タグ: 8460w

サンディスク エクストリーム SDHC UHS-Iカード

Sandisk Extreme SDHC 32GB HD Video Class10 45MB/s x300 UHS-1対応並行輸入品 パッケージ品愛用のデジタル一眼レフカメラ『Nikon D300S』はコンパクトフラッシュ(CF)とSDカードの双方を使用できるダブルスロットを搭載していますが、これまではCFスロット側にのみ16GBのコンパクトフラッシュ『サンディスク エクストリーム コンパクトフラッシュ(海外パッケージ)』をセットして使用していました。中~上級クラスのデジタル一眼レフカメラを使用する人間がCFカードに比べて信頼性と耐久性で劣るSDカードをわざわざ使用する理由も思いつかないのですが、万が一CFカードにトラブルが発生した際のバックアップとして、またSDカードスロット内の端子の腐食に起因した本体のトラブルを未然に防ぐことも期待してSDカードを購入。

購入したのは32GBのSDカード『サンディスク エクストリーム SDHC UHS-Iカード(海外パッケージ)』。国内流通品である『サンディスク エクストリーム SDHC UHS-Iカード』との違いは永久保証と日本語による説明書きの有無だけで中身は同じものですが値段は半額以下。国内流通品には永久保証が付くといってもこの手の製品はどうせ数年で容量が相対的に小さくなってしまい引退させざるをえず実質的に意味がないのが現実。実態は日本法人によるマージンが上乗せされているだけ…という大人の事情を解していれば海外パッケージ品を選ばない理由はありません。

「HP Power Assistant」で音飛び発生

先日修理から戻ってきた『HP EliteBook 8460w Mobile Workstation』ですが、修理に出す前から気になっていたMP3再生時の音飛びが直っていません。ちょうど本体の動きがおかしくなりはじめた5月末頃にはじめて確認した現象だったので、てっきり今回の修理で交換となった基板の不具合に起因するものとばかり思っていたのですがどうやら違った模様。

念のため自分でインストールした常駐アプリのうち負荷の高そうなウイルス対策ソフトなどを一通りOFFにしてみましたが改善は見られず。ドライバやBIOS類はすべて最新だし、念のためドッキングステーションやマウスなどの周辺機器をすべて外してみても変化なし。途方に暮れて参考になりそうな情報をググっているとうちの8460wとほぼ同時期に発売されたHPの別機種に関する某掲示板のスレッドの中に5月後半からわたしと同様の音飛びに関するやりとりが行われているのを発見。症状はもちろん、発生時期も同じようなことからその中の記述を参考に「HP Power Assistant」をアンインストールしてみると…一発解消しました!!

HP EliteBook 8460wにトラブル発生【更新:修理完了】

昨年末に購入した『HP EliteBook 8460w Mobile Workstation』にトラブル発生。

端末が一切の操作を受け付けなくなってしまったり、音楽を聴きながら作業していると激しく音飛びしたり…と先週頃からおかしな兆候はあったのですが、昨日使用中に充電が出来ない状態に陥りバッテリー切れとともに動かなくなってしまいました。

ACAアダプタを代えてみたり、バッテリーをはずした状態でも起動しないことから内部基板に何らかのトラブルが発生している可能性が高いと判断しHPに連絡して修理を依頼。明日の午前中にも配送業者が自宅まで端末を回収にきてくるそうです。

大切なデータはまめにバックアップをとっているので問題ないのですが、しばらく端末が使えなくなるのは困るなぁ。早く帰ってこいよー。

2012年06月12日追記修理完了

メーカー修理に出していた8460wが帰ってきました。

HPから事前にシステムボード(内部基板)の交換を行う旨の連絡があったので、おそらくは基板上の電源に関わる実装に何らかの障害があったものと想像されます。

基板交換によりBIOSに登録していた指紋情報も消えてしまったため、パスワードでログインしてから指紋を登録しなおす手間こそかかりましたが他に問題は見当たりませんでした。ハードディスク内のデータもそのままの状態だったので、新たにリカバリしなおす必要もなく助かりました。(TPM対応のセキュリティチップによるHDDの暗号化は使ってないので。)

客先納品分も含めこれまでにHPのノート端末は何十台と触ってきましたが、この手のトラブルは今回が初めて。再発しないことを願います。

サンディスクのUSB3.0対応リーダー/ライター

サンディスク イメージメイト オールインワンUSB3.0リーダー/ライター(SDDR-289-J20)サンディスク製のリーダー/ライターの新製品『サンディスク イメージメイト オールインワンUSB3.0リーダー/ライター(SDDR-289-J20)』を購入しました。これまで使ってきたアイ・オー・データ製のリーダー/ライター『USB2-W12RW』は購入当時こそかなり高速な部類に入る製品でしたが、その後に登場した高速規格に対応していないせいでの大容量メディアの読み書きにストレスを感じることが多くなってきたので買い替えた次第です。

白いツヤのある本体に金属製のスタンドとUSB3.0対応ケーブル付き。対応メディアはSD、miniSD、microSD(HC・XC・UHS-I)カード、MMC、メモリースティック(PRO・PRO-HG・Duo)、コンパクトフラッシュ(UDMA7)までと現行の最新規格をほぼ網羅。USB3.0による転送速度はもちろん、メモリーカードのトップブランドであるサンディスク製ということもあり信頼性にも十分に期待ができます。

120111_SDDR-289-J20

ということで、はじめて購入したUSB3.0規格の周辺機器ということでどの程度の性能を見せてくれるのか楽しみにしつつ、転送速度を確認してみました。

来年年欲しい主なデジモノ

2011年も今日を含めてあと5日。今年は3月に発生した東北大震災やその後の原発事故の影響を受けてかクリスマスや年末・年始に向けた街の浮かれ具合も控えめな気がします。いまだに沢山の方々が仮設住宅で不自由な暮らしを強いられている現状を見ればこうした状況も致し方ないのかもしれませんが、来年の今頃はみんながハッピーで居られればと切に願うばかりです。

さて、本日は一昨年、昨年に続き「来年欲しい主なデジモノ」。2011年に欲しいものとしてリストアップしていたもののうちPCは10月に『HP EliteBook 8460w Mobile Workstation』を、AVアンプは1月に『DENON AVR-3311』を、またデジタル一眼レフも1月に『Nikon D300S』を購入して目的を達成。その次にリストアップしていたWi-FiルータはGalaxy S(SC-02B)をroot化してテザリング開放したことで不要になったので、次回分への繰越しはクラビノーバのみ。ここ2年間ほどでいろいろなものを一気に買い揃えたため買い替え需要を除けば欲しいデジモノが少なくなっている現状ですが、人間欲なくしたら老け込むだけなので今回も頑張ってリストアップしてみました。

Capture NX2に64bitネイティブ対応アップデート

Capture NX 2ニコンのデジタルイメージング用アプリケーション『Capture NX2』の最新アップデータが公開されました。

バージョンは2.3.0で一番のトピックは64bitネイティブ対応。これにより64bit環境のWindows 7やVistaでは搭載メモリを最大限に活用することが可能となりパフォーマンスの向上が期待できます。これで『HP EliteBook 8460w Mobile Workstation』に搭載した8GBのメモリがようやく有効活用できそうです。

その他、新機能追加や不具合の修正等も併せて行われています。