タグ: nasne

宅内アンテナ配線の見直し

日本アンテナ 屋内用2分配器 ダイキャスト型 BS・110°CS対応 全端子電流通過型 CD-2P-SP現在わたしが住んでいる建物(賃貸)は地デジ対策として一昨年にJ:COMのアンテナ線が引き込み工事が行われ、もともと屋上に設置してあったBS/CSアンテナの電波と混合したうえで各戸に分配されています。

J:COMから送られてくる地上波にはFM波も含まれているためデノンのAVアンプ『AVR-3311』に接続することでノイズを気にせずFM放送を聴くことが出来て便利なのですが、同じローボードに設置しているテレビ『VIERA TH-L37D2』を含めた2台でリビングの壁にある2つのアンテナ端子を占有している状態。このため先日購入したUNIDEN(ユニデン)のデジタルハイビジョンチューナー『DTH310R』を録画用にリビングで使用する場合、わざわざアンテナ線を繋ぎ変える必要があるほか、来月には予約済みのデジタルレコーダ兼ネットワークHDD『nasne (ナスネ)』(CECH-ZNR1J)もやってくるので今のうちにアンテナの配線を見直す必要があると判断して日本アンテナ製の2分配器『CD-2P-SP』を購入しました。

『CD-2P-SP』はダイキャストボディで全通電型の分配器。うちは共用アンテナなので現状全通電である必要は無いのですが、数年のうちに引っ越しも考えていますので先々使いまわしが効くようこちらを選択しました。

不用品処分2012 第1段

ほとんど使用されなくなるなど我が家に於いてその役目を終えたアイテムが貯まってきたのでそれらを一旦整理することにしました。

まずはPlayStation 3関連から『torne (トルネ)』。

地上波専用のtorneは昨年までF1中継録画用として使っていたものの今年から同中継がBSに移り活躍の機会を失ってしまったことに加え、7月には『nasne (ナスネ)』の発売も控えている(Amazon.co.jpで予約済)ことからお役御免。

さらに1年以上まったく手をつけていなかったPlayStation Move関連の『PlayStation Move スターターパック』、さらにMove用のオプションコントローラである『PlayStation Move ナビゲーションコントローラ』とMove専用ソフト『スポーツチャンピオン』もドナドナ。

Move自体はすごく面白かったのですが、体全体を使ってプレイするため狭い日本のリビングでは少々扱い辛かったのと昨年子供が生まれてからゆっくりプレイする時間もなくなってしまったことから一緒に処分してしまいました。

さらにPlayStation 3本体購入時に別途手配しておいたワイヤレスコントローラ『DUALSHOCK 3』もあわせて処分。

2P対戦や本体付属のDUALSHOCK 3がヘタった時のことを考えて入手しておいたのですがいまだ未開封。このまま放っておくとバッテリーがダメになってしまうだけなので一旦手放すことにしました。まぁ、必要になったらその時に買い直せば良いかと。

次いでオーディオ機器。一昨年から昨年にかけて行った我が家のAV環境刷新に伴い古い機器は少しづつ処分してきましたが、残ったもののうちINTEC205シリーズのチューナアンプ『ONKYO R-805TX』とユニバーサルプレーヤー『ONKYO DV-SP205』、ブックシェル型スピーカーの『ONKYO D-092TX』は知人に譲渡。トールボーイ型の『ONKYO D-057F』もオーディオショップに売却して我が家からオンキヨー製品を一掃。

オンキヨーは近年の行き過ぎたコスト偏重の姿勢から品質に問題を抱えており、価格に見合った音が出せない商品ばかりになってしまったので当分お世話になることはないでしょう。

NETGEAR ProSafe ギガビットイーサネットスイッチ GS108

NETGEAR GS108v3 8ポート ギガビットスイッチングハブ (省電力製品) GS108-300JPS (本体ライフタイム保証)リビングのローボードに設置しているAV関連機器のネットワークはこれまでLogitec製の5ポートハブ『LAN-GSW05/PAB』を介して接続していたのですが、1ポートはルータとの間の接続、そのほかテレビ『VIERA TH-L37D2』、AVアンプ『AVR-3311』、ユニバーサルプレーヤー『DBP-1611UD』、さらに『PlayStation 3』と接続しており既にポートがいっぱいいっぱい。このままでは7月発売予定で既に予約済みの『nasne (ナスネ)』(CECH-ZNR1J)をここに設置することが困難なので、今のうちにポート数が多く信頼性も高いハブへ変更することにしました。

で、新たに購入したのがNETGEARの『ProSafe 8ポート ギガビットイーサネットスイッチ GS108』(GS108-300JPS)。これまで使っていたLogitecの製品をはじめBuffaloやI-O DATAなどからリリースされている家庭用のライトユース向けネットワーク機器は価格優先で性能や安定性に劣るRealtek製チップを採用しているため今回はパス。評判の良いBroadcom製のチップ「BCM53118KQLEG」を採用したビジネス用途向けの製品をチョイスしました。

nasne(ナスネ)を予約

病院嫌いのうちの嫁が先週頭から風邪をひいており「自然治癒で治す!」と豪語していたのですが、わたしと息子が揃って感染されて重病化し今週前半は2人揃ってダウンしてました。息子の方はまだ痰が絡んだような咳をしてますがだいぶ元気になって部屋の中で遊びまわってますが、わたしはまだ全快には程遠く激しい腹痛と喉の痛みを抱えながらも無理やり仕事に出ているような状況。季節の変わり目ですので皆様も体調管理にはお気をつけくださいませ。

nasne (ナスネ) (CECH-ZNR1J)【メーカー生産終了】閑話休題。先日ソニー・コンピュータエンタテインメント(SCE)が発表した地上/BS/110度CSデジタルチューナと500GB HDDを内蔵したデジタルレコーダ兼ネットワークHDD『nasne (ナスネ)』(CECH-ZNR1J)の予約がAmazon.co.jpで始まっていたのでさっそく予約しておきました。

nasneの前身で2010年に発売された『torne (トルネ)』(CECH-ZD1J)はPS3を使って安価で快適な録画環境を構築できるアイテムとして人気を博しましたが地上波デジタルのみしか録画できない点がネック。我が家でもF-1中継の録画専用として昨年まで使っていましたが、今年からF-1中継がBSに移ってしまったためtorneを活用する機会が一切なくなっていたので今回発表されたnasneのようなBS/CS対応機器の登場を待ち焦がれていました。