『Nikon D500』を購入 ※追記あり

Nikon デジタル一眼レフカメラ D500 ボディ約7年に渡り活躍してくれた『Nikon D300S』に別れを告げ、DXフォーマットの現行フラッグシップ一眼レフ『Nikon D500』を購入しました。

D300Sには愛着もありましたが、メーカーの補修部品保持期限も迫っており今後シャッターユニットなど消耗パーツの調達・交換が難しくなってくるものと予想されるためここらで手放すことを決意した次第。専用の縦位置グリップ『マルチパワーバッテリーパック MB-D10』とともにドナドナし、買い替えの原資となることで最後の務めを終えました。

今回の買い替えにあたってはFXへの乗り換えも視野に検討したのですが、本格ミラーレス一眼の導入にあわせてニコンがマウントを一新するとの噂もあり今からFXへ投資するのは分が悪いという思惑と、自分の撮影スタイルや被写体からして画角を稼げる方が最適だろうとの判断から継続してDXフォ―マットを選択。

そりゃ『Nikon D850』も気にはなりますが、冷静に考えてあの本体とそれに見合うだけのレンズを担いで遠出する気力と体力がもうありません。これが一番の理由だったりして…。(苦笑)

Nikon D500 内容物 - 『Nikon D500』を購入 ※追記あり

そんなこんなで今回入手するに至ったD500(本体のみ)。NTT系の通販サイト利用で5年保証込みの価格は約20万円。決して安くはありませんが、APS-C規格の最終形態と言っても過言ではないスペックを考えれば妥当な金額でしょう。

長く付き合える銘機の予感

昨年春の発売直後から店頭でチェックしていたので大凡の感じは事前把握していたつもりでしたが、手持ちのレンズを付けてじっくり構えてみることでD300Sに比べ80gほど軽くなった本体重量とグリップ形状の見直しによるホールド感の向上を改めて実感。

Nikon D500 ボディ - 『Nikon D500』を購入 ※追記あり

さすがに「カメラは重たい方が手ブレしなくて良い!!」なんて強がりも言ってられない年齢に達しつつあるので、少しでも軽いにこしたことはありません。

ファインダーは丸型。ニコンは昔からプロ機以上にのみ丸型を採用しており一種のステータス的な感じになってますが、個人的には角型でも丸型でも普段使う上では大して変わりないような気がしないでもありません。ただ、丸型には接眼目当てのゴムが外れにくかったり、アイピースシャッター内蔵でワンタッチで逆入光を防げるなどのメリットもありその辺りはアクティブ派な自分にとってありがたい仕様。

Nikon D500 ファインダー - 『Nikon D500』を購入 ※追記あり

ファインダー倍率はD300Sの0.94倍(35mm換算で0.62)に対してD500は1.0倍(35mm換算で0.66)。数字上は僅かな差ですが、ファインダーを覗くと違いは明らかで見え方はFXにかなり近い印象。それでも物足りないようなら、ファインダー像をさらに1.2倍拡大する『Nikon マグニファイングアイピース DK-17M>』に変えることも可能。…あ、丸型ファインダー採用の一番のメリットってこれかも。

有効画素数は2088万画素。高精細になった分、粗も目立つので手ブレや被写体ブレには今まで以上に気を配る必要があります。手っ取り早い解決策は「より明るいレンズへの投資」でしょうがそこは懐具合と要相談。なにしろ、RAW現像を行うPCにもそれなりのスペックが要求されるようになったためこちらの環境も見直しが必要になりそうですので…(苦笑)。

常用レンズとして使っているのは昨年暮れに買ったナノクリ採用の標準ズーム『AF-S DX NIKKOR 16-80mm f/2.8-4E ED VR』。

Nikon D500 + AF-S DX NIKKOR 16-80mm f/2.8-4E ED VR - 『Nikon D500』を購入 ※追記あり

結局D500を買うことになるんだったら、同レンズがセットになったレンズキット買ってた方がお得だったんじゃ…というご意見は断固スルーします。

これは反則だろ…と感じるほどのオートフォーカス性能や測光精度の向上など特筆すべき点はこれから…ですが、作例として掲出出来るような素材が用意出来ていませんし、D500に関しては既に沢山のレビュー記事が溢れているのでここでの言及はこの程度にとどめておくことにします。

まだ数日使ってみただけですが、D500の素性の良さには確実に魅了されています。D300Sと同様に長いスパンで付き合えるバディになってくれることを期待します。

同時に揃えたものたち

D500導入にあたり予備のバッテリーと液晶保護フィルムも同時購入。

D500に付属する電池は『Nikon Li-ion リチャージャブルバッテリー EN-EL15』ですが、放電特性の変更や発熱による回収騒ぎなどを経て現在では廃番となっており現在入手可能なのは『Nikon Li-ion リチャージャブルバッテリー EN-EL15a』。(現在販売中のD500に付属するEN-EL15は不具合対応済みで、実質EN-EL15aと同等です。)

EN-EL15とEN-EL15a - 『Nikon D500』を購入 ※追記あり

容量など基本性能に違いはありませんが、外装色はEN-EL15の黒に対し新型のEN-EL15aはグレー。二つとも同じ色だと、電池交換時に「今取り出したのどっちだっけ?」てなことになるのでこれはこれで便利かも。

あと、D500にはD300Sのようなプラスチック製のモニターカバーが装着出来ないので液晶保護フィルムは必須だろう…ということで『ハクバ D500専用液晶フィルム (ビックカメラグループオリジナル)』も併せて入手。

最近流行りのガラス製は”衝撃に強い”がウリではあるのですが、それはガラスに厚みがあってこそ。ガラスが厚ければその分タッチの感度が鈍りますし、ガラスを薄くすれば耐衝撃性はフィルムを下回るどころか割れて液晶面を傷つけてしまうこともあるので、個人的には従来のPETフィルム製のものがオススメ。

その他、ストラップやマルチパワーバッテリーパックもボチボチ買い揃えていく予定です。

追記 (2017/11/21)

D500本体は特に問題もなく利用出来ていたのですが、パッケージや同梱品に気になる点を見つけてメーカーに報告。同時に販売店にも連絡しておいたところ、返品・返金対応させて欲しいとの話しになり一旦手放すことになりました。

詳しい記載は控えますが、仕入業者か物流倉庫で何かしら問題が生じていた可能性が高く本体にも中長期的に悪影響が及ぶ可能性が否定出来ない状態なので止むを得まい…。

返品した個体に代わる新しいD500は信用の於ける実店舗で購入しようと思っているのですが、販売店側が「返品された商品を確認してからでないとクレジットの請求は取り消せない」などと吐かしやがって仰られるので、それが確認出来るまではお預けかな…。

追記 その2 (2017/11/27)

無事に返金されたので改めてD500を買ってきました。

詳細はこちらで。

    この記事へのコメント

    メールアドレスが公開されることはありません。

    頂戴したコメントは管理者に承認されるまで表示されません。