タグ: 玄箱

2.5インチHDD搭載で玄箱をネットラジオ端末化

コンパクトで低消費電力なファイルサーバとして活用すべく購入した玄人志向のNAS『玄箱』ですが、共働きで平日昼間は自宅に誰も居ないうちのような個人宅に於いて24時間365日稼動させておくというのはどんなに消費電力が少ないとはいえ電気代が気になってしまいますので、最近はもっぱらUSB接続のハードディスクばかり利用しているような状況です。

とはいえ、ただ埃をかぶらせておくのも勿体ないのでDebian化したうえでmplayerを導入しネットラジオ再生専用端末に仕立てようとしたものの現在載せているWestern Digital製HDD『WD Caviar WD1600(WD1600BB-00GUA0)』の容量160GBはさすがに持て余すと思い躊躇していたのですが、昨日引退させたNECのノートPC『Lavie L LL700R(PC-LL700R74DR)』から取り出した2.5インチのハードディスクがまだ使えそうだったのでこちらを玄箱で使ってみることにしました。

記録型DVDドライブ『DVR-ABP16ABK』を購入

I-O DATA DVR-ABP16ABK ATAPI対応 DVDデュアルドライブデジタルカメラで撮影した画像や各種プログラムのバックアップには外付けハードディスクや『玄箱』を利用していますが、落雷や急な停電でデータが全滅…なんて事態が起こらないとも言えないので念のためCD-Rにも焼いて保管するようにしています。

しかし、昨年『Nikon D70』を購入したことで状況が変化。デジタル一眼レフのRAWデータは1枚あたりの容量が大きく、一度に撮影する枚数も銀塩時代とは比べ物にならないのでCD-Rの枚数が嵩んでしまって管理が大変なことになりつつあったので二層式にも対応した書込み式DVDドライブの購入することにしました。

ちょっと気になるMac mini

この1ヶ月間、多忙を極めた仕事もようやく落ち着いてきたのでIT関係のニュースをまとめ読み。その中でちょっと気になったのがAppleから発売された『Mac mini』。写真やレビューを見る限り、大きさは外付けの光学ドライブやネットワークストレージの玄箱よりちょっと大きい程度かと思われます。WindowsとLinuxをメインに扱っている自分にとってクライアントとしての利用には興味ありませんが、Linuxをがインストール出来て家庭内サーバとしての稼動に耐えうるようであれば気になる存在。CDやインターネットラジオの再生に特化させてメディアプレーヤー端末として利用するのもいいかもしれません。

消費電力やファンの騒音の実測値がどの程度かも含めて少し情報を集めてみることにします。

ハードディスクの突然死

昨夜、『Nikon D70』で撮り貯めたRAWデータを現像しているとPCが突如挙動不審な動きを始めました…。

不定期にハードディスクがフル回転を繰り返し一切の操作を受け付けなくなるといった感じでウイルス感染も疑われたため慌ててLANケーブルを抜くなどして様子を見ていましたが、ほどなくブルースクリーンが表示され次の瞬間勝手に電源が落ちてしまいました。

恐る恐る電源を入れなおしてみたものの、OSの起動プロセスに遷移するタイミングでコケているようで無限に再起動を繰り返すような状態。念のため最近替えたばかりの電源を古いものに戻してみたり、WindowsのCD-ROMからブートして修復を試みても改善は見られません。

起動ディスクを使ってDOSを起ち上げてみるとCドライブの存在はきちんと認識出来ている模様。不思議に思いながら何気にDIRコマンドを叩いた瞬間、ハードディスクから聴き慣れない異音が響き画面には延々とエラー表示が…。

うーん、HDDが壊れたみたい。(涙)。

玄人志向のNAS組み立てキット『玄箱』(クロバコ)を購入

玄人志向 NAS 組み立てキット 玄箱シリーズ KURO-BOX別途用意したハードディスクをユーザー自身が組み込んで使う玄人志向のキット型NAS製品『玄箱』。

PCのアップグレードなどで要らなくなったハードディスクを有効活用出来るソリューションとして自作ユーザーを中心に関心が高く2月の発売開始以来入手困難な状況が続いていますが、仕事帰りに立ち寄ったヨドバシカメラで陳列中の同機を発見。迷うことなく1台入手しておきました。

実売で15,000円をきる比較的入手しやすい価格に加え、コンパクトで低消費電力なファイルサーバが欲しいと常々考えていたわたしにとっても発売当初から気になる存在でしたが、九州までは当面商品は回って来ないだろうと予想していただけに嬉しい誤算です。

玄箱の概要

玄箱は玄人志向ブランドを提供するバッファローの『LinkStation HD-LANシリーズ』をベースにしているようで、筐体(ガワ)に関しては色が異なるのみでサイズは同じ。一説によればLinkStationの筐体を黒く塗り直す手間がかかるために供給が追い付いていないのだとか…。