月別: 2016年3月

『Fire タブレット』を3,980円でゲット

Fire タブレット 8GB、ブラック発売前に予約注文していたものの結局キャンセルしたAmazon.co.jpの廉価タブレット『Fire タブレット』ですが、現在書斎で利用しているNexus 7(2012)のバッテリーとNANDの性能低下がこのところ顕著になってきたことから代替機としてあらためてオーダー。週末はちょうどセール中だったこともあり「Amazonプライム」会員向けの通常の価格からさらに1,000円引きの3,980円で購入することが出来ました。

発売開始直後は商品到着までに1ヶ月を要するケースもあったようですが、リリースから半年ほどが経過した今はさすがに在庫も潤沢あるらしく注文翌日に到着。

160329_firetab

封筒タイプの簡易なパッケージにコスト削減の努力が見てとれますが、それをもってしても8,980円(プライム会員なら4,980円)という価格は単体ベースで赤字であることは間違いないはず。顧客を囲い込もうという思惑があるにせよ、この価格を実現出来るB2C事業者はグローバル企業であるAmazonを於いて他にないでしょう。

新しい車検証と5,000円分のQUOカード

先日車検をお願いしていたディーラーから新しい車検証と検査標章シールが送られてきたのでさっそく収納&フロントガラスに貼付。

系列店のオープン記念かなにかで5,000円分のQUOカードも添えられていたのでありがたく頂戴しておきましたが、5,000円ってなかなか太っ腹ですよね…。最近スバルは景気良いなぁ。

ガジェット類の分解用に『38in1特殊ドライバーセット』

AC6088A 38in1特殊ドライバーセット トルクス ヘクスローブ 六角棒 Y型 三角ネジ 五角 ペンタローブ プラス マイナス iphone5 アイフォン ハッピーセット コンパクト最近の電子機器はパーツの固定に特殊ネジを利用したものが多く分解や修理に際しトルクスドライバーやY型ドライバーが欠かせないのですが、それぞれに多様なサイズが存在するためその都度専用ドライバーを買い揃えていると結構な出費になるのでビット交換で多様なネジに対応する『38in1特殊ドライバーセット(AC6088A)』を購入。

36種類ものビットとグリップ、延長バーがセットになって1,000円を切るこの商品。大手ブランドが同種のツールセットを取り扱っていないためこちらの商品を選択したものの値段が値段だけに品質面が心配。あまりに精度が悪かったりAmazon.co.jpのレビューで見かけたドライバー側の欠けが生じるようなら早々に返品してしまおう…などと考えていたのですが、結論から言うと普通に使えました。

カバーを開けるとビットが起ち上がるギミックのついたケースなどは思いのほか便利。

ガジェット類の分解用に『38in1特殊ドライバーセット』

ビットとグリップの固定はマグネットだけですが、作業中のガタつきや脱落もありません。

白くてオシャレな包丁&まな板スタンド

山崎実業 包丁&まな板スタンド トスカ ホワイト 2421傘立てやアイロン台などでお馴染み山崎実業製の『包丁&まな板スタンド トスカ』。

長年使っていたステンレス製の包丁・まな板立てが壊たのでそれに代わる商品を探していたのですが、人造大理石の白いキッチントップに合うシンプルなデザインと天然木のアクセントに惹かれて購入。コンパクトながらスチール製でそれなりに重量がある(610g)のでまな板を立ててもぐらつかず安定感は抜群です。

しかし、受け皿がないので洗ってすぐの包丁を置くと水が滴ってキッチントップを汚してしまうのが難点。スタンドの内側にピッタリはまる四角いお皿でもあれば良いのでしょうが、そんな都合の良いものが…ありました!

インプレッサ G4 初めての車検

納車から3年を迎える我が家のインプレッサ G4をはじめての車検へ。

車検ついでにそろそろバッテリーの換え時が近いので事前に調達しておいたBOSCH『ハイテックプレミアム Q-85/115D23L』への載せ換えと、先日高速走行中に前を走るトラックが跳ね上げた石が原因で生じたフロントガラスの小さな傷のリペアもあわせて依頼。

エンジンオイル、フィルター、フルード、ワイパーゴム等の交換にかかる費用は成約時に加入した「点検パック5年車検付き」に含まれているので、今回の支払いは法定費用+1万円くらいだろうと予想していたのですがフロントガラスの修理に23,220円もかかったらしく支払い総額は94,796円。

インプレッサ G4 初めての車検

傷はワイパーの下あたりについた2mm×2mmほどの小さなものだったのですが、運転席側だったため車検でひっかかる可能性があるとかないとかでうまいことボッタクらレました(苦笑)。事前にそうと分かっていたら修理キット買ってきて自分で直したのになぁ…。

Nexus 5Xに月例セキュリティアップデート(MHC19J)を適用

3月の月例セキュリティアップデートとなるNexus端末向けAndroid 6.0.1の新ビルド(MHC19J)が手元のNexus 5Xにもようやく降ってきたのでさっそく適用。

160315_MHC19J

更新直後に3G/LTEでのデータ通信が出来ないという事象が発生し一瞬焦りましたが、端末を手動で再起動させることで無事に復活。その後は問題なく動いているように見受けられます。

今回のアップデートでは脆弱性の修正に加え、Nexus 5Xのパフォーマンス向上を目的にした修正も行われている模様。今のところ目に見える違いは感じませんが、最適化が図られるのは大いに結構なこと。

現時点ではNexus 9やNexus Playerに同アップデートは未達。手動でFactory Image焼いても良いのですが、毎月のように環境を作り直すのはさすがに面倒なので躊躇してしまいます。