徳永英明『永遠の果てに ~セルフカヴァー・ベストI~』

永遠の果てに~セルフカヴァー・ベストⅠ~(初回限定盤B)昨夏リリースされた『BATON』から約1年、初期の自分の作品をセルフカバーした『永遠の果てに ~セルフカヴァー・ベストI~』が発売となりました。

徳永さんがセルフカバーアルバムを出すのは2003年にリリースされた『カガヤキナガラ』以来。当時は音楽性に若干の迷いが見られていた(?)時期だけあってアレンジに違和感を覚えた人も多かったのですが、今作を皮切りに新たなカバー作品集としてリブートを図る算段のようです。

収録曲はボーナストラックを除き全10曲。「MYSELF ~風になりたい~」はシングル『君がくれるもの』のカップリング曲、「僕のそばに」はアルバム『BATON』初回限定版のボーナストラックとして収められていたもののリミックスですがその他は新録。

いずれもオリジナルが秀逸な作品だっただけに、一ファンとしてはそこにアレンジを加えることに若干の不安と抵抗がなくはありません。特に「JUSTICE」なんかは野っ原に楽団並べてバブリーな肩パッド入りのスーツで歌ってこそ(MV参照)!!と思っていたのですが、そこはさすが『VOCALIST』でもお馴染みの坂本昌之氏によるアレンジ。今回、「MYSELF ~風になりたい~」と「レイニー ブルー」以外は同氏が編曲を担当しており、原曲を尊重しながらも今の徳さんの声を存分に活かした新たな旋律を紡いでくれています。


個人的にはもの凄くお洒落な感じに変貌を遂げた「恋人」に感動。もう少しビートの効いた楽曲があっても良かったのかな?と思わなくもありませんが、そこはシリーズ全体でのバランスを考えてのことなのかもしれません。

なお、今作でもユニバーサルの悪癖は相変わらずで通常版のほか、初回限定版A、初回限定版Bと3つのバージョンが販売されますが、昨年のツアーのエンディングで流れていた「愛という名の真実」がボーナストラックとして初収録さた初回限定版Bをおススメします。

    This site is protected by reCAPTCHA and the Google Privacy Policy and Terms of Service apply.

    • 頂戴したコメントは管理者に承認されるまで表示されません。
    • メールアドレスが公開されることはありません。