ソニーのネットワークレコーダー『nasne』がディスコン

nasne 1TBモデル (CUHJ-15004)出荷完了予定とアナウンスされていたソニーのネットワークレコーダー『nasne』(ナスネ)がついに出荷を完了した模様。ひとつの時代の終焉を迎えました。

我が家のnasneは2012年の発売と同時に購入しましたが、ソニー製品にしては珍しく7年間ノートラブルで稼働(電源を切ったり再起動したりしたのは、ファームウェア更新時と引っ越しの時くらい)。当初はF1などのスポーツ中継を録画するのに大変役立ってくれたのですが、最近はスポーツ中継の多くが有料放送に移行したうえ、VODの普及などもありTV録画という文化そのものが廃退。メーカーによるディスコンの判断も致し方ないとは思いますが残念でなりません。

願わくば、ダブルチューナーを搭載しNASとしての性能向上を目指してCPUやRAM、NICのスペック強化を図った後継モデルを見てみたかった…。


なお、nasneを活用するための「torne mobile」などのサービスは当面続くようですが、慈善事業で続けられるほどソニーも余裕がある訳ではないのでせいぜい1~2年が目途?と思われます。その後は古くて遅いNASという以外に使い道がなくなりますし、今の時点で録画してまで見ようという番組がほとんど無い状況なので、うちのnasneもここらで撤去して欲しい方に譲るなどしようと思います。

ただ、子供が毎週見ているアニメや特撮を外出などでリアルタイムで見れない時にnasneに録画していたのを今後どうすんべ?という点が課題ですが、最近のテレビは録画機能を備えているので外付けのSSDでも用意して代用しようかな。(その方がリモコンで録画予約出来るようになるし、嫁や子供にとっては分かりやすいのかもしれません。)

    This site is protected by reCAPTCHA and the Google Privacy Policy and Terms of Service apply.

    • 頂戴したコメントは管理者に承認されるまで表示されません。
    • メールアドレスが公開されることはありません。