インプレッサ G4のカーエアコン用フィルター交換

デンソー(DENSO)カーエアコン用フィルター クリーンエアフィルター DCC5005 (014535-2210)※必ず車種別適合をご確認下さいインプレッサ G4のカーエアコン用フィルターを前回交換してからちょうど1年が経過したので、今年も『クリーンエアフィルター』を調達し自分で交換しておきました。

交換手順は前回記事に書いたので今回は省略。

9月末の点検時にディーラーで表面のゴミは吸い取ってくれていたらしくパッと見は綺麗な状態でしたが、隙間にはタンポポの綿毛がびっしり。

デンソー クリーンエアフィルター DCC5005 - インプレッサ G4のカーエアコン用フィルター交換

最近田舎道を走った記憶はないのですが、どこでこんなに拾うのかしらん…。

インプレッサ G4のボディーリフレッシュ

来春に控えた二度目の車検タイミングでの買い替えを見送るにあたり、今後もインプレッサ G4に気持ちよく乗り続けることが出来るようボディ全体の磨きと嫁が職場で貰ってきたドアパンチ痕等の鈑金(板金)修理を実施。車体の色によってはそのまま放置しておいても気にならない程度の傷や凹みですが、ダークグレー・メタリックなボディカラーだと目立ってしようがなかったのでこのタイミングでボディーリフレッシュを図ることにしました。

1週間の工期を終えて帰ってきた車輌は新車と見紛う…とまでは行きませんが、十分に輝き取り戻して美しい仕上がり。

インプレッサ G4のボディーリフレッシュで艶が復活 - インプレッサ G4のボディーリフレッシュ

要した工期は1週間で費用は鈑金10万+磨き5万で計15万円。これに先月の点検の際に時間の都合で出来なかったオイル交換も併せて実施して貰い155,450円のお支払。決して安くはありませんが、致し方ありません。

インプレッサ G4のセーフティチェック (54ヵ月目)

インプレッサ G4を半年毎のセーフティチェックへ。購入から54ヵ月でここまでの積算走行距離は43,462km。

セーフティチェック - インプレッサ G4のセーフティチェック (54ヵ月目)

最近アイドリングストップからのエンジン始動に失敗する事があったりのであわせて確認をお願いしたところ、インジェクター回りに蓄積した汚れがバタフライの開度情報を狂わせていた模様。

アイドリングストップ車はただでさえインジェクターが汚れやすいので先日も使った『WAKO’S フューエルワン』などの洗浄系添加剤を定期的に投入したり、レギュラーガソリン仕様のエンジンであっても時折ハイオクを入れるなどした方が良いのかもしれません。今回はインジェクター洗浄と最新プログラムへの書き換えを実施してもらい、データ上は「もう問題は起きないはず」とのこと。

『WAKO’S フューエルワン』

ワコーズ F-1 フューエルワン 洗浄系燃料添加剤 F112 300ml F112 [HTRC3]我が家のインプレッサG4も納車から4年半近くが経過してエンジン内がそれなりに汚れてきたのか、加速時の吹け上がりに若干の鈍さを感じるようになってきたので定番の洗浄系燃料添加剤『WAKO’S フューエルワン』(FT-1)を投入しました。

アイドリングストップ車でただでさえ負荷が高いうえ、保育園の送り迎えなどちょい乗りも多かったりして汚れが蓄積しやすい条件が揃っていますからねぇ…。

なお、この手の清浄剤を使うと除去されたカーボン、ワニス・ガム質などが多少オイルに交じることがあるので、今月末の点検でオイルとエレメントの交換を行うというこのタイミングでの使用となりました。

WAKO'S フューエルワン - 『WAKO’S フューエルワン』

定期的にハイオクガソリンを利用するだけでも同様の清浄効果は期待出来ますが、こっちの方が手っ取り早いですからね。

座り心地抜群のジュニアシート『リーマン ジュニアEX』

LEAMAN ジュニアシート リーマンジュニアEX ブラック 73209子供の成長に合わせて背もたれを外し座面だけの状態にした「ブースターモード」で利用中のレカロのチャイルドシート『Start H1』ですが、長時間座っていると「足が痺れる」とのこと。

実は以前から気になってはいたのですが…原因は座面下のクッション。6歳児の体重を支えるには薄すぎるうえ、サイズも小さすぎるのである程度体が大きくなると大腿部がサポートされずフレームに押し付けられてしまうという設計の甘さが露呈した形。レカロというブランドに加え1~11歳頃までの幅広い年齢で使用可能ということで選んだチャイルドシートでしたが、所詮はコンビからのOEM品ということか…。

まぁ、体格変化の大きなこの時期をひとつのシートで補うということ自体そもそも無理のある話しだと思っていたので、ここらで専用ジュニアシートに買い替えることにしました。

インプレッサ G4にミシュラン『パイロットスポーツ4』を装着

我が家のインプレッサ G4もそろそろタイヤの換え時。

ひび割れたDUNLOP SP SPORT 2050 - インプレッサ G4にミシュラン『パイロットスポーツ4』を装着

スリップサインまであと1.0mmほどあるので気を付けて運転すればもう半年使えなくもないのでしょうが、ひび割れもだいぶ気になりますし、来春の車検にあわせた車の買い替えも見送ることを決めたので早めにタイヤ交換することにしました。

MICHELIN(ミシュラン)PIROT SPORTS(パイロットスポーツ)4 205/50ZR17XL 704370新しいタイヤはミシュラン一択。以前、セリカに履かせていた『Pilot Preceda PP2』で抜群のウエット性能とスポーツタイヤらしからぬ静粛性、高速走行時も振動が少なくゴムも長持ち…というブリヂストンやダンロップがどんなに頑張っても真似の出来ないクオリティに感動を覚え「次もミシュラン」と心に決めていたのです。

もともとG4に装着されていたのはSP SPORT MAXXをベースとするダンロップの新車装着用タイヤ「SP SPORT 2050」。ダンロップにしてはかなり長持ちしましたが、高速走行時のロードノイズがとにかくウルサイのが難点でした。これに代えて新たに装着するのはミシュランの新世代コンフォートスポーツタイヤ『Pilot Sport 4』(以下「PS4」)。普段乗りの快適さとスポーティな走りを両立させた『Pilot Sport 3』(以下「PS3」)の後継にあたる製品です。

購入・交換は以前お世話になったミシュランタイヤを取り扱うプロショップにお願いするつもりだったのですが、見積り額が想定をだいぶ上回っていたので方針転換。Amazon.co.jpでタイヤを購入し、同社がオートバックスや宇佐美石油などと提携して行っているカー用品の取付・交換サービスを利用することにしました。

1 2 3 4 5 27