カテゴリー: 家電・AV・カメラ

ニコンファンミーティング2018 in 福岡 でZ6/Z7を体験

週末、福岡市内で開催されたニコンファンミーティング2018に行ってきました。

ニコン初のフルサイズミラーレス『Nikon Z6』及び『Nikon Z7』のリリース直後とあって詳しい話しを伺いながら実機に触れてみたかったのと、サービスセンターが撤退してしまった福岡では貴重なボディー&レンズの即日クリーニングサービスも受けられるということで勢い勇んでの参戦。

当日はコーヒーでも飲みながら10時の開場を待とうと思い早めに家を出たのですが、1時間以上前の段階ですでに20~30人ほどの列が出来ていたのでそのまま待ち行列へ。9時半頃には建屋内の会場入り口前に通され、Z6/Z7のカタログやニコンのロゴ入り団扇、ファンミーティングの記念シールなどの入ったお土産が渡されました。

併せてクリーニングサービスの申し込み書も配られたのですが、仕上がりが午後3時頃になるとの話し。この日は午後から生憎別の用事が入っていたので止む無く断念。毎度送料がかかるうえ手元に戻ってくるまでに2,3週間を要するピックアップサービスがあまりに不便なので今回のサービスを期待していたのですが仕方ありませんね…。

開場を前にして既に目的を半分逸してしまいましたが、残るZ6/Z7に期待して10時の開場とともに会場入り。入り口ではスタッフの方々とともに種々のカメラが並んだディスプレイがお出迎え。

ディスプレイ

見やすくなった電子メモパッド『ブギーボードJOT8.5 BB-7N』

キングジム 電子メモパッド ブギーボードJOT8.5 ブラック BB-7Nクロ一般に「電子メモパッド」と称されるアメリカ生まれの「ブギーボード」。

米国市場で大ヒットした2010年頃からその存在は認知していたものの、当初の製品はコントラストが低く決して見やすいとは言えなかったため積極的に活用しようという気になれませんでしたが、先日コストコに並んでいた現行ブギーボードのサンプルに何の気なしにペンを走らせてみたところメリハリの利いた鮮やかな蛍光グリーンの筆跡にビックリ。

「これなら子供の学習用に使えるかも」と考え、さっそく『ブギーボード JOT8.5 (BB-7N)』を購入してみました。

ブギーボードJOT8.5 BB-7N

この手のツールを見るとわたしたち世代はタカラの「せんせい」シリーズを思い出しちゃいますが、あちらが磁石と砂鉄を利用した原始的な仕組みであったのに対し、ブギーボードはペン先などで圧力をかけると分子配列が乱れて色が変わる液晶装置が利用されています。

液晶といってもバックライトが不要な反射型なので電池は画面消去時の一瞬に使用されるのみ。それゆえ5万回程度は書いたり消したり出来るという長寿命もウリとなっています。

マンフロットの『Elementアルミ一脚』

Manfrotto 一脚 Element アルミ 5段 ブラック MMELEA5BK子供のイベント事や屋内でのポートレート撮影に於いて「三脚を設置するスペースはないけど手振れが気になるんだよなぁ」というシーンに出くわす機会が増えてきたので一脚を導入することにしました。

カメラの重みを支え上下ブレを防ぐ役目を担うものだけに華奢すぎてはグラつきやたわみが大きくあまり意味がないので、一脚としては少々重めながら手頃な価格で評価も高い『Manfrotto Elementアルミ一脚』を購入。

この商品、国内での販路はネットに限定されているらしく店頭で現物を確認出来ないのが気掛かりではありましたが、結論から言うとなかなか良い商品でした。

ニコン初のフルサイズミラーレス『Nikon Z7』『Nikon Z6』

ニコン初のフルサイズミラーレス機『Nikon Z7』及び『Nikon Z6』が本日発表となりました。

Nikon Z7

『Nikon Z7』は4,575万画素のハイエンドモデル、『Nikon Z6』は2,450万画素の普及モデルという位置づけで価格は前者が44万円前後、後者が27万円前後を予定しているとのこと。

両機種ともに筐体は共通でボディ内手ブレ補正機構を搭載する点なども同じ。EVFは0.5型で約369万ドット、ファインダー倍率は0.8倍。センサーの違いにより測距点数やISO感度、連射速度・連続撮影枚数などスペック面に違いはあるものの、機能面で大きな違いはない模様。

新たに採用された「Zマウント」は径55mm、フランジバック16mm。Fマウントとの互換性はありませんが、FマウントレンズをZマウントのボディに装着するための「アダプター FTZ」が別途発売される予定。

室内テレビ配線を4K8K対応品に更新

日本アンテナ テレビ接続ケーブル S4C 4K8K対応 1m S型スクリュープラグ-L型プラグ ホワイト CS4GLRS1C外来ノイズへの対策と来たる4K8K放送時代への備えとしてテレビに繋がる室内配線を『日本アンテナ 4K8K対応テレビ接続ケーブル(CS4GLRS1C)』及び『日本アンテナ 4K8K対応分波器 (SUESL(20))』にリプレース。

これまで使っていた『日本アンテナ 分波器(S-UVSW)』も2.6GHz対応で4K-BS左旋放送までは視聴可能なスペックでしたが、4K-110度CS左旋や8K-BS左旋となると3.2GHzにまで対応出来る機器が必要になります。ケーブルに関しては4K/8K対応で何が変わるってわけでもありませんが使用帯域の拡大に併せてノイズ耐性が強化されているとかいないとか。

4K8K対応分波器&ケーブル

これで4K放送への備えもバッチリ!…なんてのは半分冗談でして、実際のところはアナログ時代から使い回しているアンテナケーブルが経年劣化により棒のように硬化してしまっていたことを受けての予防保全。店頭では既に旧仕様のものをほとんど見かけませんので、現行品への置き換えにより好むと好まざるとにかかわらず4K/8K対応となるわけです。

Nikon 1シリーズ用の部品を買い置き

Nikon 1シリーズの休止を受けて『マウントアダプター FT1』も生産・供給が終了。その他のパーツもいつ入手困難になるか分かりませんので、今のうちに『ボディーキャップ BF-N1000』、『レンズ裏蓋 LF-N1000』、『Nikon 1 J5用液晶保護フィルム NH-AFLJ5』を購入しておきました。

Nikon 1シリーズ用の部品を買い置き

キャップ類は保守パーツとして生産終了後もメーカーが一定期間在庫を抱えているはずなのですぐに無くなることはないと思いますが、FT1を使っているとキャップを着脱することも多く外出先で紛失する可能性が高いので予備も兼ねて。保護フィルムはサードパーティー製も含め半年から1年もすると市場から完全に姿を消してしまうでしょうから今のうち。

しかし…こんな面白いシステムをなんで止めちゃいますかね、ニコンさん。