電子ピアノにも最適なサンディスクのUSBメモリ『Cruzer Fit』

SanDisk Cruzer Fit USBフラッシュメモリー 32GB (5年間保証)[国内正規品] SDCZ33-032G-J57先日我が家にやって来た電子ピアノ『Clavinova CLP-545』の録音・再生機能を利用するにはUSBフラッシュメモリーが必要となるのですが、特典で付いてきた鍵盤デザインのUSBメモリは挿しっぱなしにしておくには少々大き過ぎて膝をぶつけるなどした際に本体まで破損しかねないため小型で出っ張りの少ないサンディスクの『Cruzer Fit (SDCZ33-032G-J57)』(32GB)を購入。

同メモリは以前にも一度購入しておりカーナビで再生する音楽ファイルの保管用として活用していますが、温度変化の極端な車内に3年間置きっぱなしでも何らトラブルはありませんし、PCから大量コピーで負荷をかけてもほとんど発熱もなく安心。USB3.0には非対応ですが転送速度より信頼性・耐久性を重視したい用途にはうってつけの製品と言えます。

前回入手時は国内未発売だったため並行輸入品でしたが、今回買ったのは5年保証の付いた国内正規品。サンディスク製品は相変わらず偽物が多く流通しているようだし、並行品との価格差もそれほど大きくないのでこちらを選んだのですが、正規品は白い封筒にメモリと取扱説明書が放り込んであるだけの「パッケージとは言い難いパッケージ」。これならきちんとシュリンクされた並行品の方が安心感が大きいかもしれません。


パッケージの文句はさておき…埃避けの端子カバーと見紛うコンパクトさは言うこと無し。

160202_usbport - 電子ピアノにも最適なサンディスクのUSBメモリ『Cruzer Fit』

抜き差しするのに最低限必要となる出っ張りしかないので周囲には一切干渉しませんし、LEDの明滅も控えめなので演奏中に気が散ることもありません。

録音は保存形式(MIDI/WAV)が選択できるので単に自分の演奏を保存するに留まらず、後からPCに取り込んでDTMの基礎データとして活用することも出来ます。再生も液晶画面に表示される一覧より対象を選ぶだけの簡単操作。対応するファイル形式であればClavinovaで録音したものに限らず外部から取り込んだものも再生可能です。

160202_display - 電子ピアノにも最適なサンディスクのUSBメモリ『Cruzer Fit』

試しにヤマハミュージックデータショップからクーポンを使って購入したデータや、1998年リリースの坂本教授の名盤『BTTB』に付属するフロッピーに収録されたMIDIファイルを再生するなどしてみましたが、演者が生演奏しているかのような臨場感に思わずニンマリ。純粋にBGMとしても楽しむのもアリかもしれません。

ピアノの上達を目指すには繰り返し練習を重ねる以外に道はありませんが、こうした機能を活用して時折自分の演奏を見直すことは独りよがりになりがちな表現を正す一助となるので案外メリットは大きいのかもしれません。

    この記事へのコメント

    メールアドレスが公開されることはありません。

    頂戴したコメントは管理者に承認されるまで表示されません。