インプレッサ G4にミシュラン『パイロットスポーツ4』を装着

我が家のインプレッサ G4もそろそろタイヤの換え時。

ひび割れたDUNLOP SP SPORT 2050 - インプレッサ G4にミシュラン『パイロットスポーツ4』を装着

スリップサインまであと1.0mmほどあるので気を付けて運転すればもう半年使えなくもないのでしょうが、ひび割れもだいぶ気になりますし、来春の車検にあわせた車の買い替えも見送ることを決めたので早めにタイヤ交換することにしました。

MICHELIN(ミシュラン)PIROT SPORTS(パイロットスポーツ)4 205/50ZR17XL 704370新しいタイヤはミシュラン一択。以前、セリカに履かせていた『Pilot Preceda PP2』で抜群のウエット性能とスポーツタイヤらしからぬ静粛性、高速走行時も振動が少なくゴムも長持ち…というブリヂストンやダンロップがどんなに頑張っても真似の出来ないクオリティに感動を覚え「次もミシュラン」と心に決めていたのです。

もともとG4に装着されていたのはSP SPORT MAXXをベースとするダンロップの新車装着用タイヤ「SP SPORT 2050」。ダンロップにしてはかなり長持ちしましたが、高速走行時のロードノイズがとにかくウルサイのが難点でした。これに代えて新たに装着するのはミシュランの新世代コンフォートスポーツタイヤ『Pilot Sport 4』(以下「PS4」)。普段乗りの快適さとスポーティな走りを両立させた『Pilot Sport 3』(以下「PS3」)の後継にあたる製品です。

購入・交換は以前お世話になったミシュランタイヤを取り扱うプロショップにお願いするつもりだったのですが、見積り額が想定をだいぶ上回っていたので方針転換。Amazon.co.jpでタイヤを購入し、同社がオートバックスや宇佐美石油などと提携して行っているカー用品の取付・交換サービスを利用することにしました。

ISOFIX対応車にISOFIX非対応のチャイルドシートをしっかり固定する

チャイルドシート用固定コネクター ISOFIX対応シートベルト固定 ISOバー搭載車用 車専用 チャイルドシート固定ベルト ◇CHILD-BELT我が家の車の後部座席に取り付けているレカロ社製のチャイルドシート『RECARO Start H1』はISOFIX非対応。

そもそも購入当時に乗っていたセリカには専用アンカーが装備されていませんでしたし、ISOFIXに対応するチャイルドシートもほとんど売られていなかった(今現在も普及しているとは言えませんが…)のでシートベルト固定式の製品を選ぶほかなかったわけですが、いくら国が規定する最低限の安全性が確保されているとはいえ座面の上にただ置かれているだけの状態に近いブースターモードやジュニアモードでの使用には強い不安を覚えます。

想定外の角度で追突されるとシートベルトの内側で大きく移動して子供の体を強く圧迫しかねませんし、子供が乗っていなくとも空のチャイルドシートが強い衝撃で吹き飛ばされれば車内を飛び交う凶器になる可能性も否定出来ません。

こうしたことから本来のシートベルトによる固定に加え別の手段も併用し後部座席にしっかりと据え付ける対応を施すことにしました。

ISOFIXに対応していないチャイルドシートもISOFIXで固定

日本国内に於いては2012年7月以降に新車発売された車両にはISOFIX対応が義務付けられたこともあり、うちのインプレッサ G4も当該規格に準拠したアンカー(固定金具)が用意されています。そこで目をつけたのが『ISOFIX対応 チャイルドシート固定ベルト』。

161003_isofixbelt - ISOFIX対応車にISOFIX非対応のチャイルドシートをしっかり固定する

コネクタとベルトで構成された「ISOFIX対応の汎用固定補助具」といった類の商品。従来は専用のチャイルドシートに買い替える以外にISOFIXを利用する術はありませんでしたが、ISOFIXのアンカーを備えた車両でこれを利用すれば従来型のチャイルドシートもしっかり固定することが出来る…という、これまで有りそうで無かったアイテム。

非金属タイヤチェーン『バイアスロン・クイックイージー』購入

カーメイト(CARMATE) 簡単装着 BIATHLONシリーズの決定版 非金属タイヤチェーン バイアスロン・クイックイージー ブラック QE11山登りで雪山に赴く際の備えとして我が家のインプレッサ G4が履いている純正タイヤ(205/50 R17)に適合するCARMATE社製の非金属タイヤチェーン『バイアスロン・クイックイージー』(QE11)を購入しました。

以前乗っていたセリカでは旧モデル『バイアスロン・アスリート』使用していましたが、ピンの数が増えたりパターンが変わったくらいで素材や構造、取付方法などに変化はない模様。保管用ケースの色や形状、取付方法を説明したDVDの有無などパッケージングに変化はあれど基本的には価格維持を目的にマイナーチェンジされた商品のようです。

非金属タイヤチェーン『バイアスロン・クイックイージー』購入

とはいえ、タイヤチェーンとしての性能はセリカで確認済み。非力な車ながら勾配のある雪の山道を無事に走破してきた実績があるので信頼はおけます。現在乗っているAWD(四駆)仕様のインプレッサとの組み合わせとなればより一層安心感も増そうというものです。

インプレッサ G4のセーフティチェック (18ヵ月目)

インプレッサ G4を18ヶ月目のセーフティチェックに出してきました。ここまでの走行距離は14,764km。

点検パックの18ヶ月目のメニューに含まれないオイル交換だけ別途お願いしたのでその分約4,800円だけ費用が発生しましたがこればかりは致し方ありません。半年に1回はオイル交換しとかないとエンジンまわりにダメージが蓄積されやすくなりますからね。

なお、今回は最近気になっていたトランク開閉時の異音と走行中の振動でメーターバイザー付近がビビっていたのもあわせて対応してもらいました。トランクの方はケーブルの遊びが大きくカプラーがボディに当っていたのが原因だったようで結束しなおしてもらい無事に解消。メーターの方は布テープで遊びを調整してもらったのでこれでしばらく様子を見ることに。

以前のセリカは購入から1年も経たないうちにクリア塗装の浮きやボディのヘタりが気になりはじめましたが、G4はそんなこともなく丈夫そのもの。今後も元気に活躍して欲しいものです。

自動車保険の更新 ~チューリッヒ 3年目~

チューリッヒから自動車保険の更新案内が届いていたので忘れないうちにネットで更新手続きを済ませておきました。

春にセリカからインプレッサ G4へと車を乗り換えたため予想はしていましたが、保険料は昨年契約時より若干アップしてました。

事故率の軽減に繋がるEyeSight等のプリクラッシュセーフティシステムを搭載した車は保険料を割引いてくれてもよさそうなものですが、それには保険商品の監督を行う金融庁の認可が必要らしく保険会社の判断だけでは動けないとのこと。保険料の軽減を認めるに値するだけの安全性があるのか確認する必要があるという理由で認可が先送りされているようですが、普通に考えると国交省が認可して車両への搭載を認めた時点で安全性は担保されているはずでは…?

これぞ縦割り行政、日本のお役所仕事ってやつですね。まったく。

トヨタのメンテナンスパック解約手続き

今夕、トヨタカローラ店からセリカで加入していたメンテナンスパックによる点検の案内の電話がありました。

G4への乗り換えの伴いセリカは4月に手放しているのでその旨を伝えると、中途解約の申請書に記載に来て貰えれば幾らか返金出来ますということだったので外出ついでに手続きをしてきました。

130630_dissolve - トヨタのメンテナンスパック解約手続き

解約の申請書類に認印を押印のうえ住所・氏名と返金の振込み先口座を記載して手続き完了。来月の中旬頃に3,600円ほどが振り込まれるそうです。

1 2 3 4 5 16