タグ: Pavilion

HP Spectre x360 15-ch000がやってきた!【更新:不具合のため返品】

相対的な性能劣化による作業効率の低下が否めなくなってきた7年落ちのHP製モバイルワークステーション『HP EliteBook 8460w Mobile Workstation』の買替えに向けて1年近く咨咀逡巡していましたが、これ以上先延ばしにすると増税前の駆け込み需要が重なってしまい面倒なことになりそうなのでこのタイミングで踏ん切りつけることにしました。

8460wのディスプレイは色域・輝度・コントラストが低く、外部モニター無しに撮影画像の確認を行うことが困難だったので今回の端末選びにあたっては液晶パネルの品質を最重要視。加えてPhotoshopやCapture NX-Dなどの現像ソフトが快適に扱えて、開発にも耐えうるスペックを備えた15インチノート…という条件で候補を絞り込み。スペックは勿論、見た目にも拘って検討を重ねた末HPのプレミアムノート『HP Spectre x360 15-ch000』(2018年6月モデル)に決めました。

HP Spectre x360 15-ch000 (2018年6月モデル)

HPの個人向けPCの最上位に位置づけられた「Spectre」(スペクトル)シリーズは所有する歓びを訴求する”最高傑作”(マスターピース)として性能のみならず外見にまでこだわったプレミアムブランド。当然大人っぽいお値段なので少ない小遣いで飼い慣らされているわたしにとっては高嶺の花でしたが、昨年末に『HP Spectre x360 15-df0000』(2018年10月モデル)がリリースされ少しだけお買い得になっていたこともあり清水の舞台からダイブしました。

ノートPC選定中

不況の真っ只中とはいえ日進月歩のデジタル技術に取り残されまいとこの冬にパソコンの買い替えを検討している方も多いのではないでしょうか?ボーナス商戦に合わせてWindows 7搭載PCが続々リリースされていますし、海外メーカーやホワイトボックスブランドからはCPUにCore i7を搭載したものも出てきています。年が明ければUSB 3.0を採用した機種も続々登場することでしょう。PC に詳しい人間にとって新しい技術、特に新しい OS の登場直後は買い控えの時期にあたるのですが、5年間愛用してきたわたしのデスクトップ機が今にも壊れてしまいそうな状態なのでわたしも仕方なく買い替えを真剣に検討することになりました。

さて。今回の買い替えにあたっては先日書いた理由でノートPCを購入する予定です。ノートPCがデスクトップ機に比べて費用対効果や拡張性、絶対性能に劣るのは十分承知の上ですが致し方ありません。とはいえ、開発やデジイチの現像など幅広い用途に用いるだけにどうしても譲れない条件がありまして、それはIntelVT対応、Radeon 4500番台以上のGPU採用、11a/b/g/n対応の無線LAN、HDMI端子装備、といった点。ノートだとこれらは後から変更が効きませんから、購入時にBTOで選べるメーカー・機種であることが大前提になります。液晶やメモリー、ハードディスク、OSなども使用にあたっての希望はありますが、これらは後からいくらでも変更できるので後回し(というか、最初からここまで条件に入れたら選択肢が無くなってしまう)。これらを踏まえたうえで、大手メーカーの製品の中から気になったものをいくつかピックアップしてみました。

ThinkPad SL300 が到着

一昨年、嫁用に『HP Pavilion Notebook PC dv2605/CT』を購入しましたがBluetoothの実装不具合が判明しやむなく返品。その後は嫁もわたしのデスクトップを使っていたのですが、二人で一台はさすがに不便なのであらためて新端末の調達を検討していたのですが、先日なかなか良いマシンを見つけ注文しておいたものが本日到着しました。

090204_sl300

購入したのはレノボの『ThinkPad SL300』(2738CTO)。注文時レノボのウェブサイトには「納期までに約1ヶ月を要する」といった感じの記述があったので到着は月末頃かと思っていたのですが、実際には7営業日くらいでの到着となりました。同時に発注をかけた予備のバッテリーとACアダプタは未到着ですが、出荷済みの案内メールは先日届いているのでこれらも近いうちに届くことでしょう。

SL300は『Lenovo 3000』シリーズの後継にあたるエントリー向け13.3型ワイドノートPC。近々春モデルの発表があるからでしょうか、カスタマイズはあまり効かないもののCore 2 Duoを採用し、XPダウングレード付Windows Vista Businessを採用した構成が8万円台というお値打ちプライスでした。詳細スペックは次の通り。

日本HPの個人情報流出対象に該当してたらしい

2月29日に日本HPからキャンペーンの応募者など延べ約14万人の個人情報が流出したとの発表がありましたが、それに関してさきほどHPからメールが届きました。HP製品のプレゼント・キャンペーンにはマメに応募していたので覚悟はしてましたが、案の定わたしも流出対象に該当していたようです。

届いたメールの文面は次の通り。

Bluetoothの問題でHP dv2605/CTを返品【更新:HPが払戻しを実施中】

今月入手したばかりの『HP Pavilion Notebook PC dv2605/CT』ですが、購入時の記事に追記したBluetoothが使えない問題が本体交換後も改善されずメーカー側でも「原因究明と解決策の提示に時間がかかりそうだ」ということで無条件で返品返金して貰えることとなりました。来週にも引き取り予定でその後返金が行われる予定です。

今回Bluetoothの周辺機器を利用する必要がありこの問題に気づいたのですが、あまり大きな騒ぎになっていないところを見ると一部のロットだけで生じる問題なのかしらん…?

購入された方は一度ご確認頂いたほうが宜しいかもしれません。

『HP Pavilion Notebook PC dv2605/CT』を購入【更新:不具合で本体交換】

職場でPCを扱う機会が増えたという嫁の勉強用として9月にHPのコンシューマ向けノートPC『HP Pavilion Notebook PC dv2405/CT』をオーダーしていたのですが、納期未定でなかなか発送される気配がないので痺れを切らして確認してすると「既にdv2405の生産は終えており、バックオーダーの扱いはこれから協議」という話しだったので止む無くキャンセル。代わりに後継モデル『HP Pavilion Notebook PC dv2605/CT』を注文し直し、2か月がかりでようやく端末を手にすることが出来ました。

まぁ…色々と思うところはありますが、今回はそれほど急いでいる訳でもなかったですし、結果としてさほど変わらない値段で最新モデルにスライド出来たと思えば気も休まろうというもの。併せ買いでプリンタ『HP Photosmart C5175 All-in-One』も安く入手することが出来ましたしっ!!

それはそうと、HP Pavilionシリーズは現状実店舗で取り扱われておらずあまり情報も多くないのでこれから購入を考えている人のため簡単ですがファーストインプレッションを残しておくことにします。