タグ: 8460w

ThinkPad SL300の光学ドライブ換装

BUFFALO Boostケーブル搭載 ポータブルDVDドライブ ブラック DVSM-PC58U2V-BK嫁が使用しているThinkPad SL300は光学ドライブにDVDメディアの書き込みに対応していない松下製『UJDA782』を採用しており、単独で大きなデータのバックアップが出来ず不便に感じる機会が増えてきたためドライブの換装を計画。当初はバルク品の購入を考えていたのですが、先日よりわたしが使用している『HP EliteBook 8460w Mobile Workstation』に付属するRoxio製のライティングソフト『Secure Burn』が非常に使い辛くこれの代わりとなるソフトもちょうど欲しかったので、それぞれを個別に揃えるよりセットで入手した方が安上がりだと思い『Power2Go』がバンドルされたBuffaloのポータブルDVDドライブ『DVSM-PC58U2V』を購入しました。

『DVSM-PC58U2V』はUSB接続の外付けドライブですが、ノートPCで使われる一般的なスリムタイプの光学ドライブをケースに入れただけ…のはずなので、これを分解しドライブを取り出してSL300で使おうという魂胆。この手の製品では稀に特殊な接続方式だったり独自規格のベゼルを採用したドライブが使われていることがあるので事前に採用ドライブの情報を探ってみたもののメーカーや型式は不明なままでしたが、この製品に限っては価格や本体サイズを考えるとそうした危険は少なそう。分解してみて問題がなければSL300のものとサクっと入替えようと思います。

それではさっそく分解…の前に、このポータブルDVDドライブを購入しようと思われてる方のために簡単なレビューをば。

HP EliteBookの輝度調整ボタンが効かなくなった場合の対処法

先日購入したHPのモバイルワークステーション『HP EliteBook 8460w Mobile Workstation』ですが、環境移行も無事完了しメイン端末として順調に稼動しております。はじめての触れるWindows 7機ということでXPとの違いに若干戸惑う面もありますが、RAW画像の現像などの際に痛感させられる以前の端末との段違いの性能差には思わずニヤリとさせられます。

さて。そんな8460wですが、環境構築段階でWindows 7のSP1を適用したり、「HP Support Assistant」でドライバ類の最新化をやっているうちにいつの間にか”Fn”+”F9″キーでの輝度Down、”Fn”+”F10″キーでの輝度Up、”Fn”+”F11″キーでの自動輝度調整のON/OFFといった操作を受け付けなくなっていました。

111103_hotkey

“Fn”+”F7″での音量調節などは問題なく効いており”Fn”キーが壊れているというわけではなさそう。

ノートPCのACアダプタをタップに直結

ELECOM 電源プラグ ノートパソコンACアダプタ直結用 3pin-2pin 垂直 T-PCAD32V先日HPのモバイルワークステーション『HP EliteBook 8460w Mobile Workstation』とともに購入しておいた『HP 90Wドッキングステーション(VB042AV#ABJ)』ですが、先日も書いた通り普段自分の机でだけ使用するような外部スピーカーやモニターなどを全てドッキングステーション側に接続しておけるうえ、本体の充電もドッキングステーションを経由して行えるので移動の際に一切ケーブルを抜き挿しする必要がないので大変重宝しています。

また、このドッキングステーションには8460w本体に付属するものと同等のACアダプタが付属しており、移動先用としてアダプタを追加購入せずに済む点もドッキングステーションを購入するメリットになります。

HP EliteBook 8460wがやってきた!

3年ほど前からPCの買い替えを検討していたものの納得のいく仕様を備えた端末が見当たらず先送りを続けていたのですが、HP製ノートPCの中でも最上位グレードにあたるEliteBookシリーズの14型モバイルワークステーション『HP EliteBook 8460w Mobile Workstation』にビビビと来たので思い切ってオーダー。

酸化アルミニウムとマグネシウム合金で構成された堅牢ボディに高い性能と信頼性を詰め込んだワークステーションなだけあって価格は当初20万円を超えていましたが、たまたまキャンペーンが始まってCPUにCore i7-2630QM、メモリ8GB、Blu-Rayドライブ、500GBのハードディスクという豪華な構成にドッキングステーションまで付けて約15万円と相当お買い得になっていたのでこの機を逃す手はない、とばかりに飛びつきました。

組み立てを行っている中国が国慶節の連休に入ってしまった影響で注文から納品までに3週間ほど要しましたが本日無事到着。

HP EliteBook 8460wの梱包

ドッキングステーションを同梱しているせいかノートPCにしては大きめの梱包。

最近子供がなかなか寝付いてくれずあまり触れていませんが、自宅の端末の買い替えはほぼ7年ぶりということでテンションもMAXなの頑張ってレビューしておくことにします。

スペック詳細

『HP EliteBook 8460w Mobile Workstation』はHPのビジネス用ノートの最上位グレードにあたる”EliteBook”シリーズに属するモバイルワークステーション端末です。

近年、PCに用いられるパーツの汎用化や高性能化がすすんだことで一般的な端末とワークステーションの違いが曖昧になりつつありますが、現状では搭載されるGPUの違いによって線引きされるケースがほとんど。

一般的なPCが必要最小限の性能しか備えていないオンボードのグラフィックやNVIDIAの「GeForce」、AMD(旧ATI)の「Radeon」などといったDirectXに最適化されたいわゆる”ゲーム向け”なGPUを搭載しているのに対し、ワークステーションは映像や画像の編集、CADのアプリケーションで多用されるOpenGLに最適化された「Quadro」や「FirePro」などといった”プロフェッショナル向け”のGPUを採用するのが通例。

8460wもその例に漏れずFireProを採用していることから、デジタル一眼レフカメラで撮影したRAW画像の現像などに於いて高い信頼性と優れた作業効率が期待できます。

『HP Compaq Business Desktop dx6100 ST/CT』引退

先日注文しておいた『HP EliteBook 8460w Mobile Workstation』が明日にも到着する予定なので、約7年に渡り使い続けてきたデスクトップ端末『HP Compaq Business Desktop dx6100 ST/CT』を撤去しました。

ノートPCへの移行に伴いキーボードやイーサネットコンバータ『Aterm WL300NE-AG』が不要になりこれらを取り除くと机の裏の配線もスッキリ。液晶モニタ『HP LP2475w』は外部ディスプレイとして今後も利用しますが、8460wではDisplay Portケーブルでの接続が可能になるためこれまでのDVIより配線の取り回しも楽になりそうです。

撤去したdx6100 ST/CTは知人の事務所に引き取られ事務用端末として余生を送ることになっています。長い間お疲れ様でした。