2017年に買ってよかったもの

早いもので2017年も本日限り。

個人的には仕事関係でストレスの溜まることの多かった一年ですが、家族ともども大きなケガや病気もなく過ごせただけで良しとしましょう。来年は公私とも良い一年にしたいものです。

で。今年もこの1年に発揮した物欲の成果を総ざらい。2017年に購入した物や加入したサービスの中からとりわけ良かったものをご紹介して今年最後の投稿とさせて頂きます。

HUAWEI MediaPad M3 Lite 10のソフトウェアアップデートでBlueBorne問題に対処

Huawei 10.1インチ MediaPad M3 Lite 10 タブレット ※Wi-Fiモデル 32GB RAM3GB/ROM32GB 6600mAh【日本正規代理店品】HUAWEI『MediaPad M3 Lite 10』に2度目のソフトウェアアップデートが降ってきました。

更新内容は「Googleセキュリティパッチによる端末セキュリティの強化」で、Androidのセキュリティパッチレベルは2017年11月。

前回のアップデートでは「BlueBorne」問題への対応が間に合っていなかったので、今回の更新でようやく安心してBluetoothを利用することができるようになります。

あとは『Huawei Nova』の対応を待つばかり…。

Nikon D500を2か月使って感じたこと

Nikon デジタル一眼レフカメラ D500 ボディDXフォーマットのフラッグシップモデル『Nikon D500』の購入からもうすぐ2ヶ月。

2009年に発売された『Nikon D300S』から約7年ぶりの刷新となったDXの3桁機には、プロ向けの最高峰『Nikon D5』に迫る機能・性能を与えられておりニコンの気合の入れようが見て取れます。

センサーサイズの違いによる解像度の差ばかりは如何ともし難いものの、それを逆手に取った全面AFポイントがポートレート撮影に於ける構図の自由度を上げFXでは躊躇われる大胆なカットも狙えるようになりました。また、比較的軽量・コンパクトなボディが実現する機動性の高さもあり様々な場面で重宝しています。

本機の仕様や画質については今更説明する必要はないでしょうから、ここでは個人的な感想を中心に残しておくことにします。

保険の見直し

3年ほど前に住宅ローンの手続きついでに銀行で保険相談に乗ってもらい全面的な見直しを行ったばかりですが、その後非喫煙者を対象に保険料が割安になる商品なども登場しておりこれらをうまく活用しない手はない!…ということで、掛け捨て型の定期及び収入保障保険を変更しました。

今回新たに利用することにしたのはチューリッヒ生命。タバコを吸わないということに加え血圧が基準値内(最高120、最低80未満)であることも保険料割引の条件なので、直近の健康診断結果の送付と対面でのコチニン検査が必要で若干手間と時間はかかりますが最初の一度きりだけなのでそこは我慢。

それより大変なのはこれまで加入していた保険の解約手続きの方。外資系のアクサダイレクト生命はネットでサクっと解約出来たのですが、もう一方の某メット○イフは「簡単には解約させねぇぞ。」って姿勢が見え見え。解約書類請求の電話の対応も送られてくる書類の書き方も悪意に満ちていてもれなく嫌な気持ちになります。早く潰れればいいのに。

今回の見直しにより年間15,000円程度の節約になる予定。微々たるものですがチリも積もればなんとやら…です。

VANGUARDのトラベル三脚『VEO 2 264AB』を購入

VANGUARD トラベル三脚 VEOコレクション アルミ 4段  小型 自由雲台 キャリングケース付き 155cm VEO 2 264AB三脚部だけで実測800gと軽く十分な最伸高も備えていることから旅のお供として重宝している『SLIK スプリントPRO GM』ですが、調子にのってしっかりめの雲台に変えるなどしたところ登山に携行するには微妙な重たさになってしまったうえ、重心も高くなり不安定さが増大する結果に…。

一括りにトラベル三脚といっても、重量との兼ね合いからある程度の割り切りを許容出来る「山行用」と確実に役目を果たすことが期待される「旅行用」を両立させようということに無理があると今更ながら気がついたので、次の旅行に向け少ししっかりしたトラベル三脚を調達することにしました。

10数年前はトラベル三脚なんて言葉自体一般的ではなく小型・軽量である程度しっかりした物というとスプリントPRO以外にあまり選択肢はありませんでしたが、ここ数年各社から様々な製品がリリースされてきたため現在は種類も豊富。ネットである程度下調べは行ったもののこればっかりは実際に手に取ってみないと分からないので、カメラ量販店の売り場をハシゴして悩んだ末に購入したのがVANGUARD(バンガード)社の『VEO 2 264AB』。

VANGUARDは台湾発の新興カメラアクセサリーメーカーで欧州を中心に高い評価を得ているようですが、国内ではいかんせん知名度が低く情報が絶対的に不足しているようなので簡単ながらファーストインプレッションを記しておくことにします。

自動車保険の更新 ~チューリッヒ 7年目~

チューリッヒの自動車保険を更新。

インプレッサ G4は2018年分の車両料率クラス改定により対人と車両保険のクラスが下がったため、昨年に比べ保険料が大きく値下がり。その分保険内容や特約を充実させようにも既にフルフルに近い状態なので昨年とほぼ同じ条件で更新し保険料は53,950円也。

ノンフリート等級は既に上限(20)に達してしまっているので、今後は料率クラスだけが保険料を左右する要素になりそうです。

1 2