I-O DATAのポータブルHDD購入

I-O DATA USB2.0/1.1対応 耐衝撃シリコンジャケット採用 ポータブルハードディスク 80GB [HDP-U80]I-O DATAのポータブルハードディスクの新ラインナップ「HDP-U」シリーズの80GB版『HDP-U80』を購入しました。「HDP-U」シリーズは40~120GBが用意されており、40/80GBが昨日あたりから店頭に並びはじめ、60GBが11月中旬、100/120GBが11月下旬に発売される予定だそうです。

いままでも外付けハードディスクは使用しているのですが、3.5インチHDD搭載品のため発熱とディスクの回転音が気になっていました。そのため、静かで発熱も少ない2.5インチHDDを搭載したポータブルHDDを探していたのですが、「HDP-U」シリーズのリリース予告記事を見てデザインが気に入って予約。当初予定の10月中旬の発売予定がメーカー都合により遅れたもののようやく今日入手できました。

「HDP-U」シリーズの最大の特徴は脱着可能なシリコンジャケット。自宅での使用時はジャケット無しのスリムな状態で使用し、外に持ち出す時にジャケットを装着しておけばバッグの中での振動や思わぬ落下にも対応できます。なかなか便利だと思いませんか?

ノートパソコンをキズから守らなきゃ!

ロアス ソフトポーチ SZC-031BK仕事で出向いている作業場所の都合上、持ち込んでいるノートPC(ThinkPad T42)は毎日持ち帰る必要があるのですが、それほど大きくないバッグの中にマウスやACアダプタなども一緒に放りこんでいるため表面にキズがついてしまいました。

そこで、これ以上可愛そうな外観になる前に、とノートPC用のインナーケースを探しにヨドバシへ。見た目がシンプルかつスリムでバッグに入れやすく、ある程度衝撃から守ってくれそうなもの…ということでロアスのソフトポーチ『SZC-031BK』を購入してきました。

ThinkPad T42に最適なサイズで、手触りもソフトな人工スエードが使用されていてGood。以前、チャック式のインナーケースを使っていて以外に不便なことを知っていたので、フラップ式で出し入れが容易なのもこれに決めた要因です。

まもなく、仕事用として新たにThinkPad T43を購入予定なのですが、T42と同じサイズなのでこのインナーケースはそのまま利用できます。なんとかT43は無傷のままでいさせたいものです。

マウスを交換してみました

マイクロソフト オプティカル マウス IntelliMouse Explorer B75-00095自宅のデスクトップPCでこれまで使用していたマウス『Microsoft IntelliMouse Optical』ですが、購入後3年近く経過し表面の変色やコードの痛みが目立ってきたので新しいマウスを購入しました。

今回選らんだのは『Microsoft IntelliMouse Explorer』。マイクロソフト製マウスは他社製品に比べるとサイズが少し大きいために好みの分かれるところなのですが、手のひらサイズが若干人より大きいうえに仕事などで一日の大半マウスを握っている私にとってはちょうど良いサイズです。また、これまで使っていた『IntelliMouse Optical』とは違って右利きに特化したデザインとなっているために手首もすごく楽に感じます。コンピュータ相手という仕事柄肩こりは持病になっていますが、すこしは傷みが緩和されると良いな~、なんて思ってます。

オイル交換

近所のディーラーでオイル交換。ここまでの走行距離は約32,300km。

いやぁ、それにしても今回は待たされたー。オイル交換だけで2時間弱もかかりましたよ。新聞も雑誌もあらかた読み終えて最後はウトウトしてました。

インテル、フラッシュ利用による高速起動技術を発表

米インテルはOSやアプリケーションの起動時間をハードディスクからだけでなく、フラッシュメモリを併用することで短縮する技術「Robson」を披露。

詳細は説明されていませんが、現在ハードディスクに搭載されているキャッシュをマザーボード上のチップセットに統合あるいはそれに近い位置に搭載、その容量を64MB~4GB程度まで拡大することでハードディスクへのアクセスを極力減らそうというものだと思われます。だとすれば、「Robson」自体が画期的な技術とは言いがたいですが、目に見えて体感速度の向上が期待できるうえに消費電力の削減にもつながるという点でユーザーへのアピール度は高いでしょう。

昨今のフラッシュメモリの急速な低価格化と容量拡大もあり、将来的にハードディスクはフラッシュメモリにリプレースされていくものと思われますが、やはりそれなりの年月は要するはず。それまでのつなぎの技術として「Robson」には注目が集まるものと思われます。

TOTO「高性能クロス」

車内のダッシュボードの汚れが気になったのでTOTOの『高性能クロス』を購入してみました。

パッケージに記載されている通り、フラット形状の特殊繊維が汚れを残さず掻きとってくれるようで、シボの中に入り込んでなかなか落ちないダッシュボードの手垢も簡単にふき取ることができます。ついでに窓の内側でも試してみますが、こちらも満足な仕上がり。洗えてくり返し使える高耐久タイプなので、オススメです。

1 2