タグ: NexusPlayer

Fire TV Stick 4KとWindows端末でXbox Oneコントローラーを使う

マイクロソフト ゲームコントローラー Bluetooth/有線接続/xbox one/Windows対応 PC用USBケーブル同梱 4N6-00003昨年末に『Fire TV Stick 4K』を導入したのに伴ってそれまで設置していた『Nexus Player』を撤去。併せて所有していた『Nexus Player用ゲームパッド』もろとも破棄してしまったのですが、たまにゲームを楽しんでいたうちの子供からの抗議を受けてFire TVシリーズやAndroid端末、Windows PCなどでも利用可能というMicrosoft純正の『Xbox コントローラー (Windows用 USBケーブル付)』(4N6-00003)を新たに購入。

子供がFire TV Stick 4Kで遊ぶだけならもっと安いやつでも良かったのですが、先日新調した新PC『HP Spectre x360 15-ch000』もdGPUに「Radeon RX Vega M GL」を搭載しており多少はゲームも楽しめそうなのでそちらでの活用も想定してのこと。

それではさっそく試してみましょう。

第2世代を圧倒する性能。Amazon『Fire TV Stick 4K』をレビュー

新登場  Fire TV Stick 4K - Alexa対応音声認識リモコン付属先日予約しておいたFire TV Stick 4K』が昨夕到着しました。

Googleからのサポート終了などを受け継続使用が難しくなってきた『Nexus Player』に代えて導入すべく購入したFire TV Stick 4K。2017年(米国では2016年)にリリースされた第2世代の『Fire TV Stick』の後継にあたる製品で、その名が指し示す通り4K解像度に対応した新モデル。

新しいSoCを採用することで80%以上のパフォーマンス向上などと謳うほか、Alexaに対応した新型リモコンが組み合わさったことで新たなユーザーエクスペリエンスを期待出来るガジェット好きにはたまらないデバイスとなっている模様。

Amazonのリビングルーム戦略の一翼を担うこのFire TV Stick 4Kをさっそく使ってみることにしましょう。

開封の儀

まずはパッケージ。Fireタブレットなど従来のAmazonデバイスと同様、お世辞にも高級感は感じられない簡素な作り。

Fire TV Stick 4Kのパッケージはローカライズ済

パッケージは日本市場向けにローカライズ済で、Prime VideoやNETFLIXと共にAbema TV、U-NEXT、dTV、GAYO!などの国内系動画配信サービスのロゴが上部に列挙されています。

12月発売予定の「Fire TV Stick 4K」を予約

新登場  Fire TV Stick 4K - Alexa対応音声認識リモコン付属4K/HDRや音声アシスタント「Alexa」への対応が謳われ、12月12日に発売が予定されているAmazonの新型Fire TV端末『Fire TV Stick 4K』を予約しておきました。

同種のデバイスとして現在『Nexus Player』を利用していますが、対応するアプリの少なさやスマートテレビの普及などもありイマイチ盛り上がりきれないままGoogleのサポート期間が終了。それ以後はAbema TVとSpotifyの視聴専用機として余生を過ごさせていましたが、相対的なスペックの低下で操作にストレスを覚えるようになってきたのでここらで代替えが必要と判断したわけです。

Google信者な自分としては次もAndroid TV端末を希望したいところですが、Nexus Playerの後継機が存在しない以上残る選択肢はFire TVシリーズしかない…ということでFire TV Stick 4Kを選んだ次第。

AIスピーカー『Google Home』がやって来た

AIスピーカーが相次いで日本導入されるのに合わせて『Google Home』を購入しました。

Googleの音声アシスタント機能はNexus等の一部端末でも5月頃から使えているので特に目新しさがあるわけでもなく、どちらかというとPixel2Lへの買い換えの為に用意していた資金が宙に浮いてしまいったので振り上げた拳の持って行き場に困り思わず注文してしまった…というのが正直なところですが今後発展の見込める分野の商品であることは間違いないでしょうし、API連携など開発者が弄れる要素も用意されるようなのでそれなりに楽しみではあります。

今回、Google Homeはビックカメラの通販サイトで購入。『Amazon Echo』と競合するせいかAmazon.co.jpでは取り扱わない方針のようなので、第二世代『Chromecast』が貰えるキャンペーンを実施していたビックカメラを利用した次第。

ビックカメラでChromecastが貰えるキャンペーン

リビングのテレビには既に『Nexus Player』が繋がっているのでChromecastを使う予定はありませんが、いずれ役にたつ日が来るはず…。多分。

Nexus Playerにadb接続 & スクリーンショットを撮る方法

Nexus PlayerのAndroid 8.0(Oreo)バージョンアップに関する先の記事の中で、画面のスクリーンショットを掲載しましたが「どうやった?」というお問合せを頂戴したので方法をご紹介。

adbコマンドを実行可能な環境さえあらかじめ用意されていれば、あとは何ら難しいことはありません。

  1. まずは[設定]-[システム]-[端末情報]より「ビルド番号」項目を連打して「開発者向けオプション」を有効化。
  2. [設定]-[システム]-[開発者向けオプション]内の「USBデバッグ」をONにする。
  3. PCとNexus PlayerをUSBケーブルで接続。USBデバッグの許可確認ダイアログが表示されたら「OK」で次へ。
  4. コマンドプロンプトより下記を実行。
    # ポート番号指定
    adb tcpip 5555
    # Nexus PlayerのIPアドレスを指定して接続
    adb connect 192.168.xx.xx

    うまく接続出来たらこのタイミングでUSBケーブルを抜いてしまって構いません。

  5. adb接続出来たら、コマンドラインでNexus Playerのスクリーンショットを撮ることが可能です。
    # スクリーンショットを撮影・保存
    adb shell screencap -p /sdcard/screen.png
    # 画像をローカルに落とす
    adb pull /sdcard/screen.png
    # 保存された画像を削除
    adb shell rm /sdcard/screen.png
  6. 用が済んだらdisconnectで切断。
    adb disconnect 192.168.xx.xx

Nexus Player以外のAndroid TV端末でも同じやり方が通用すると思います。

Nexus PlayerもAndroid 8.0(Oreo)にアップデート

このところ月例セキュリティアップデートの提供も遅れ気味だったNexus Playerですが、本日よりAndroid 8.0(Oreo)のOTA配信が開始されました。旧バージョンはBlueBorneの脅威に晒される恐れもあることからさっそくアップデートしておきました。

先にアップデートしたNexus 5Xは見た目にほとんど変化がありませんでしたが、Android 8.0(Oreo)を適用したNexus Playerはホーム画面からして大きく変化。

新デザインのホーム画面