Nikon D70を買いました

Nikon D70 デジタル一眼レフカメラレンズキット [AF-SDX ズームニッコールED18-70 F3.5~4.5G(IF)セットこれまで愛用してきた銀塩カメラ『Nikon U』の調子が悪くなり買い替えを検討していたのですが時代は今やデジタル…。画質に関してはまだまだ銀塩に分がありますがこの先デジタルカメラが主流になっていくのは間違いありませんし、フィルム代や現像代がかからないというコスト面でのメリットにも惹かれデジタル一眼レフへの乗り換えを決意。

思い立ったが吉日とばかりにさっそくUとキットレンズの『Nikon AF Zoom Nikkor 28-80mm F3.3-5.6G』を下取りに出し、今話題の『Nikon D70』とDXフォーマット専用レンズ『Nikon AF-S DX Zoom Nikkor ED 18-70mm F3.5-4.5G(IF)』がセットになった『Nikon D70 レンズキット』を購入してきました。

また、これにあわせてSanDisk製の1GBのコンパクトフラッシュ『SDCFB-1000-801』とマルミ光機からリリースされているレンズ保護フィルター『DHG レンズプロテクト(67mm)』も買い揃えたため一気に懐が寒くなりましたが、デジタルへの移行に伴う初期投資と思って奮発しました。


D70は様々な媒体のレビューで絶賛されているように質実剛健な作りと扱い易い操作系、10万円台という価格を感じさせない写りの良さが売り。これまでのデジタル一眼レフに見られた起動の遅さは解消され、AF性能や露出も十分高速で精度も高いので多くのプロカメラマンがサブ機としても使っているというのも頷ける近年稀に見るヒット作になっています。

そんな「良いと分かりきってる商品」だけに今回は安心して購入することが出来たのですが、デジタル化にあたり唯一心配していたのはバッテリーの持ち。スペックシートよりフル充電からの公称撮影可能枚数2,000枚とという数字は確認していたものの実際はもっと少ないのではないか?と疑っていたのですが杞憂に終わりました。購入後1日かけて撮りまくってみたですが電池の持ちは実用上まったく問題ありません。撮影の合間に液晶画面で画像を確認しながらであっても1,000枚以上は撮影できそうなので1,2泊程度の旅行なら予備電池を持参する必要もなさそうです。

APSサイズの素子を採用するD70はこれまで使ってきた銀塩カメラとは画角も違うので当面は戸惑うことも多いと思いますが、今のうちにしっかり慣れておこうと思います。

最後に。普段嫁が使っているコンパクトカメラは結婚祝いに友人から貰ったPanasonicの『LUMIX DMC-FX1』で一足先にデジタル化していましたのでこれでフィルムとは完全にお別れすることになります。これも時代の流れとはいえフィルムならではの柔らかな表現や現像上がりを待つワクワク感が無くなるのはちょっと残念な気もします。

    この記事へのコメント

    メールアドレスが公開されることはありません。

    頂戴したコメントは管理者に承認されるまで表示されません。