玄人志向のNAS組み立てキット『玄箱』(クロバコ)を購入

玄人志向 NAS 組み立てキット 玄箱シリーズ KURO-BOX別途用意したハードディスクをユーザー自身が組み込んで使う玄人志向のキット型NAS製品『玄箱』。

PCのアップグレードなどで要らなくなったハードディスクを有効活用出来るソリューションとして自作ユーザーを中心に関心が高く2月の発売開始以来入手困難な状況が続いていますが、仕事帰りに立ち寄ったヨドバシカメラで陳列中の同機を発見。迷うことなく1台入手しておきました。

実売で15,000円をきる比較的入手しやすい価格に加え、コンパクトで低消費電力なファイルサーバが欲しいと常々考えていたわたしにとっても発売当初から気になる存在でしたが、九州までは当面商品は回って来ないだろうと予想していただけに嬉しい誤算です。

玄箱をお試し

玄箱は玄人志向ブランドを提供するバッファローの『LinkStation HD-LANシリーズ』をベースにしているようで、筐体(ガワ)に関しては色が異なるのみでサイズは同じ。一説によればLinkStationの筐体を黒く塗り直す手間がかかるために供給が追い付いていないのだとか…。

マルミ光機のDHGレンズフィルター

MARUMI カメラ用 フィルター DHGマクロ367mm クローズアップ用 フィルター 64118その昔、なけなしのバイト代をはたいて中古の望遠レンズを購入したり知人に頼みこんでマクロレンズを譲ってもらうなどして複数の交換レンズを所有していた時代もありましたが、保管状態が悪くカビで駄目にしてしまって以来基本キットレンズ一本で遣り繰り…。

遠征山行に合わせて広角レンズを短期レンタルするなどしていたものの以前の経験がトラウマで新規所有を控えてきたのですが、先日Nikon D70 レンズキット』を入手したのを機に「レンズ欲しい病」が再燃。

さっそくレンズカタログを眺めていますがD70購入直後でさすがに懐具合が厳しいので、ひとまず現在のキットレンズ『Nikon AF-S DX Zoom Nikkor ED 18-70mm F3.5-4.5G(IF)』での撮影の幅を広げようと思いマルミ光機のマクロフィルタ『DHG マクロ3』と風景撮影に欠かせないPLフィルタ『DHG サーキュラーP.L.D』の2枚を購入。

『Nikon D70』を購入&レビュー【更新:作例追加】

Nikon D70 デジタル一眼レフカメラレンズキット [AF-SDX ズームニッコールED18-70 F3.5~4.5G(IF)セット銀塩カメラ『Nikon U』の調子が悪くなったため『Nikon F80』あたりへの買い替えを検討していたのですが、冷静になって周囲を見回すと市場はいつの間にやらデジタルカメラ一色。

天邪鬼な性格なので敢えて銀塩に拘りたい気持ちもありましたが、嫁に財布の紐を握られている立場からするとフィルム代や現像代などのランニングコストがかからないデジタル化の利点は大変魅力的。また、アナログに固執したところで将来フィルムの調達が困難になるのは火を見るより明らかだし、撮った画像をその場で確認出来るデジタルカメラの方が撮影スキルも向上するだろうとの判断から、このタイミングでデジタル一眼レフカメラへ移行することにしました。

さっそくU本体とキットレンズ『Nikon AF Zoom Nikkor 28-80mm F3.3-5.6G』を下取ってもらい、代わりに手に入れたのは巷で話題の『Nikon D70』とDXフォーマット専用レンズ『Nikon AF-S DX Zoom Nikkor ED 18-70mm F3.5-4.5G(IF)』がセットになった『Nikon D70 レンズキット』。

記録媒体として1GBのSanDisk製コンパクトフラッシュ『SDCFB-1000-801』とマルミ光機の保護フィルター『DHG レンズプロテクト(67mm)』まで同時に買い揃えたため懐には寒風が吹きすさんでいますが、変化とは痛みを伴うものだと思い奮発しました。

移転に伴う過去ログ整理

移転に伴いこれ以前の古い記事は削除させて頂きました。

今後もちょっとだけみなさんのお役に立つかもしれない情報からどうでもいい呟きまでマメに綴っていく予定ですのでよろしくお付き合い頂ますようお願いいたします。