IKEAのクリスマスツリー

これまで狭いアパート暮らしだったため設置・保管場所の都合上高さ20cmほどの小さなものでお茶を濁していた我が家のクリスマスツリーですが、今年は新居に移り住んで少しばかりスペースに余裕が出来たので近所のIKEAに出向いて大きめのツリーを購入。さっそく玄関ホールに飾り付けておきました。

買ってきたのは高さ180cmのクリスマスツリー『FEJKA』(\5,999)と飾り付けのデコレーション56点セット『VINTERMYS』(\1,499)及びハンギングデコレーション『VINTERMYS』(\699)の計3点。ツリーの方は1サイズ小さい高さ155cmのものも売られていたのですが、そちらは脚がプラスチック製で強度が不安だったので大きい方をチョイス。玩具屋で売られている安物と違って枝葉がポロポロ落ちるような気配もありませんのでなかなか良い感じです。

小さなツリーからの格段のスケールアップに子供は大喜びですが、一ヶ月後に片付けるのが大変そうです…。

Cocco『シングルCDスペシャルパンチ』

Cocco シングルCDスペシャルパンチ2011年にリリースされた映像作品『Inspired movies』に続く東日本大震災復興支援企画第2弾としてリリースされた本作『シングルCDスペシャルパンチ』はこれまでライブでしか披露されていなかった楽曲を収録したシングル作品となっています。

先月リリースされたオリジナルアルバム『プランC』とは大きく趣が異なり、彼女なりの励ましと未来に向けて奮い立たせんとする力強さを感じさせる作品です。

本作の収益は義援金として寄付されるとのこと。震災から3年半が過ぎ、時間とともに薄れゆく記憶と助け合いの精神を今一度思い起こさせてくれる価値ある企画作品だと思います。

AVアンプで高ビットレートのネットラジオ再生 (Chromecast利用)

2011年に購入したデノンのAVアンプ『AVR-3311』は単体でインターネットラジオの再生にも対応しており、暇を見つけては「ottava」や「SmoothJazz」を始め世界中の音楽を楽しんでいます。

しかし、行き過ぎたコストカット方針の元で作られている昨今のAVアンプは搭載メモリも少なくマイコンの処理能力も必要最小限(デノン製品に積まれたマイコンはその性能すら満たしていませんが…)。このため、320kbpsで配信されている「LINN RADIO」などの高ビットレートな番組を再生するとバッファリングが追いつかず数秒間隔で音が途切れてしまいとても実用には耐えられない状態に陥ってしまいます。

Nexus 5にもAndroid 5.0(LRX21O)のFactory Imageを焼く

Nexus 7(2012)に続き、普段持ち歩いているNexus 5にもFactory Imageを使ってAndroid 5.0を導入しました。

わざわざFactory Imageを焼かなくてもそのうちOTAでアップデートは降ってきますが、サーバ負荷軽減のため米国外のユーザー向け配信は後回しにされるため1~2週間待たされることなんてザラですし、今回は久々のメジャーアップデートということもありFactory Imageからクリーンインストールしておいた方がトラブルも少ないだろうという判断もあってのこと。

手順は基本的にさきほどのNexus 7(2012)と同じですが、添付されているバッチファイルの作りが若干異なっていていくつかコマンドを叩く必要があったので以下に整理しておきます。参考にされる場合は自己責任でお願いします。(フォローやサポートは致しかねます)

Nexus 7(2012)にAndroid 5.0(LRX21P)のFactory Imageを焼く

公開直前に判明したバグ対応のためリリースが遅れていたNexus端末用のAndroid 5.0(Lollipop)がロールアウトされFactory Imageの公開が始まりました。

Nexus 7(2012)に関しては端末リリースから18カ月間を目処とするGoogleのOSアップデート提供保証期間を過ぎていることからAndroid 5.0へのアップデートは行われないものとの見方が大勢でしたが、しっかり対応してきてくれたのは嬉しい限り。さっそく手元のNexus 7(2012)に導入してみました。

手順を以下に整理してますが、参考にされる場合は自己責任でお願いします。(フォローやサポートは致しかねます)

オール電化住宅への転居による光熱費の変化

6月末に新居へ引越してからはや4ヶ月。

転居前のアパートからは目と鼻の先に家を建てたこともあってか、うちの子供が新しい家での暮らしにスムーズに馴染んでくれたのは良かったなぁと感じています。賃貸暮らしでは縁のなかった町内会へのお付き合いが必要になるなど、持家ならではの面倒さはありますが…まぁ、これは致し方ないでしょう(苦笑)。

閑話休題。新居に設置してもらった住宅設備機器や引越しにあわせて買い替えた白物家電のおかげもあって家の中は随分快適になりましたが、それらの直接的な効果以上にありがたく感じるのが大きく低減した光熱費。以前のアパートは割高なプロパンガスの利用が強制されていたため、オール電化で多少は安くなるだろう…と予想はしていましたが、昨年同月比で見るとその差は歴然。