FC4で遊んでみた

ここ数日、自宅に転がっていたノートPCにFedora Core 4(以下、FC4)を入れて知識の探求中。

FC4がこれまでのディストリビューションと異なるいくつもの項目の中で個人的に気になるのは、デフォルトの文字コードがUTF-8になった点。世界的に標準的文字コードとしてUTF-8採用の流れが広まる中、他のディストリビューションやWindowsなどの他OSでも、文字コードくらいは早くUTF-8で統一されてほしいものです。そうすれば、samba設定ファイルへの文字コード指定といった作業も不要になるんでしょうが。


以下、インストールの際にやったことを備忘録かねて記録。

※ホスト名の変更
インストールをデフォルトで突き進むとホスト名(コンピュータ名)が「localhost.localdomain」になっているので、希望のホスト名に変更。

# /etc/sysconfig/network
HOSTNAME=localhost.localdomain
   ↓
HOSTNAME=(希望のホスト名)

# vi /etc/hosts
127.0.0.1 localhost localhost.localdomain
   ↓
127.0.0.1 localhost localhost.localdomain (希望のホスト名)
(これをやっとかないと再起動時に怒られるようだ)

# hostname (希望のホスト名)

※USBメモリ等の認識、文字化け対策
Kernel 2.6xの採用により、FAT32フォーマットの一般的なUSB接続のメモリや外付けHDDは接続するだけで認識され、”/media/usbdisk”などとしてマウントされます。(NTFSフォーマットされたものは除く。)

ただし、初期状態のままでは日本語のファイル名が文字化けしてしまうので、
文字コードの違いを定義するFDIファイルを/etc/hal/fdi/policy配下に作成する。ここでは仮に「vfat.fdi」とするが、ファイル名に特に制限はない(と思う)。

# vi /etc/hal/fdi/policy/vfat.fdi
<deviceinfo version=”0.2″>
  <device>
    <match key=”block.is_volume” bool=”true”>
      <match key=”volume.fstype” string=”vfat”>
        <merge key=”volume.policy.mount_option.iocharset=utf8″ type=”bool”>true</merge>
      </match>
    </match>
  </device>
</deviceinfo>
(環境によってはvfatではなくfat32だったりするようです)

これを作成後、再起動。

※Telnetサーバーの設定
FC4のインストーラではデフォルトでTelnetサーバがインストールされなかったので、別途インストール。

# yum install telnet-server

次回再起動時の自動起動設定。
# /sbin/chkconfig telnet on

※Sambaサーバー
Windowsとファイル共有を行うためのSambaの設定。

Sambaの設定ファイルの[global]内に以下追加
# vi /etc/samba/smb.conf
dos charset = CP932 (追加)
unix charset = UTF-8 (追加)

Sambaサーバーの起動と、次回再起動時の自動起動設定。
# /etc/init.d/smb start
# /sbin/chkconfig smb on

てな感じ。

    この記事へのコメント

    メールアドレスが公開されることはありません。

    頂戴したコメントは管理者に承認されるまで表示されません。