ATiC Google Nexus 9 専用ケース (2個目)

ATiC Google Nexus 9 ケース - Google Nexus 9 8.9 インチタブレット専用開閉式三つ折薄型スタンドケース。BLACKメーカー修理で無事復活を遂げた我が家の『Nexus 9』ですが、修理費用の見積中に「きっと修理代が高すぎるだろうから復旧は諦めざるを得ないだろう」との勝手な思い込みからそれまで利用していた保護ケース『ATiC Google Nexus 9 専用ケース』を処分してしまったので新たに同じものを買い直しました。

まぁ、うちのNexus 9は嫁がキッチン回りで使用することが多いせいかカバーはだいぶ汚れていたし、子供が無理に外そうとしてカメラ部の切り欠き周辺にヒビ割れも出来ていたので買い替え時期としてはちょうど良かったのかもしれません。

商品レビューは初回購入時に済ませているので省略しますが、その時に掲載した写真はサイズが小さくピントも合っていない感じなので新たに撮影。

お名前.comからGoogle Domainsにドメイン移管してみた

Googleによるドメイン登録事業(レジストラ)サービス「Google Domains」(グーグル・ドメイン)が日本でもようやく解禁となったので、さっそく当ブログのドメイン「buzzyvox.com」をお名前.comから移管してみました。

Google Domainsが日本でもサービス開始 - お名前.comからGoogle Domainsにドメイン移管してみた

Google Domainsに於けるドメインの維持費用(更新料)は年あたり1,400円とお名前.comに比べ少しばかり割高ですが、ネームサーバの性能や信頼性はかなり高いようなので、お名前.comに不満があるのなら使わない手はありません。

この先、お名前.comからGoogle Domainsに乗換えを図る方が増えると思われるので移管手続きの流れを簡単に説明しておくことにします。

お名前.comからGoogle Domainsへのドメイン移管手順

まずは自分のGoogleアカウントにログインした状態でGoogle Domainsにアクセスし、右上の「MANAGE MY DOMAINS」を選択。

マイ ドメイン画面 - お名前.comからGoogle Domainsにドメイン移管してみた

最初に表示される「マイドメイン」ページは英語表記になっていると思うので必要に応じて日本語に変更、サイドメニューより「Google に移管」を選択します。

メーカー修理でNexus 9が復活

先日画面がピンクに染まった状態でフリーズした後、電源が入らなくなっていた『Nexus 9』。

購入から2年近く経過しており保証期間はとうに過ぎていますが、未だ手放すには惜しい端末なのでHTCに修理を依頼。電話で申込む時にオペレーターの女性から「基板交換なら修理代は3万円以上になる」と言われ座して正式見積を待っていたのですが、結果は「電池パックコネクタの組み直しにて改善」したらしく修理費用は3,390円(+税)で済みました。ほっ。

Mediapad M3 Lite 10にオススメのケース

Mediapad M3 Lite 10 専用ケース TopACE 超薄型 スマートケース スタンド機能付き 高級PU レザーケース Huawei Mediapad M3 Lite 10 対応 (ブルー)先日我が家にやってきたHUAWEI(ファーウェイ)の10インチタブレット『MediaPad M3 Lite 10』ですが、本体が薄すぎるため使用中に手を滑らせて落下させかねないため『TopACE Mediapad M3 Lite 10 専用ケース』を購入しました。

フラップ(液晶カバー部)を折りたたむことでスタンドにもなるこの手のケースは端末保護と利便性を両立出来るので個人的に大変気に入っているのですが、商品により当たり外れが大きいのが難点。M3 Lite 10は国内リリースから日が浅いこともあり、これらのケースに関する情報も少ないようなので軽くレビューしておくことにします。

4色(ブラック、ブルー、レッド、ホワイト)のカラーバリエーションの中から今回選んだのは「ブルー」…といっても実際の色味はネイビー。いつもなら無難に黒を選ぶところですが、WiFiモデルのM3 Lite 10を外に持ち出す機会はなかろうと思い少しばかりカジュアルな色を選んでみました。

『YAPC::Fukuoka 2017 HAKATA』に参加してきた

Perlを中心としたITカンファレンス『YAPC::Fukuoka 2017 HAKATA』に参加してきました。

会場は博多駅近くのLINE福岡。わたしはLINEを使ったことがない(セキュリティ上の懸念から「LINE使用禁止」なんて現場も多いですし…)ので馴染みはありませんが、こんなマスコットがお出迎えしてくれるユニークなオフィス。

『YAPC::Fukuoka 2017 HAKATA』に参加してきた

トークセッションは直接Perlに絡んだ話しから、そうでもないものまでバラエティに富んだ内容で思わず聞き入ってしまうものばかり。仕事の都合で午後は途中で抜けざるを得ませんでしたが、出来れば最後まで聞いていたかったですね。

「VLC Media Player」を使って動画をMP4形式に変換

NASに保存されたまま何年も放置された動画ファイルが容量を無駄に喰っているのが気掛かりだったので、整理を図ることにしました。

サクッと視聴して削除…と行きたところですが、大半が「WMV」形式なためスマホやテレビで見ることが出来ずなにかと不便そうなので汎用性のある「MP4(H.264/AAC)」に一括変換。

動画の変換にはこれまで「Handbrake」を利用してきましたが、最近は「VLC Media Player」がお気に入り。動画再生ソフトとして知られる同ソフトですが、意外に使える変換機能を有しており最適なビットレートがよく分からない…といった場合にも画質の劣化とファイルサイズを最小限に抑えた自動設定を行ってくれるので大変便利です。

VLC media player - 「VLC Media Player」を使って動画をMP4形式に変換

ただ、GUIからの操作では複数ファイルの一括変換が出来ないようなので、下記のようなバッチファイルを作って対処。