あらためて『Nikon D500』。マルチパワーバッテリーパック『MB-D17』もあわせ買い

NTT系某通販サイトで購入したもののパッケージ及び付属品の状態に疑わしい点が多数見つかり返品することになった『Nikon D500』の返金処理がようやく完了したので、同じ轍を踏まないよう今度は信頼のおける地元の実店舗(キタムラ)で現品をしっかりチェックさせてもらったうえで買い直してきました。

事前に入手しておいた壊れたコンデジ(300円也)を「なんでも下取り」してもらって店頭表示価格から15,000円オフ、そこからさらに若干の値引きをお願いするなどして実店舗にしては随分とお買い得な価格で入手出来ました。ついでに、いずれ入手予定だった『マルチパワーバッテリーパック MB-D17』もこの機にあわせ買い。

どーーんっ。

D500とMB-D17を購入 - あらためて『Nikon D500』。マルチパワーバッテリーパック『MB-D17』もあわせ買い

まとまった出費にはなりましたが、これでようやく安心して撮影に望めます。

あらためてD500

前回記事に掲載した写真には、返品のきっかけとなった正規ではあり得ない状態のものが映り込んでいたので(写真だけ見ても分からないと思いますが)あらためて撮影。

Nikon D500と同梱品 - あらためて『Nikon D500』。マルチパワーバッテリーパック『MB-D17』もあわせ買い

こちらが正規に販売されているNikon D500の内容。とはいえ、パッと見は前回と変わりないので感動はありません。(苦笑)

念のためカメラ本体も新たに撮り直しておくことにします。

Nikon D500 ボディ前面 - あらためて『Nikon D500』。マルチパワーバッテリーパック『MB-D17』もあわせ買い

Nikon D500 ボディ背面 - あらためて『Nikon D500』。マルチパワーバッテリーパック『MB-D17』もあわせ買い

前回撮影していなかった各部のアップも少し。

Nikon D500 表示パネル - あらためて『Nikon D500』。マルチパワーバッテリーパック『MB-D17』もあわせ買い

Nikon D500 レリーズモードダイヤル - あらためて『Nikon D500』。マルチパワーバッテリーパック『MB-D17』もあわせ買い

Nikon D500 メモリーカード挿入部 - あらためて『Nikon D500』。マルチパワーバッテリーパック『MB-D17』もあわせ買い

Nikon D500 バッテリー室 - あらためて『Nikon D500』。マルチパワーバッテリーパック『MB-D17』もあわせ買い

本体付属の『Li-ion リチャージャブルバッテリー EN-EL15』は充電中だったので、写真に映っているグレーの電池は予備で購入しておいた『Li-ion リチャージャブルバッテリー EN-EL15a』になります。念のため。

ついでにこちらは前回紹介し損なった付属の充電器『バッテリーチャージャー MH-25a』。

Nikon D500 付属の充電器 - あらためて『Nikon D500』。マルチパワーバッテリーパック『MB-D17』もあわせ買い

充電器のみ個別に購入するとケーブルが付いてくるようですが、D500には直付け型の電源プラグだけが付属します。個人的にはいっそ直付けだけと割り切ってもらってプラグを折りたたみ可能にしてもらった方が嬉しいくらいですが、持ち運び時にケーブルが邪魔にならなくなっただけでも万々歳。

開梱にあたり本体・付属品とも入念に状態確認を行いましたが、さすがに疑わしい点は無し。ようやく腰を据えて活用出来そうです。

マルチパワーバッテリーパック MB-D17

本体と同時購入したニコン純正のD500専用縦位置グリップ『マルチパワーバッテリーパック MB-D17』。

Nikon MB-D17 - あらためて『Nikon D500』。マルチパワーバッテリーパック『MB-D17』もあわせ買い

MB-D17に加え、EN-EL15用ホルダ、単三電池用ホルダ、ホルダケースと取説類が付属。この手のアイテムは比較的割高で昔から巧妙な偽物や勝手互換品が出回りやすいので、これから購入される方は必ず信頼のおけるお店を利用するようにしましょう。安さに釣られてそれらに手を出すと、最悪カメラが壊れて修理代の方が高くつくハメになります。特にAmazon.co.jpのマーケットプレイスで出品している業者には要注意…と知人も申しておりました。

Nikon D300S』と併せて所持していた『マルチパワーバッテリーパック MB-D10』との一番の違いはシャッターボタンの脇にFnボタンが追加された点で、D500側から露出補正を含む任意の機能を割り当てることが出来るようになりました。

D300S+MB-D10では縦位置で露出補正が行えなかったためスナップ撮影時に不便な思いをしていましたが、そうした呪縛からようやく解放されそうです。

D500とMB-D17をジョイントさせるとこんな感じ。

Nikon D500にMB-D17を取り付け - あらためて『Nikon D500』。マルチパワーバッテリーパック『MB-D17』もあわせ買い

相変わらず仰々しい見た目ですが、手にしてみると意外に軽量。それもそのはず、バッテリーや付属品を省いた状態での質量がD300S(840g)+MB-D10(290g)で計1,130gほどあったのに対し、D500(760g)+MB-D17(275g)は1,035gほどしかありません。わずか100gほどの違いとはいえ、長時間携行すると蓄積する疲労も大きく違ってます。首や肩に爆弾を抱えるわたしからするとホントに大助かりです。

周辺機器の運用見直し

D300/D300Sから相対的な格上げが図られたD500はプロ~ハイアマチュア志向が強まり、DXフォーマットの純然たるフラッグシップ機として丸窓ファインダーが採用された以外に内蔵ストロボも廃止されました。

このクラスのカメラを持っていながら内蔵ストロボでフラッシュ撮影したい…なんて人も居ないでしょうからそれはそれで構わないのですが、唯一困るのが外部スピードライトをリモート発光させるためのコマンダー機能が利用出来なくなる点。

ニコンのスピードライトで初めて電波制御に対応した新製品『スピードライト SB-5000』を使えば従来と同様にリモート発光出来ますが、現時点で6万円超とさすがにちとお高い…。現在所有している『スピードライト SB-700』でやり繰りするには『TTL調光コード SC-28』あたりを使うほかありませんが、無論ワイヤレスでは無くなります。う~ん。

メモリーカードもD300SからD500に変わって使えなくなったものの1つ。D300Sはコンパクトフラッシュでしたが、D500はXQD…物理的に異なるので買い替える以外にありません。XQDは製造しているメーカーが限られているのでそれほど安くはありませんが、SDカードではD500の連射性能をフルに活かすことが出来ないので早目に調達しなければ…。

    この記事へのコメント

    メールアドレスが公開されることはありません。

    頂戴したコメントは管理者に承認されるまで表示されません。