexus端末の登場を待って買い換えるつもりだったのですが今回ばかりは仕方がありません。

Nexus 5の無線LANが復活? (2016/08/19 追記)

廃棄処分前になんとなく弄っていたところ、何故か無線LANが復活…。

一通りOSやアプリのアップデートを行った後、ウェブや動画の閲覧などで負荷をかけてみるなどしましたが途中途切れることもなく安定稼働。間違いなく死んでた筈だったんですが…謎です。

既にNexus 5Xに機種変更してしまったので今更Nexus 5に戻ることはないでしょうが、予備端末として最期まで弄り倒してやることにします。

やっぱりダメだった (2016/11/24 追記)

完全復活したかに見えたNexus 5の無線LANですが、その後にまた不安定な状態に逆戻り。

電源のON/OFFの度に無線LANが死んだり生き返ったりするし、仮に繋がってもやたらと転送が遅く途中で切断されてそのまま仮死状態に陥ることもしばしば。LTEは相変わらず問題が無いのでやはり無線LANチップの不具合であることは間違いなさそう。

xdaにも同様の報告が上がっていますが、その中ではオーブンやドライヤーで「BCM4339」のリフローを試みるなどの手法が提示されていますが…そこまでやるか?(苦笑)

    この記事へのコメント

    メールアドレスが公開されることはありません。

    頂戴したコメントは管理者に承認されるまで表示されません。